◆H6MPnX7dHA


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆H6MPnX7dHA氏の投下物




シナリオ進行案の提示。
台詞、描写、展開は適宜肉付けを行う。
素材製作補助を目的とする。
プロットを砕き、演出を追加した、「脚本」に相当する。



+【シーン1 ヒロインとの回想】



NO. シーン 背景 BGM 立ち絵左 立ち絵中 立ち絵右 表示名 テキスト(字下げなし・ルビなし) シーン演出 SE演出 備考
1 シーン1 ヒロインとの回想 ドラクエっぽい設定入力画面 無音 ??? あっ、すごい、文字が出た!
2 ??? ね、ね、このあとどうするの? あ、名前だって、名前!
3 『あなたの なまえ を にゅうりょく してください』 1文字表示につき、文字送り音発生。このシーンの文字送り演出につき、以下同じ。 文字送り音
4 プレイヤーによる名前入力。ひらがな、カタカナのみ。 以下本シーンの名前を2バイト文字の' _PN 'で表示。システムで置き換え。
5 ??? __PN……えー、なんで『いろな』じゃないのよう!
6 _PN だってそれ、いろなちゃんの名前じゃないかあ
7 _PN ゆうしゃは_PNだよう
8 古の2ドット一画面街マップっぽい感じ 古のFC音源・OP ロリ色菜(大) いろな しょーがないなー_PNは……。
あれ、これ誰かなあ
9 _PN おおさま……じゃないよね。
女の人?
10 透過 ルーシー(小)  るーしー 文字送り音
『わらわは みらいをよげんする うらないし るーしー
 そなたが ゆうしゃ _PN であるな?
 よくぞ せかいをすくうと けついした!』
11 『かみがみから そなたへの おくりものを さずけよう!』 文字送り音
12 画面フラッシュ 呪文音
13 『このしょうじょは きおくを うしなっておる 文字送り音
 しかし かならずや そなたをささえる そんざいとなろう!』
14 『しょうじょの なまえを にゅうりょく してください』 文字送り音
15 ロリ色菜不機嫌(大) 透過 いろな あんまり可愛くないなあ……こんなのが_PNの仲間になるの?
16 _PN きっとヒロインなんだよ。
格好からすると、ソーサラーかなあ
17 _PN もしかしたら、どこかの国のお姫様なのかな
名前は、と……
18 透過 『 い 文字送り音
19   ろ 文字送り音
20   な』 文字送り音
21 ロリ色菜(大) 消去 いろな 私の、名前……
22 _PN あ、ごめん、いやだったかなあ
23 ロリ色菜頬染め(大) いろな う、ううん!
そんなことない!
24 いろな そんなことないに決まってるじゃない……エヘヘ
25 _PN どうしたの?
顔が赤いけど……
26 いろな なんでも、ないわよ。
……なーんでも!
27 _PN ふうん?
28 いろな ね、ね、これ、二人で遊べるみたい!
私が『いろな』をやるね!
29 _PN うん!
二人で、大冒険にしようね!
30 フェードアウト
31 全消去



