※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GM:オープニング0 ”無色から白へ” マスターシーン
GM:
GM:場所:???
GM:

GM:「たとえこの世界が朽ちたとしても」
GM:「あなたが二度と帰ってこないとしても」
GM:「あなたの愛したこの世界は朽ちないと信じています」
GM:少女の誓いは、雪の空に木霊した


GM:オープニング1 シーンプレイヤー:PC1
GM:
GM:場所:街路
GM:登場:PC1 他不可
GM:

GM:では、君が何時ものように簡単な噂話の調査を終え、15時ころだ
GM:空は雪が本格的に降りだしている
GM:地面にも積もってきている。ここらでは珍しいことだね
風堂:「雪か 前に見たのは何時だったかな」
GM:降り続く雪に君が帰り道を急いでいると、女の子が傘もささず、頭の上に雪をのせているのを見つけた
GM:どうやらずっと、動かずに誰かを待っているようだ
風堂:「・・・人待ちか? こんな雪の中で」
GM:少女「寒いです…」
風堂:・・・親なのか友人なのかは知らないが
GM:少女「…あ」 少女は君を見つけると、目を輝かせるね
風堂:・・・どう見てもなんか期待されてるな
風堂:あんまり得意じゃないけど 一人にするのも流石に良心が痛むしな
風堂:「誰か待ってるのか?」
GM:少女「パパを待ってたんです」 というと君に抱きついてくる
風堂:「・・・!?」 いきなりの行動に流石に驚かざるを得なかった
風堂:「あー・・・そうか、パパか パパは仕事か?」
GM:少女「…パパはダメ?」 と見上げてくるね
風堂:「(・・・え?)」
GM:少女「パパはパパなの」 君を指さして
風堂:「・・・あ?」
風堂:俺は確かに信じられないものは色々見てきた ああ見てきたとも
GM:少女「お兄ちゃんの方が良いです?」
風堂:超能力に化け物に 最早超常現象なんて見飽きた位見てきた
風堂:・・・どうすんだこれ
風堂:「・・・あー とりあえず、とりあえず一端離れようか うん」
GM:少女「何処に行くの?」
風堂:「いや、何処にも行かないよ」
風堂:「えっと・・・俺を待っていた のか?」
GM:少女「うん」 と大きくうなづく
風堂:「・・・そうか 事情はわからんが・・・家族はいるのか?」
GM:少女「ううん」 と首を振る
風堂:(・・・なんだか知らないけど ややこしいことになってきた・・・な)
風堂:「そうか・・・とりあえず。このまま外だと寒いし どっかに入るか」
GM:少女「うん」 と少女が君にうなづいて
風堂:(これ、どう見ても犯罪だよな・・・) と彼は思いつつも、どこか近くに店でもないか探すのであった


GM:オープニング2 シーンプレイヤー:PC4
GM:
GM:場所:街路
GM:登場:PC4&PC1 他不可
GM:

GM:では、さっきの直後
GM:近衛はそれを目撃し…彼が近くを探しているのをみたとこだ
GM:少女「~♪」 上機嫌
風堂:「(・・・随分楽しそうだな、おい)」
近衛:(あのむっつり仏頂面近衛君が・・・ようじょを・・・・)
GM:風堂風堂
GM:修正しとくね?
近衛:(事件かしら・・・にしては女の子嬉しそうだし・・・)
風堂:「そういや、どれ位待ってたんだ?」
GM:少女「だってずっと待ってたの、えーと…あれがはんぶんのはんぶんくらい」 と、時計を指さすね
近衛:(全然女っけがないと思ったら・・・これはちゃんと正さないと、うん)と、しばらく尾行してたけど意を決するよ
風堂:「どれが半分の半分だ・・・まぁ長いことまってたってのはわかった」
近衛:「ふ、風堂君・・・!」」
風堂:「んぁ?」
GM:少女「誰このおばさん?」
近衛:「あの、女の子の趣味をとやかく言う気はないけど・・・って」
風堂:「ああ、近衛か・・・おばさん!?」
近衛:「おば・・・さん・・・orz」
風堂:「あーっと・・・とりあえずだ」
GM:少女「きゅぴーん★」
近衛:「ろ、ロリコンはよくないと思うの・・・おもうのよう・・・」後ろ向いてべそべそ
GM:少女「パパの知り合い?」
風堂:「この人は近衛 俺の仕事仲間だ うん 後俺はロリコンではない」 とにかく状況を把握するんだ俺
風堂:「んで近衛 この子はなんだかよくわからんが 俺を待ってたらしい よくわからんが」
風堂:「外で待たせておくのも悪かったから 今どこか店にでも入ろうと思ってた 一緒に来るか?」
GM:少女「くるかー?」
近衛:「あなたが呼び出して待ち合わせしてて連れ込むの?やっぱり・・・」
風堂:「よし、ほっといて行くか 随分待ってたんなら腹とか減ってないか?」
GM:少女「へったー」
近衛:「ま、まちなさい!」
風堂:「いいからどっちか決めろ 小さい子を外にほっぽっておけんだろう」
近衛:「むぅ、あなたたち二人きりでは何かと危険な香りがするし・・・私も行くわ」
近衛:「男って何するかわかんないし」(ぼそ
風堂:「よろしい ついでだからいい店ないか教えてくれ なにぶん外で飯とかわからんからな」 何か失礼を言われた気がするが無視
GM:そして、君たちが騒ぎながら喫茶店を探し出し…
近衛:「んーパスタでいいかしら?っていうかあなた普段何食べてるのよ・・・」じと目を向けながら財布の中身を確認して歩き出すよ


GM:オープニング3 シーンプレイヤー:PC2
GM:
GM:場所:UGN支部
GM:登場:PC2 他不可
GM:

