第2回東方勝抜雀1回戦後半


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1回戦 A~D組 E~H組 準決勝 決勝

第2回東方勝抜雀 1回戦後半


E組

参加者:ikou ( ´゚Д゚`) かわいい悪魔 Selene

Seleneの親で開幕した1回戦E組は想定を超える早期決着を見ることとなった。
ikouが儚月抄をポンして仕掛けていく中、親のSeleneがダマで待ってかわいい悪魔からのロンアガり。
美鈴でのアガりはパチュリーのペア待ちで4ペア6000点となり、リードを取って連荘となる。

そして迎えた第一局の一本場。4巡目で先程振り込んでしまったかわいい悪魔がリーチを仕掛ける。
しかし、そこからなかなかアガれない間に10巡目に早苗を切ってリーチをかけたのは親のSelene。
この早苗切りを見て安心と踏んだか、( ´゚Д゚`)が捨てたのは神奈子……しかし、それこそがSeleneの当たり牌であった。
6ボスor衣玖待ちという牌姿は、6ボス+屋台で一杯+鳥に2ペアという手、おまけに裏ボーナスでミスティアを乗っけてみせる。
15Pは24300点という特大の一発で、一気に( ´゚Д゚`)をトバしたSelene。まさかの第一局で決着という結末を迎えたのだった。

最終結果

ikou ( ´゚Д゚`) かわいい悪魔 Selene
20000 -4300 14000 50300

親を明け渡すことなくTOPで勝ち上がったSelene。第一局も初手からテンパイをしていたようで、今日はツキがありそう。
振り込み回避で2位になったのはikou。Seleneの爆発で目立たなかったが、こちらも儚月抄のポンが出来るなど、手は入ってきている様子。
かわいい悪魔は対照的に、開幕局で振り込んでしまい、続く一本場でも早い段階でリーチをかけたが不発。流れが掴み切れず消化不良の結果となってしまった。
一発に沈んだ( ´゚Д゚`)。開幕局では捨牌で2ペアが出来てしまうなど、こちらも歯車は噛み合わずに無念の初戦敗退となった。

NEXT Selene→2回戦C組 ikou→2回戦D組




F組

参加者:御免浅瀬 蟹玉 をっさん gantai

この組は蟹玉の親で開始、そしてその蟹玉がいきなり開幕リーチをかけるという展開に。
このリーチは続くをっさんが美鈴を通した後、gantaiの放出した阿求が当たり牌。
御免浅瀬にツモらせることなく、蟹玉がいきなりオールペア(パートナーの紫付き)の12000点をアガる。

続く第一局一本場も、開幕リーチこそ無かったものの蟹玉が5巡目にリーチをかけて他三人にプレッシャーをかける。
そしてをっさんが依姫を通した後、gantaiの捨てた蓮子で場が止まる。
またも一発か、それとも誰かがMUSIC COLLECTIONを鳴きにいくのか……?
一瞬の緊張が走ったが、それから卓は完全に沈黙。大会史上初のフリーズという事態に。

事態を想定していなかった主催は、慌てて裁定を抽選王に投げる。
その裁定は、点数持越しで第一局からやり直し。そして、次回の切断時の得点を以て終了という結果となる。
なお、このルールは第3回以降でも採用されることとなった。

点数持越し 蟹玉:32000 をっさん:20000 御免浅瀬:20000 gantai:8000

卓を立て直して仕切り直し。なお、仮にgantaiが合計点数で飛んだとしても、卓内で飛ばない限りは続行となった。
そして仕切り直しは、巻き返しを図りたいgantaiの親からスタート。
1巡目でいきなりをっさんが1ボスをポン。すると、gantaiも対抗して3巡目に儚月抄を食い仕掛け。
しかし、そんな二人を尻目に機をうかがっていたのは御免浅瀬。
蟹玉からこぼれた小悪魔をロンしてオールペアの2400点をゲット。

