無題:12スレ目771


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

771 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/24(日) 23:37:38.91 ID:9noqXG+DO
深夜3時、草木も眠る丑三つ時―

五更家の廊下をふらふらとさまよう白い影がひとつ―

幽霊だと思った?ざんねん、珠希でした。

珠希はふらふらと、ねぼけ眼でおトイレに行ったはいいけれど・・
これこれたまちゃん、そっちは違うよ、そこは瑠璃姉さまのお部屋だよ。

「んー・・。」ごそごそ
「ん・・む・・。」
「むふー・・♪」

あらあら。たまちゃんはごく自然に姉さまの寝床へ潜り込んでしまいました。

無理もありません。年少さんくらいまでは、
ずっとこうして姉さまに添い寝してもらっていたのですから。

姉さまもそのときの事を夢うつつに思い出したのでしょうか、
「・・たま・・・き・・・」きゅっ

姉さまの両手はたまちゃんを優しく包み込んでいました。

「えへへ・・♪」

まだまだたまちゃん実は甘えたい年頃なのでしょう。


その頃、やはり廊下をふらつく、小鬼のような影が・・。日向でした。

日向もやっぱりねぼけ眼。
なぜか迷わずルリ姉の部屋へ。

「・・・・。」

お姉ちゃんに抱かれてすやすや眠るちいさな先客が。

「んー、たまき・・・・ずるいよ」

半分以上無意識にもぞもぞと侵入しようとする日向。
仕方ないのかなんなのか、愛しい姉の背中から潜り込もうとします。

「・・・・えへへー・・・・」

少し狭い布団ながら、なんとか姉妹三人、変則的に川の字になり、
三匹のねこはすやすやと眠りについたのでありました・・・・。



・・そのはずでした。

772 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/24(日) 23:40:18.99 ID:9noqXG+DO

致命的なミスは、日向が絶望的に寝相が悪いということだったのです。

げしっ。
姉の背中に蹴りを入れ、
「んー、・・」

ぐにっ。
姉のほっぺをつかんでは
「ぐっ、うー・・」

べちっ
姉の顔面にいい感じで回し蹴りをいれては
「むぐぅ・・」
「くらえーブラックジャキガー・・・・」
どうやら日向、夢の中ではお気に入りのバトルアニメの悪役と戦っている模様。
ブラックジャキガーがどんなかって?
うん、それルリ姉様に似てるかもってうっかり言ったら、
その日のおかずがちっさなイワシ一本になったくらい、そんな感じ。

ルリ姉は起きはしないものの、反撃に出ます。
ごすっ。
まずはヒジが落ちます
「・・・・へっぐ!」
「・・・このクイーンに・・・使い魔風情が・・・・逆ら・・・・」
夢の中でもルリ姉はルリ姉でした。

「・・・ふっ・・・灰燼に・・・・なりなさ~ぃ・・・・」
ルリ姉はどうやら何か魔翌力攻撃をしているようですね。
結局はただの掌底が飛びます。
げしっ!
「・・けー・・おー・・」


いっぽう、反対側の手にだっこされたままのたまちゃんは
「・・・・ごろごろ・・なー・・」
夢ではねこさんになっていたようです。


~~~~朝~~~~


・・・・あぁ、ひどい寝起きね・・・・
うん、珠希が布団にもぐりこんでいるのは良くあることよ。

しかし日向までこの部屋で、
ありえない角度で寝転がっているのはどういうことかしら?

・・なんだか、おぼろげに、
子猫を抱きながら安っぽいザコキャラと
戦っていた夢を見た気がするのだけれど・・

それより、この子達の朝食を用意してやらなければ、ね。


~~~~で~~~~


「おはようございます、姉さま」
台所で朝食を作っていると、珠希が起きてきた。
この子は寝起きもすっきりしている。朝からちゃんとはきはきと挨拶もできているわ。

「おはよう、珠希。そろそろ日向も起こしてあげなさい。」
「日向おねえちゃんはもう起きてますよー、だいたい。」

その後ろからのそのそと日向が出てきた。

日向のほうは寝起きがひどく悪い、これは私に似たのかしら。
みるからにまだ半分以上眠っているようね。

「う゛ー・・あ、おはよう珠希・・
あ"、ブラックジャキガーだー・・」

私を指さして妙なことを口走ったこの瞬間、日向の朝食は急遽
ニンジンたっぷりのサラダとピーマン炒めに変更されることが決定した。


~おわり~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。