Rescue Cat(禁止カード) VS Gem-Knight L.L


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

306 : ◆36m41V4qpU [sage]:2012/03/11(日) 04:18:44.04 ID:uDge6EI/0
    

    ……………とかく女は男を変えたがるもの

    " Rescue Cat(禁止カード) VS Gem-Knight L.L."





    「あの女とは別れて頂戴」


    「へ?お、おまえ何を言って……ん……」

    黒猫、京介の胸に飛び込み抱擁する。


    「
    あの時は………私は躊躇して、あなたが答えを言おうとした時、
    言わせまいと愚かにも、『私は死ぬ』と言ったわ。
    消極的に……でも、もう耐えられない。私はやっと分かったのよ………。
    もう全て遅いかも知れない、もう手遅れかも知れない。
    とっくの昔に全ての事は決していて、何も変えられないかもしれない。

    それでも良い………あなたに捨てられて、拒絶されて、完全に見捨てられても良いわ。
    その時は地獄に堕ちて、煉獄の炎に焼かれて灰になるだけ。

    そんな事よりも、もう絶対に後悔はしたくない
    ……妥協、優柔、諦観、躊躇、 逡巡、尻込、未断、不断の現(うつつ)の
    常世でそんな思いに駆られるのならば、

    悠久の苦しみを味わった方がずっと良い。
    未来永劫、悲しみ続けた方がずっと気が晴れる。
    久遠の痛みに藻掻き、のたうち回り続ける事を望むわ。


    もう私は何も我慢しない……私の全てを使って、あなたの全てを奪う
    」

    「………………」
    京介、茫然として言葉が出てこない。



    「
    フフ………良いのよ。
    あなたが動けないなら、ずっと私があなたを羽交い締めにして、
    きつく抱きしめて離れないだけなのだから。

    あなたが声を出さないなら、
    その口を塞いで……あなたの言葉を永遠に奪うだけなのだから。
    」


    黒猫が接吻しようとした瞬間、何とかそれを押しとどめる京介

    「まぁ………おまえ……ちょっと………お、落ち着けよ?な?な?」


    「
    『落ち着け?』ですって?

    私は落ち着いてるわよ。おかしいのはあなたの方………ねえ京介?
    あなたは選ばなければならない。

    私と魂を一にして融け合うか?
  それともあの女を選んで私を、私の魂を殺すのか?
  あなたが選べるのは二つに一つ
    」


    「……………別れる事は、で、出来ない」

    「……………あら、そう?分かったわ……さようなら、京介」



    背を向けて走り出そうとする黒猫の手を思わず握りしめる京介

    「おい!…………あの死ぬとか言うのは?!」

    「
    もうあなたには関係のない事でしょう?
    私は全てを投げ出して、あなたを手に入れようとした。
    あなたは私を拒絶した………これ以外に、他に何の答えがあると言うのよ。

    私は全てを賭け、そしてその賭けに負けた。
    私が出来る事は、私の愛が、思いが、心が、私の中の京介が嘘じゃなかったと
    私の言葉が全て真実だったと証明する事だけ。
    その事すら許されないならば、私は本当に傀儡の人形になってしまう。

    あなたは自ら、私の魂に繋がる心の糸を切ったのよ。
    もう私はあなたの操り人形じゃないわ、もうあなたの言葉にも、
    あなたの何にも断じて影響されない。

    だからさようなら……京介、私の愛しい人
    」


    「だ、駄目だ、駄目だ、駄目だ……ダメだ、絶対にそんな事
    認めるわけにはいかねぇ!!!!!!」


    「離して頂戴」「………!」「だから離して!」「…………!!!!」

    「だから離してって言ってるでしょ!離せ!、離せ!、離せ!!!」


    「く、くろ………瑠璃!」 「?!」

    「瑠璃………話を聞いてくれ」

    「き、気安く名前を言わないで頂戴。もうあなたには関係ない人間の名前なのよ」


    「俺は黒猫じゃねぇ、瑠璃………おまえに(と)話をしているんだ」

    「い、良いわ………どうせ消えてなくなる身なのだから、最後に聞いてあげましょう」


    「瑠璃、好きだ!」 「ちょ、ちょっと………す、す……」


    「俺はおまえが好きだぜ」 「う、嘘、嘘………嘘つき……京介の嘘つき!」

    「嘘じゃねぇ…………俺は瑠璃が一番好きだ」

    「
    じゃぁな、何で………何で最初からそう言ってくれなかったの?

    わ、私……あなたが……京介が意地悪してるのかと思って…………
    」


    瑠璃号泣、京介……瑠璃を抱擁してほっぺにキス

    「た、足りないわ、全然…………京介は、やっぱりあの女の方が好きなのでしょう?」

    「いや、今はおまえの方が…………瑠璃の方が全然好きだぜ?」



    「い、今は?裏切り者………やっぱりあなたを先に殺してから私も死ぬわ……
    京介の裏切り……うら………ぎり………もの」

    再び抱擁して、今度は口に接吻


    「これで納得したか?」

    「か、勘違いしないで頂戴、これで認めたわけじゃ……納得なんて全くしたわけじゃ」


    「瑠璃、瑠璃、瑠璃♪」

    京介、子供の様に瑠璃に顔をすりつける


    「京介、京介、京介……ァ…………ン…きょう……す……け……ン…」

    瑠璃、同上 & 胸をクンカクンカ & 同上 & クンカクンカ……






    「日向お姉さん、瑠璃お姉様は京介さんと何をやっているのでしょう?」


    「あ、あれはね………黒猫と瑠璃姉のどっち好きかって言うバカップルの……(略)」








    
  おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。