ぺドと言われて泣いたから:13スレ目141


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ふう、まだ寒いな・・・」

何度目かの家庭教師を終え帰路につこうとしたその時、

「おにぃちゃん」

掛けられた声に振り向くと、五更珠希――――日向の妹が玄関からちょこんと顔を出していた。

「ん?どうしたの珠希ちゃん?」

俺がそう声を掛けると、珠希はててててっと俺のすぐ傍まで走ってきた。
相変わらず可愛らしい擬音の似合う娘だな。

「あのですね・・・」
「うん、なに?」
「どうしておねぇちゃんとちぎりをむすんでいたのですか?」
「・・・ごめん珠希ちゃん。ちょっとお兄ちゃんにもわかるように言ってくれるかな?」

俺は視線を合わせるようにしゃがみこむと、意味不明の単語に疑問符を浮かべる。
契り?結ぶ?
以前黒猫と付き合ってる時に聞いた言葉だが・・・ん?いや、いやいやちょっと待てよ!?
あれは確か初めて黒猫の家にきて、日向と珠希に会って・・・そんで・・・ああっ!!

「ちょちょっと待った珠希ちゃん!」
「えーと・・・どうしておねぇちゃんと、ちゅーしていたのですか?」

やっぱりだーっ!

「み、みてたの?」
「はい」

にっこりと笑いながら無邪気に答える珠希。
      • そういや俺の家庭教師中、この子どこに居たんだ?

「珠希ちゃん?」
「はい?」
「お兄ちゃんと日向ちゃんがお勉強してる時、珠希ちゃんはどこに居たのかな?」
「おねぇちゃんに言われておへやにいました。おねぇちゃんが『こうさかくんはあそびにきてるわけじゃないんだから、たまちゃんはおへやから出ちゃだめだよ?』ていいました」

あーいーつー!
追い出し方がまるっきり黒猫とおんなじじゃねーか!!
それで失敗した姉の姿をお前は知ってるだろう張本人!

「でもやっぱりおにぃちゃんにあそんでもらいたくて、え本をもっておへやをでてしまいました」

悪いことをしたんだと思ってるのだろうか、珠希は少ししゅんとしているようだった。
まったく。

「ごめんな珠希ちゃん。これからは一緒に居ていいからね?」
「・・・いいですか?おねぇちゃんおこりませんか?」
「怒るわけないだろ?今まで日向ちゃんが怒ってるとこ見たことあるか?」
「・・・ないです」

だよな。
日向はなんだかんだで珠希には大甘だからな。

「だったら平気だ。なんなら俺から日向ちゃんに言っておいてやる」
「ほんとですか!?」
「ああ」

笑いながら頭をなでてやると、パアッと顔を明るくして珠希が抱きついてきた。

「うれしいですー」
「はは、これからよろしくな」

しかし本当にうちの妹とは別もんだな・・・。
なんか悲しくなってきた。
「それでおにぃちゃん?」
「ん?なんだ?」
「どうしておねぇちゃんとちゅーしてたんですか?」

忘れてたーっ!!
今それ聞かれてたんだよ俺っ!

「あー・・えーっと・・・」

なんて言う!?考えろ俺っ!!

「えーっと・・・こ、これからも仲良くしようねっていう意味でしてたんだよ?」
「?」
「ほら今、俺は日向ちゃんに勉強教えてるだろ?だから喧嘩しちゃったらできないだろ?だから仲良くしようねって意味でしてたんだぞ」

どうだこの言い訳!
一瞬で考えたとは思えないだろ!?
伊達に理不尽な妹や電波の元彼女、ちょっとヤンでる中学生に鍛えられてないっての!
      • ろくな奴いねーな俺の周り・・・。

「へええ」
「わ、わかってもらえたかな?」
「はい!」

珠希はぐっと拳を上に突き出して全身で肯定を表した。
はは。ホントに可愛いなこいつは。

「じゃあわたしにもちゅーしてくださいおにぃちゃん」
「なんでそうなる!?」

えーっ!?なに言っちゃってんのこの子!?

「ど、どうしてかな珠希ちゃん?」
「わたしもおにぃちゃんとなかよくしたいです」

ニコッと珠希が笑って言った。
あーそっかそっかそーきたかー。
なるほどな―そりゃそうなるか―・・・って俺のバカー!!

「えーとえーと・・・」
「・・・なかよくするのいやですか?」

泣きそうな顔やめてっ!
      • あーもう。
これ一回だけ・・・これ一回だけ・・・。

「・・・おねぇちゃんには内緒にできる?」
「?ないしょなんですか?」
「そう。できる?」
「んーと・・・はい!ないしょにできます!」
「よし。じゃ・・・目瞑って・・・」
「はい!」

ん、と素直に目を瞑る珠希。
      • こうして見るとやっぱ似てんだよなこの三姉妹。
やっぱ可愛い・・・って、さすがに珠希はヤベーだろ!?
いかんいかん・・・変な気持になる前に・・・。

ちゅ。

「・・・はい。もう目、開けてもいいよ」
「はい・・・えへへ」

少し照れくさそうに笑う珠希はギュッと俺に抱きついてきた。

「えへへ、おにぃちゃんだい好きです」
「はいはい、俺も大好きだよ」
「・・・なにをしているのかしら?」

後方からの声に、ポンポンと珠希の頭を叩いていた手が一瞬で硬直する。
ちょ、ま、このタイミングで・・・?

「あ、姉さま」

黒猫登場かよ!?

「よ、ようおかえり・・・」

俺はギギギッと油の切れた人形のような動きで首を後ろに向けた。

「ええ、ただいま。で?もう一度聞くわ。なにをしていたのかしら?」
「た、珠希ちゃんとスキンシップ?」
「・・・アパートの廊下で?」
「か、帰ろうとしたら、珠希ちゃんが出てきちゃって・・・」
「へえ・・・そうなの珠希?」
「はい!」
「・・・嘘じゃないわね?」
「はい!姉さま」

黒猫の言葉に元気よく返事する珠希。

「ふぅん、そ」

珠希の言葉に、不承不承といった体で納得する黒猫。
やっべー!
間一髪だったよ今俺!
見られてたら完全にアウトだったよ!!
ありがとう珠希!

「おにぃちゃんにチューしてもらいました!」
「うおおおい!言っちゃうのかよ!?」

さっきお兄ちゃんと約束しただろ!?

「?・・・おねぇちゃんには言ってませんよ?」

頭にはてなを乗っけたまま珠希は、間違ってないよね?てな風情で聞いてきた。
あーそっかー、そうだよねー。
おねぇちゃんは日向であって、黒猫は姉さまだもんねー。
そっかそっかーあははは。

「・・・先輩?」
「はいぃ!!」
「・・・ちょっと・・・お話をしようかしら?」

やばい。
これ俺死んだね。
だって黒猫の目に・・・光彩がねーもん

「珠希は先に帰っていてちょうだい」
「はい姉さま」

ててててっと、出てきたときと同じように走り去ると、玄関に入る直前俺を振り返って珠希はこう言った。

「またですおにぃちゃん」

ほわんとした笑顔で手を振ると、パタンと扉を閉めた。
ふるふると手を振り返しながら、俺は心で呟いた。
珠希ちゃんごめん・・・。

「・・・さ、先輩?行きましょうか・・・?」

次は・・・ないかもしれん。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。