第一局終了 蟹玉:29600 御免浅瀬:22400 をっさん:20000 gantai:8000

第二局は蟹玉の親。先程の再現……ではないが、今度はをっさんが開幕リーチ。
そして、これにまたもgantaiが一発で妖夢を振り込んでしまう。
5ボスに妖々夢自機を重ねた手ではあったが、これが6400点と意外と伸びず。
(余談だが、Ver.3からはこの手が永夜抄人間に鞍替えし点数は一気に16000点まで跳ね上がる)

第二局終了 蟹玉:29600 をっさん:26400 御免浅瀬:22400 gantai:1600

をっさんの親に代わって迎えた第三局、今度は御免浅瀬が開幕リーチをかける。
そして、またもこの手が一発となって成就する。はたてで振り込んだのはアガって親を迎えたばかりのをっさん。
文のペア待ちは9P6400点の手となって、ここで御免浅瀬が蟹玉に肉薄する。

第三局終了 蟹玉:29600 御免浅瀬:28800 をっさん:20000 gantai:1600

オーラスは逃げ切りたい御免浅瀬の親。総合では二番手だが、卓上ではトップのため、アガれば逃げ切りとなる。
しかし、それを許すまじとをっさんがこの日二度目の開幕リーチで追いすがる。
だが、それをあざ笑うかのように御免浅瀬がダマでロンアガり。
gantaiからの天子を仕留めてのオールペアは3600点となり、オーラスTOP親アガりで終了となった。

最終結果

御免浅瀬 蟹玉 をっさん gantai
32400 29600 20000 -2000

開幕リーチが計4回飛び交う荒れ場を制したのは御免浅瀬。二度のダマアガりも決めるなど、押し引きの巧みさも光った。
仕切り直し前の貯金を生かし切った蟹玉が二着。パートナー付きのアガりは大きく、失点も最小限に食い止めた。
二度開幕リーチを仕掛けるなど積極的に動いたをっさんだが、終わってみれば原点での終戦。一発振込が悔やまれる。
gantaiは手が入らなかったか、リーチの掛け合いに埋没。二度一発で振り込むなど、貧乏くじをひかされた格好になった。

NEXT 御免浅瀬→2回戦D組 蟹玉→2回戦C組




F組

参加者:朱里 ( ´゚Д゚`) 枯れ木 くぼっち

まず走ったのはくぼっち。
( ´゚Д゚`)から12000点の直撃を勝ち取り、いきなりセーフティーリードを確保する。
重たいビハインドを背負った( ´゚Д゚`)もすかさず反撃に転じる。
朱里から1600点のアガりを引き出して流れを引き戻すと、続く第3局で一気に爆発。
枯れ木から12000点の直撃で、開幕局の失点を丸々取り返す格好となった。

第3局終了時 くぼっち:32000 ( ´゚Д゚`):21600 朱里:18400 枯れ木:8000

くぼっちがスイスイと逃げる展開。( ´゚Д゚`)は2位に浮上したが、3番手の朱里との点差はわずかに3200点。
このまま逃げ切れれば……という思惑はあったのだろうが、そうは問屋が卸さなかった。
迎えたオーラスで魅せたのは、ここまで音無しの朱里だった。
アガり手自体は2400点と軽いものではあったが、ターゲットである( ´゚Д゚`)を見事に狙い撃ち。
朱里が18400→20800、( ´゚Д゚`)が21600→19200と、狙い通りの逆転劇をやってのけたのだった。

最終結果


朱里 ( ´゚Д゚`) 枯れ木 くぼっち
20800 19200 8000 32000

TOP抜けを果たしたくぼっちは、開幕局で奪ったリードを守り切った。比較的軽い手で牽制し合う展開も利したか。
朱里は中盤での失点を最小限に食い止めたことが逆転劇につながった。最後は狙い通りの相手を仕留め、クレバーさも光った。
出入りの激しい試合となった( ´゚Д゚`)。序盤の重たいビハインドを一時は跳ね除けただけに、逃げ切れなかったのが悔やまれる。
枯れ木は第3局での12000点の失点が重すぎた。上手く食らいついて混戦についていければ勝ち目はあったのだが……

NEXT くぼっち→準決勝A組 朱里→準決勝C組