+【シーン2 学校で、ヒロインとの会話】


32 シーン2 学校で、ヒロインとの会話 休み時間の教室 学校 授業終了のチャイムとともに、目が覚めた。 コミカルな日常
33 どんな……夢だったかな。
たしか……。
34 『あなたの名前を入力してくだい』 プレイヤーによる名前入力。現実パートで表示。 以下主人公の名前を' *PN 'で表示
35 そうだ、思い出してきた。
36 新しいゲームを買って、色菜を家に呼んだんだ。
37 色菜はあのころから可愛くて、俺は本当に色菜のことが好きで……。
38 でも色菜は、俺のことなんて、どうでもいいと思ってるに違いない。
39 眠い目をこするふりをして、隣の席を覗いた。
40 色菜(小)
41 色菜は今日も、美しかった。
42 健康的な肌。
43 黒く、感情を伺わせない瞳。
44 流れるような黒髪の美少女。
45 たわわに、はりさけそうなほど主張する胸。
46 御隅色菜。
17歳。
47 初恋の少女。
48 口数が少ないためか、感情表現に乏しいと思われているようだ。
クールに見えるためだろうか
密かに行われている『恋人にしたいランキング』二年連続首位を獲得したばかりだ。
49 幼なじみで、ただでさえ席も隣の俺は、全校生徒の過半数から、命を狙われているのだ。
50 消去 色菜(大)
51 色菜 おい、*PN
51 *PN な、なんだよ
52 色菜 いやなに、ちょっとな
色菜に突然話しかけられた時の衝撃は、経験者でないとわからないだろう。
52 教室がどす黒い殺気に包まれたのを感じた。
53 クラス中の視線が、俺に突き刺さる。
54 ぐ、やばい。
怨念に満ちたうめき声が、そこかしこから聞こえてくる。
だが色菜と話せるのなら、これくらいどうと言うことはないっ!
55 ??? 『また*PNかよ……』
『そんな屑に話しかけないでくださいお姉様……』
『あいつ死なないかな……』
56 *PN やめろよお前ら!?
57 周囲を見回すが、みな視線を逸らす。
ぼそぼそとした話し声だけに、妙にリアルで恐ろしい。
くそう、負けない、負けてたまるかっ!
58 色菜 どうしたんだ、いきなり怒鳴り声をあげて
59 *PN いや、なんでもない……。
60 いやあ、良い天気だなー
61 色菜には周囲のざわめきが耳に入っていないに違いない。
ごまかすように、外を眺める
62 色菜 そうだな、日もささず今にも雨の降りそうな黒雲だ。
ニュースでは大嵐が来ると言っていた。
良い天気だ
63 それは良い天気とは言わないからな! ……とは、言わない。
言うタイミングがつかめない。
64 色菜 そうだ*PN、傘は持ってきたか?
65 *PN あー、特に用意してないが……
66 色菜 そうか? なら……
67 ぐあっ!? 画面シェイク
68 頭に鈍い衝撃が走る。
クラスメイトの誰かが、思い切り投げたに違いない。
細長く柔らかい棒状の……雨具のシルエットをしている。
69 *PN あー……やっぱ持ってる
70 色菜 ………………。
………………。
………………そうか
71 *PN 気を遣わせたな、悪い
72 『なんで頭を狙った!?』
『ダメージがでかいのは頭に決まってるだろう』
『目に刺せって言ってるんだよ!』
73 *PN 死ぬよ!?
俺いつか死ぬからね!?
74 俺が見回すと、皆一様に口を閉ざす。
お前らマネキンか!?
75 色菜が絡まなければ、気のいいやつらばっかりなのに……!
76 色菜上機嫌(大) 色菜 うん、いつもどおり変なやつだ。
実はいままでずっと忘れていたのだが、夕べふと思い出した
77 カバンから取り出した紙袋を、俺に向かって差し出す。
78 これは
まさか
ひょっとして!?
79 ??? 『おい……今日エイプリルフールだっけ?』
『*PNの命日だ、今確定した』
『死ねばいいのに』
80 ぐあああああ!
本気でやばい。
けど、思い出した。今日が何の日か。
81 中学に入ってからは疎遠になっていた、色菜。
日に日に大人びてゆく彼女に、俺は声も掛けられず、距離だけが離れた。
そんな俺の、ささやかな夢。
82 クリスマスに。
バレンタインに。
修学旅行に。
83 いや、特別な日じゃなくていい。
色菜と、デートが出来たなら。
84 ゲーオタの身分不相応な、でも、俺の、ささやかな夢。
85 色菜は、『思い出した』と言った。
つまり、俺と色菜の、共通の思い出だろう。
86 一緒に遊んだこと。
手をつないで出かけたこと。
笑いながら、パーティーをしたこと。
87 そうだ。
88 今日は。
89 俺の。
90 誕生日なのだ--!
91 *PN 覚えてて……くれたん、だな……
92 色菜 昨日までは忘れていたがな
93 *PN いや、思い出してくれただけで、俺は幸せだ--!
94 色菜頬染め(大) 色菜 そうか?
そんなに大切に思っていたんだな。
いままで気付かずにすまなかった
95 *PN そんな、そんなことない!
言い出せなかった俺が悪かったんだ!
96 *PN な、なあ、今日、一緒に……!
97 ??? 『させるかああああああああああ!!』 画面シェイク
98 *PN ちいっ!?
99 クラスメイトが人垣となって襲いかかる!
色菜と俺の恋路を邪魔する積もり……と見せかけて、狙いはこのプレゼントに違いない!
100 *PN わ、渡すもんかああああ!
101 ??? 『くそっ! おい、出口をふさげ!』
『フォーメーションΣだ! この日のためにした辛い訓練を思い出すんだ!』
102 ??? 『3班は左翼! 4班は外から回りこみなさい! 早く!』
『でもここは4階だぜ?』
『この間のルビコン廊下の死闘を忘れたの!? あいつ3階から飛び降りたのよ!?』
103 ??? 『あいつを生かしていては俺の青春が始まらないんだ!』
『殺せ! 殺せ! 殺せ!!!』
『『『我が麗しき青春のために!』』』
104 *PN 1つ言っておくが、お前らの青春は間違っているからな!?
105 *PN 色菜、ありがとう!
このお返し、楽しみにしとけよ!
106 色菜(大) 色菜 お返しって……
107 *PN しまった、退路がっ! ……しかたない、これだけは使いたくなかったが……!
じゃ、またな! 画面シェイク 落下音
108 ??? 『消えた!?』
『……見て! 床に穴が空いてる!』
『あいつ忍者か何かの末裔かよ!?』
109 ??? 『追え! 逃がすな! 4班はまだ着かんのか!』
『定期巡回中の遊撃班を向かわせるには……だめ! 距離が離れ……』
『1、2班は東門、3班は裏門! 無傷での帰宅は我々の完全敗北と知れ……!』
110 ??? 『………………』
『…………』
『……』
111 フェードアウト
112 全消去


