無題:2スレ目825


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

824 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/01(水) 23:19:00.12 ID:KsRycRTT0 [13/19]
>>804からの派生だよ。書けたから投下していくよ
すごく短いけど許してね

825 名前: ◆5yGS6snSLSFg [] 投稿日:2010/12/01(水) 23:21:54.95 ID:KsRycRTT0 [14/19]
京介「あれ?桐乃はどうした?」

黒猫「あぁ、あの子は部屋に引きこもってるわ。よほど恥ずかしいのね」

沙織「まあまあ黒猫氏、きりりん氏はあれでも勇気を振り絞ったのですよ」

京介「なんのことだ?」

黒猫「……ところであなたが持っているそれは何かしら?」

京介「あぁ、これか?これは帰ってくる途中に麻奈実とあやせから貰ったんだ」

黒猫「………」

京介「どうした黒猫?渋い顔して」

黒猫「…なんでもないわ」

沙織「はっはっは!京介氏は意外にもおもてになるのですなぁ!」

京介「い、いやぁそんなことねえよ。っていうか意外にってなんだ」

悪かったな地味面で。


828 名前: ◆5yGS6snSLSFg [] 投稿日:2010/12/01(水) 23:25:56.87 ID:KsRycRTT0 [15/19]
沙織「いやいや、謙遜など必要ないですぞ?ここにいる黒猫氏だって京介氏を狙って…」

黒猫「さ、沙織!あなた何を!?」

京介「?」

黒猫「な、ななな、なんでもないの。沙織、それ以上言うと呪うわよ」

沙織「ははは、ほんの冗談でござるよ」

京介「?…まぁ、いいや。せっかく来てくれたんだ、茶でも出すから飲んでってくれよ」

黒猫「そう?ならありがたく頂戴するわ」

沙織「いいのですか?」

京介「おう、気にするな」

沙織「ではお言葉に甘えて。では、拙者はきりりん氏を呼んでくるでござる」

黒猫「私も行くわ」

そう言って、二人は二階へと上がっていく。
呼びに行くだけなら一人で十分だろうに。

しばらくすると沙織達が桐乃を連れて戻ってきた。


830 名前: ◆5yGS6snSLSFg [] 投稿日:2010/12/01(水) 23:30:55.17 ID:KsRycRTT0 [16/19]
京介「えらく時間がかかったな」

沙織「申し訳ありませぬ。少々説得に時間を要しまして」

京介「説得?」

俺が不思議に思っていると黒猫が桐乃に何かを催促する。

黒猫「ほら、さっさとなさいな」

桐乃「……」

おずおずと前に出てきた桐乃は何か袋を持っていた。
ここまでくればいくら鈍い俺でもわかる。こいつが…?俺に?

桐乃「……いつも…ありがと。感謝してるから…その…上手にはできなかったけど……これっ!」

恥ずかしがりながらも手に持った袋を差し出してくる桐乃。

京介「桐乃…………ありがとな」

桐乃につられて俺まで顔が赤くなってしまう。
別に桐乃が妙にかわいかったせいじゃないよ?


831 名前: ◆5yGS6snSLSFg [] 投稿日:2010/12/01(水) 23:35:13.47 ID:KsRycRTT0 [17/19]
京介「さ、さて…お茶も入ったし…せっかく貰ったんだから、今開けていいか?」

黒猫「…好きになさい」

沙織「構いませんぞ。是非開けてくだされ」

桐乃「……」

順に袋を開けていく。
麻奈実は和菓子
あやせは生チョコ
黒猫は猫の形をしたチョコ。
沙織は…眼鏡?
桐乃は…うん、大事なのは味だよ?

京介「まず、ひとつ聞いていいかな、沙織?」

沙織「はい、なんなりと。」

京介「これはどういう意味なんだ?」

沙織「あぁ、それはきりりん氏に京介氏は眼鏡フェチだと教わったものですから。喜んでいただけましたかな?」

…もはや俺にプライバシーは存在しないのか。

832 名前: ◆5yGS6snSLSFg [] 投稿日:2010/12/01(水) 23:38:04.37 ID:KsRycRTT0 [18/19]
黒猫「…ところであなた、どれから食べるつもり?」

京介「えっ?」

沙織「それは拙者も気になるでござる。ここで一番最初に選ばれるということは、それすなわち京介氏の気持ちが一番その方に向いているということ」

桐乃「!!」

京介「い、いやいや!そんな無茶苦茶な!?」

黒猫「当然私のチョコよね、兄さん?」

沙織「いやいや、ここは京介氏の性癖的にストライクの眼鏡チョコが!」

桐乃「あんた、あたしのチョコが食べられないっての?」

京介「か、勘弁してくれ!」

結局、俺は全てのチョコを同時にかじるという荒業によってこの窮地を切り抜けた。
切り抜けたのだが……




京介「…………やばい。超腹痛い。毒でも盛られたのか?」



おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。