※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

12

梓「唯先輩が作ったクッキー70㌘200円」
1 名前:棄車保帥 ◆jGok8klrco [] 投稿日:2011/02/07(月) 10:24:02.04 ID:D4Px0GNc0
唯「ウーのことをおもていました」

憂「そうなんだ。お姉ちゃん」

唯「ゆい、ウー、ウー好きっ」

憂「私もおねえちゃんのこと好きだよ。…チュ」

唯「あったかあったか」

憂「そうだね。あったかあったかだね」

唯「あずにゃん…」
1 名前:棄車保帥 ◆jGok8klrco [] 投稿日:2011/02/07(月) 10:18:04.86 ID:D4Px0GNc0
http://ec3.images-amazon.com/images/I/61nsNahx7mL._SS500_.jpg

唯「りっちゃん、それは残像だよ」
1 名前:棄車保帥 ◆jGok8klrco [] 投稿日:2011/02/07(月) 11:04:44.86 ID:D4Px0GNc0
律「くっ…」

唯「チェックメイト。
  いくよっ!」 

ヒュンッ

律「やれやれ…唯相手にこれをはずすことになるとは…」

律の右手がゆっくりと頭上のカチューシャへとのびた。

澪「ゆーいっ!逃げろーっ!」

唯「はっ!何いってるの!
  私の勝利は目前だよ!
  いっけー!」

律の右手の頭からはずされたカチューシャが、律の右手から地面へと離れた。
その直後、唯の拳が律の顔面へと放たれた。
しかし、唯の拳は空を切り、唯の視界から律が消えてしまった。

唯「えっ?」

理解不能の事に唯は唖然とする。

澪「唯、もう終わりだ。
  お前、律に殺されるぞ」

唯「何言ってるんだよ澪ちゃん。
  私、もう少しで勝ててたじゃないか。でも…急に、りっちゃんが消えて…」

澪「本気で私のこと…好きなの?」
1 名前:棄車保帥 ◆jGok8klrco [] 投稿日:2011/02/08(火) 16:59:10.38 ID:MklX9I3G0
夢を見た。

奇妙な、グロテスクで甘い、そして悲しい夢だった。

――夢の中で律が私にキスしてる……

夢独特のぼんやりとした薄暗い世界で、目の前には幼馴染の顔。律は眼を閉じている。
律の髪が私の頬に軽くかかっているのを感じる。
唇と唇が触れあっている。柔らかい。律の甘い体臭が鼻腔を愛撫する。
やがて、律の唇が私から離れる。
目を開けると、荒い息を吐く律の赤い顔と、律と私の唇とを繋ぐ粘液の糸が目に入った。

「律……?」

律の目から涙がこぼれ、それが私の頬に降り注ぐ。
暖かい。

「りつ……?」

再びそう呟いた、その次の瞬間だった。

「――え?」

夢じゃない。
突如、これが現実であるという感覚がはっきりと私を飲み込んだ。

憂 「お姉ちゃんは善いことと悪いことの区別がつかないんです!」
1 名前:棄車保帥 ◆jGok8klrco [] 投稿日:2011/02/10(木) 14:47:29.20 ID:beNt7U+s0
憂「だから、お姉ちゃんは悪くないんです。
  刑務所には私が代わりに入ります」

唯「憂~ありがとね~。憂は便利だね~」