小ネタ:13スレ目156


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「だからね、ご近所でも噂されてるのよ」
「だからそれは誤解だって言ったじゃん」

自由登校になった2月末。
あたしと京介はリビングでお母さんと向き合っていた。

「そうなんだけどさー、お母さん心配で」

そう言ってお母さんは困ったような顔で頬に手を当てる。
心配してくれるのは嬉しいけど、見当違いも甚だしいといい加減うんざりしてくる。

「あたしが京介とどうこうなんてあるわけないでしょ?」
「あんたはそーはゆーけどねー・・・」

お母さんはちらりと、京介を見ると、また一つ大きなため息をついた。

「もー、その為にこいつが一ヶ月一人暮らししたんじゃない」

そう、あれは10月初めのころ。
とある件で、お母さんにあたしと京介がただならぬ関係(キモッ!)ではないかと疑われたことがあった。
当然全くの誤解なので必死に弁解したんだけど、結果は芳しくなく、京介が一か月一人暮らしをする羽目になった。
      • 正直ウザい奴が消えてくれてあたしは大喜びだった。
その上、京介の部屋を自由に使っていいわけだから二重に万々歳だ。
      • ま、結局一か月後には帰ってきちゃったんだけどね。
でもま、そんなわけで。

「あれでチャラになったんじゃん」
「それはそうなんだけど・・・京介?あんたはどうなの?」

お母さんはまたため息をつくと、今度は京介に矛先を向けた。
むー・・・お母さんちょっとしつこくない?

「い、いやだから誤解だって言っただろ?」

どもんなバカ!
変に勘ぐられたらどーすんの!?

「こんなプリクラまで撮っておいて?」

お母さんはピッ!と指先に貼ったプリクラを見せてきた。
あ、そーだった!!

「だからそれは、桐乃への嫌がらせだったって・・・いてっ!つねんなよ桐乃!」
「うっさい!思い出したらムカムカしてきた!そーよ!あんたがあんなもん貼るからこんな事になったんじゃないっ!!」

こいつがこんなもん貼るから、あたしは京介と一か月も離れて・・・って違うっ!!

「い、いやだから悪かったって・・・」
「ふんっ!」

そんなもん謝罪になるかバカッ!
      • 顔が熱いのは部屋が暑いせい!あーもーエアコンきき過ぎっ!!

「・・・まーねー、お父さんもこの件をこれ以上追及するなって言うんだけどねー・・・」
「ならもういいじゃん。ホントお母さんは心配性なんだから」

あたしが笑うと、お母さんもどうにか納得したのか、小さく息をついて笑顔を浮かべた。

「ふう、まあいいわ。あんたがそう言うんなら信じてあげる」
「ありがとうお母さん」
「す、すまねーなお袋」

誤解が解けてなによりなにより。
ま、本当に何もないんだから当然ちゃ当然なんだけどねー。

「はいはい。まあ、とりあえず・・・桐乃?」
「ん?」
「京介の膝から降りなさい」
「え?やだ」

あれ?なんで二人してため息ついてんの?


END
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。