GM:何時も通り、君が支部に居ると、君と同じ、榛原未来が君に話しかけてくる
GM:未来「公城、少し頼みがあるんだ」
GM:未来「任務に差し支えなければ…受けて貰えないだろうか?」
公城:「頼み?うーん・・・とりあえず話を聞かせてもらってもいい?」と少し考えて
GM:未来「あぁ、分かった」 と1枚の写真を取り出す
GM:そこには風堂に似た青年と先程の少女が写っている
GM:未来「探してほしいのは、こっちの男の方なんだ」
公城:「風堂さんに似てるけど・・・違う人?」と顔見知りの男性を思い浮かべて
GM:未来「たぶん、違う人だろう」
GM:写真を見て違和感があるなら、<知覚>判定をしてくれ
公城:「ふーん・・・・」じっと写真を見る
(Dice_) 公城 -> 1R10 = [4] = 4
GM:それでは分からない
公城:「・・・まぁわかったよ、探してみる」違和感は気のせいと判断し、そう言った
GM:未来「とりあえずその写真は預けるから、えっと、大事なものだから無くさないでね」
公城:「うん、何かわかったら報告するね」写真を受け取り、大事にしまって言う
GM:未来「お願いだからね、ボクはこれからエージェントを迎えに行くから、頼んだよ」
GM:かなり念を押されて…
公城:「(よほど大事な人なのかな)」と考えながら未来を見送る
GM:物思いにふけり、君は人探しに出るのだった


GM:オープニング4 シーンプレイヤー:PC5
GM:
GM:場所:駅
GM:登場:PC5 他PC3可
GM:

GM:では、君は駅につき、迎えに来ているチルドレンを探している
GM:未来「寒い…」
一条:「ん・・・、あいつか・・・?」
GM:チルドレンは頭に雪を積もらせていた
GM:未来「あ、一条さん?」 お辞儀をして、頭の雪が落ちる
GM:未来「えーと、お話は聞いてくれてます、よね?」
一条:「あぁ…、あんたが未来って子かい。話は聞いてるよ。」
GM:未来「この支部は小さいけど、だからこそ狙われにくかったんです」
GM:未来「現状、戦闘可能なのはチルドレンが3名。これでは防衛しきれないと判断されて」
GM:未来「って資料は読んでくれてる、ですよね?」
一条:「資料?どっかに失くしちまったよ」
GM:未来「…支部でゆっくり話そうか」
GM:未来「これだから補充も嫌なんだぁぁ」
美津理:遠くから未来の姿を見て駆け寄る
美津理:「いよっ榛原くん、ひっさしぶりー!」
GM:未来「杉平先輩…?」
美津理:「綺麗なお姉さんと一緒でどうしたの? デート?」
GM:未来「ボクはそんなのじゃなくて…」 
一条:「(なんだこいつは・・・)」
美津理:「あ、お姉さんあたし杉平美津理って言います! この子の事よろしくねイイ子だから!」
GM:未来「とにもかくにもこの人があんまりにも無茶苦茶だから支部に来てもらって…」
美津理:「あ、“お仕事”の話? じゃああたしはこの辺で……」 回れ右して帰ろうとします
GM:未来「聞かれたから杉平先輩もつれて行って処理しなきゃぁ」
GM:未来「ちょうど人手不足なんだよ」
GM:未来「ほら、バイト代は出るしさ」
美津理:「どうせスズメの涙でしょ! あぁでもお姉さんと一緒に仕事なら……ぶつぶつ……」
GM:未来「一条さんも資料は無くさないでよ、機密なんだから」
一条:「わかった、・・・だが、こいつも一緒に来るのか?」
GM:未来「バレたらなんとかなるものじゃないんだから」
GM:未来「人手不足!」 >一条
美津理:「しょーがないなぁ、話くらいは聞いてあげるよ」
美津理:こっそり一条さんと腕を組もうとします
GM:未来「…とりあえずこれで、なんとかかな」
一条:とっさに腕をはらう
GM:未来「一条さんのはとりあえず上にばれないように隠ぺいするから、あぁもう喧嘩しないでー」
美津理:「喧嘩じゃないよコミュニケーションだよ! さぁ行きましょうお姉さま~」
一条:「・・・(早く闘いでも起きないかな・・・拳が疼いてきた)」
GM:前途多難な匂いをさせつつ…君たちは支部に向かうのであった


GM:PC間ロイスの再定義/シナリオロイスの取得をどうぞ
風堂:了解
風堂:PC1から少女に「不安/慈愛」でロイスを
風堂:そしてPC4近衛に「友情/食傷」でロイス 以上です
GM:ロイスの数は最大7個、考えときなよ?
風堂:大丈夫、とりあえずこの二人は必要だと考えたので
美津理:PC3からPC5一条に「好意/不信感」でロイス取ります
美津理:あまりにもすげないのでちょーっと不信感、ということで
近衛:シナリオロイスはPC1の風堂君に友情/不信感で
近衛:”危険なにおいを感じる”
風堂:それロリコンのことだろ!
近衛:表に出てるのは友情だから、大丈夫よ
一条:PC5からPC3杉平に「好奇心/不快感」で
公城:まぁとりあえず未来へ連帯感/恥辱そのままで
GM:かなちゃんはPC1へも繋いでね
風堂:む、こっちにもくるのかー
一条:PC1風堂に「有為/隔意」で
GM:これで皆、PC間とシナリオ取って5個になってるかな
風堂:5個だね
公城:5個です
GM:風堂あんた6個や
風堂:あれ
風堂:あ、PC2
近衛:私とのロイスがあるからね
風堂:とりあえずおっけー
美津理:あたしは後で6個になるけど今は問題ないね
近衛:私もそのうち女の子につくだろうしね

 

Prev 1-1 / Next 1-3