※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆オープニング

GM: 君たちは、今、カナンの神殿にいる
GM: 色々と冒険者適性試験、というやつでマラソンさせられたり、ぶっちゃけH×Hのあの試験みたいな感じで
GM: その最終試験として、籤で5人ずつ選ばれ、ダンジョンを制覇して来い。ということらしい

リドラス: 「ふむ、いよいよ長かった試験も最後か」
GM: 神官「はい、皆、パーティーになる人はみつけられましたー?」
セン: 「皆さんよろしくお願いしますね」
ナターシャ: 「ここまで来たんだから合格したいですね! 頑張りましょう!」
GM: 神官「ひどいパーティーになってもそれが運なので…頑張ってくださーい!」
テスラ: 「~・・・~・・・貴様らか・・・まぁ私の足は引っ張らないでもらいたいものだな・・・」(マラソンでぶっ倒れてる)
ショコラ: 「大丈夫!ここまで行けたなら合格できるよ!」
セン: 「足を引っ張らないようにがんばります。」
GM: 神官「で、集まったら、リーダーを決めてねー。どのダンジョンに行くかもクジだからっ」
ナターシャ: 「リーダーかぁ。自慢じゃないけど私、集団行動とか苦手でしたっ!」
テスラ: 「リーダーか・・・私なぞ人に会うのが久しぶりだぞ」
セン: 「えっと・・えっと・・無理です・・・・。」
テスラ: 「そこのネヴァーフ、貴様はどうだ?なかなか風格があるように見えるが」
リドラス: 「ふむ、そうだな。ならば私に任せてもらってもよろしいか?」
ショコラ: 「ウォーリアさんなら安心ですね」
GM: 神官「では決まったパーティーはクジを引きに来てねー」
GM: 具体的には1d6で
ナターシャ: 「そのおひげリーダーっぽくていいですね! よろしくー!」
リドラス: 「集団行動にはリーダーは不可欠だからな。これからの修練にもなるだろうし受けよう。」
セン: 「問題ないです。よろしくお願いします。」
テスラ: 「あぁ、頼むぞ」
ショコラ: 「よろしくお願いします」
リドラス: 1d6 「ああ、皆よろしく頼む」
(DiceBot) _07_Rydrs : 1d6 => 6(1d6: 6) = 6 「ああ,皆よろしく頼む」
GM: 神官「えー・・・あー・・・うん。死にはしないから大丈夫。じゃ、いこっか」
ナターシャ: ぞくっと言いようのない不安を感じる
テスラ: 「・・・私は何も聞こえなかった」
ショコラ: 「えっ・・・?神官さんの顔が引きつってる・・・」
セン: 「大丈夫なのでしょうか・・・・」
GM: 神官「じゃあ、こっちね」 と連れられた先には
リドラス: 「なんとでもなるさ、多分な・・・・・・」

   □□□
   □□□

GM: ダンジョンは2F、外から見れば60m×95m程度の外観をしている
GM: こんな感じのダンジョンが
GM: 神官「6番はこの一番左下から入ってもらうね」
リドラス: 「神官殿、目的は制覇だったな、何か中に目標物でもあるのか?」
GM: 神官「この遺跡は見つかってすぐ、一応致死性のトラップはないはずだけれど」
GM: 神官「すべてマッピングしてくればクリアよ」
テスラ: 「他の連中と一緒になるということはないのだな?」
ナターシャ: 「なんだ、簡単そうですね・・・・・・よかったー」
GM: 神官「ただ、たぶん、幾らかモンスターも住みついてるかもしれないから気をつけてね。強いのはいないはずよ」
GM: 神官「他のパーティと一緒になることはないわ」
リドラス: 「了解した。マッピングはどうする?各自全員でやるか?」
ショコラ: 「しつもーん。途中で戻ってもいいですか?」
テスラ: 「ふむ、ならば獲物を横取りされることはないか・・・古代の遺跡・・・どんないかれた薬物が・・・」
GM: 神官「正確なマップを描いてくれば、パーティーに1500Gの報酬を与えるわ」
GM: 神官「途中で戻ってきてもいいけれど、あまり時間はかけないようにね」
ショコラ: 「はい、分かりました」
セン: 「他のPTにあわないってことはとても広いって事だよね・・・迷子にならないかな・・・」
GM: ※具体的には帰還することで買い物ができますが、1回限りとします
ナターシャ: GM、2Fってことは6マスの部屋が2階層?
GM: ですね
GM: ただし、一部は完全には入れない部屋もあります
ナターシャ: オッケーです
GM: 質問が無くなれば、入ることを意思表示してくださいな
ショコラ: 「至急品はありますか?」
GM: 神官「遺跡の中にマジックアイテムを置いておいたわ。自由に使いなさい」
ナターシャ: 「おぉ太っ腹!」
ショコラ: 「現地調達ですね!」
テスラ: 「マジックアイテム!・・・終わったら返せとかけちなことはいわんだろうな?」
GM: 神官「返せなんて言わないけれど、置いたのは1個だけ、他にあるかは知らないわ」
リドラス: 「・・・・・・」静かに懐から紙を取り出してマッピングの準備をしている
ショコラ: マッピングが珍しいので興味深そうに見ている
セン: 深呼吸中
テスラ: 「ふん、天然ものもあるかもしれんのだったな・・・面白い」一人で悦に入ってる
GM: 神官「じゃ、準備はいい?」
ナターシャ: 「それじゃ行きましょ! ごーごー!!」 一人で先走ろうとする
セン: 「ふぅ・・・はい、いきましょう」
リドラス: 「ああ、外枠はできた、後は中を埋めるだけだ。」 「準備はいいぞ」
テスラ: なんか薬飲んでから「ふむ、楽しみではあるな、行くか」
ショコラ: 「おやつ買い忘れたー」

<<BACK / NEXT>>