25/24


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「遅い、遅すぎ」
「あー…すまん。でも今日は用事が出来たって連絡したろ。帰ってもよかったのに」


部屋で一人待たせちゃ悪いと、随分前にメールしといたんだが。


「そういうこと言う、フツー? 可愛い彼女が健気に待ってたんだから他に言いようがあるじゃん」


カバンを置き上着を脱いでいるところへ加奈子が絡んでくる。
ご立腹であるような口調の一方で、期待をちらつかせつつ。


「可愛いとか健気とか臆面もなく自分で言うかよ普通」


すこし意地悪をしたくなってかわしてみると、堪えかねた加奈子に捕まった。


「もう、まだるっこしい、ただいまの挨拶はー!?」
「わかった。わかったから。引っ張るな。倒れちまうっての」


改めてただいまを言い、抱き寄せる。
おかえり。待ってた。呟いて加奈子は俺の胸に顔を埋める。



こうなるとしばらく離してくれそうにないんで、自然と加奈子の髪を撫でたりして過ごす。


黙ってても間が持たなくなるなんてことはないが
今日はマジでいい時間になってるのが気にかかり、語りかけてみる


「本当に帰りが何時になるかわからなかったから、まさかずっと待ってるとは思わなかったよ」
「……またそゆコト言うし。アタシが好きで待ってたの、野暮言うなよなー」


続けてわからずや呼ばわりして、俺の背中に回された腕に力が込められた。


「そか。まぁ俺も照れくさくてあんな態度しちまったけど、白状すると結構嬉しかったぜ」


家族と住んでた自宅に帰るのと違って、一人暮らしのアパートにそれも夜遅く疲れて帰りついたとき。
明かりの灯された部屋に、俺を迎えるためだけに待ってくれてた加奈子を思う。
これが家庭の温かみってやつかと、年不相応にも染々実感されちまうのだった。



そういえばこいつ、飯は済ませてんのか?
ようやく思い至って訊ねてみると。
さすがに空腹には抗えなかったらしく「一人で食っちった、悪ぃ」とのこと。


「いやいやいや。謝るなって。むしろそこまで待たれたら俺立つ瀬なくなるっつの」


普段ならもっと早くに待ち合わせてダベるなりDVDで映画見るなりの後、
夕飯どうしようか…なんてやりとりをかわすのが常だったが


「さて。会ったばっかで名残惜しいが、そろっと家に帰る時間だろ。送ってく」
「え゛~」


ことさらに渋面を作る加奈子に、むず痒さを禁じ得ない。


「ウチけっこー放任だし、まだ大丈夫だって」
「そりゃ俺だって本意じゃないけどな。もう九時だ、観念しとけ」
「ぶーぶー」


またぶーぶー言ってやんの。お子様か。
都合のいい時だけ幼ぶってもアピールとして成立する、女子ってずりぃ。


「あんまり駄々こねるなよ、俺をケジメのない彼氏にしてくれるな」
「泊まってくか、とか言ってくんねーの?」


上目遣いががががが


ぐぅ…


「ダメだ。今日のとこはな。週末まで我慢するように」
「わかった。土日は空けとくんだぞ、約束な?」


こうして今週末も泊まりの予定が組まれるのだった。
うーむ、うまいこと誘導された気がしないでもない。



言葉少なに夜の通りを行く。
足の運びが次第にゆっくりになり、それでも歩みは止まらず
ほどなく来栖家に到着する。


「はぁ…もうついちゃったか」


門前で最後の別れを惜しむ俺達。
と言うとやや大袈裟だが、ここまで来たらあとは「じゃあな」と口にすればそれまでだから
逆にもうちょっとくらい喋っててもいいだろうって気安さも湧く。


「あ~あ。1日がもっと長かったらなー」
「お定まりだな。同感だ」
「48時間とか贅沢言わないからさ、せめて25時間になってくんねーかな~って」


割と謙虚なことを言う。


「なかなか魅力的な絵図だと思うが、実現は難しそうだ。社会の在り方がひっくり返っちまう」


規模的にサマータイムとはわけが違う


「京介、頭かてーよ。そんなマジな話じゃなくて……24時間で25時間過ごせるような感覚があったら、とかさ」
「それはそれで実生活が破綻しかねないぞ。単純に1時間得できるってだけじゃ済まないだろ」


我ながらくどい性分と自覚しちゃいるが、気が付くとついついツッコミをはさんでしまう。


「そうだけど。そーいうんじゃなくて、二人で一緒にいる時間が1日1時間だけ伸ばせたらなー、とか」


言わんとするところはわかる。わかりすぎるほどだ。
体感時間を任意で引き伸ばせたら、か。マンガなんかだとよく見るな。ただあれって


「寿命縮みそうじゃね?」
「かも」


有り得ないことを真面目に語ってしまい、同時に苦笑を漏らした。


「でもこれから先、京介と過ごす24日が25日に、24週が25週に、…24年が25年になるなら、
  そんなフツーじゃない感覚と寿命と引き換えにするのも悪くない気がする」
「は、ずいぶん大胆発言だな」


今一度、クスリと小さく笑いを交わす。


「じゃあ俺としちゃ『時間が経つのが早すぎる足りなすぎる』って、どんだけ思わせられるかで真価が問われるわけか」


その決意はしかしまたも加奈子の笑いを誘う結果に。


「なにそれ、おっかしーの」



潮時のようだ。
別れの挨拶に代えて、背伸びした加奈子にあわせて屈んで、いつもより気持ち長めにキスをする。
離れた唇から溢れる吐息が、一瞬ふわりと互いの間にとどまり、霧散した。


「オヤスミ、京介」
「おう。おやすみ」



<終>
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。