+【シーン3 絶望】
113 シーン3 絶望 繁華街 学校
114 まいた……かな?
115 まさか、こんなに早くあの経路を潰すことになるとは……明日からどうするか
116 あいつら日に日に殺人スキルが上達してくからなあ……このままだと、あと2週間くらいしか逃げ延びることが出来ないんじゃないだろうか。
117 いや、まてよ。
118 あいつらが俺を襲うのは、色菜を俺に取られると思っているからだ。
けれども、色菜は俺の告白を受け入れてくれた。
119 ……だったら、もう襲われる心配はないんじゃないか?
ちょっとシミュレーションしてみよう。
120 『俺、色菜と付き合うことになったんだ!』
色菜『*PN……すき』(ぴとっ)
『おい、やめろよ色菜、みんなが見てるじゃないか』
121 『あの、羨望に満ちたまなざし……
 あれは……
 殺 戮 者 の 目 だ ……!』 文字送り低速
122 ……だめだ。
どう考えても殺される。
いままでの比じゃない。
123 でも。
俺は、自然に笑みがこぼれた。
124 *PN さっきの夢は、この暗示だったんだな……
125 しみじみと、つぶやく。
126 夢の中で。
幼いころの俺達は、無邪気に遊んでいた。
127 誕生日に無理を言って買って貰った、RPGゲーム。
二人でプレイ出来ると言うのが、魅力的だった。
128 大好きな色菜と、大冒険が出来るんだぜ?
129 *PN そういや、カセットに相合い傘を書いたよな……。
今思い出すと、恥ずかしいことしたもんだ
130 毎日のように、二人でプレイしようと思った。
131 *PN でも。
132 色菜は、すぐに転校した。
『いろな』が魔王にさらわれて、助け出そうとしたところだったのに。
もうすぐで、『いろな』を助け出せるところだったけれど。
133 俺は、あのゲームを色菜に渡して。
134 *PN いつかまた、二人で遊ぼうね、って……。
約束したんだ……。
なんで、忘れていたんだろう
135 そうか、あれから、だな。
好きだったゲームに、より打ち込むようになったのは。
136 色菜に、すごい、って、言われたくて。
色菜と、ゲームで遊びたくて。
137 中学入学と同時に、色菜はこの街に戻ってきた。
138 色菜はずいぶんと口数が少なくなっていた。
感情表現も、昔ほど多彩では無くなった。
139 でも、とても綺麗になっていた。
140 ゲームしか取り柄のない俺は、話しかける事すら出来ずに時は過ぎて。
141 忘れることの出来ない初恋を、胸に抱いたままで。
切ない想いに、身を焦がし続けて。
142 *PN それも、今日までの話……!
143 *PN ふふ……色菜のやつ、教室の中で告白してくるなんて、大胆じゃあないか……
144 そういえば、逃げるのに夢中で、プレゼントが何か確認も出来なかった。
145 *PN なんだろう。
あまり大きくないな……箱が入ってるのか?
146 *PN ハンカチ……いや、告白にハンカチはないだろ。
あ、チョコレートかな?
147 *PN 抜けたところがあるし、誕生日とバレンタインデーを勘違いしていても、不思議じゃないし
148 *PN さて、何がでるかな、何がでるかな~、っと
149 *PN ……これは……?
150 このパッケージは。
夢で見た。
嫌な予感が胸に沸いた。
151 フェードアウト *PN 思い出の品を、わざわざ手に入れてプレゼントしてくれたのか!
152 消去 ……そうに決まっている。
決まっているさ……。
153 *PN お、手紙!
肉筆じゃないか、ふふ、想われてる!
想われてるな、俺!
154 手紙には。
155 『借りっぱなしですまなかった。。
 何度もプレイしたが、やっぱりつまらないな』
156 絶望のヤンデレ *PN なん、だよ……これ……
157 包装紙で丁寧に包まれた箱の中に、カートリッジ式のゲームソフトが入っていた。
158 震える手で、カセットを取り出す。
カセットの内側、差し込み口の裏を確認する。
159 かすれたマジック。
いびつなマーク。
二人の名前。
160 『_PN』 シーン1で使用した_PN再利用
161 『いろな』
162 *PN 告白……じゃ……
163 *PN ない、よな……そりゃ
164 *PN そりゃ……昔、少し遊んだだけだし……
165 *PN ただの、ゲーオタだし
166 *PN あいつが惚れてるわけ、ないもんな……
167 遠くから雷鳴が響き。
168 雨粒がぽつりと、頬にかかった。
169 俺は。
170 俺の、初恋は。 くぐもった雷鳴
171 想いを伝えることなく、拒絶された。
172 フェードアウト
173 全消去




カウンター
今日  -
昨日  -
合計  -