※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

砲術士



  • クラス紹介
砲術士とは、主に火薬の爆発力で弾丸を放つ「銃」を扱う技術に長けた者たちの総称である。
天儀においては精霊術や陰陽術が発達していたことから、火薬を用いた武器の必要性が薄く、
火薬を使用する武器の代表格である銃も、発明されてから長らくの間省みられることがなかった。
一方、神教会を禁止したジルベリアでは、魔法技術の発展が停滞し、その不足を補う為、
積極的に銃の改良に取り組んできていた。両者は第二次開拓計画によって邂逅、
ジルベリアと天儀のそれぞれが得意技術で協力することにより、銃の性能は飛躍的に進歩。
実用的な段階にまで達することに成功した。

銃は高い威力を発揮するが、その構造上制約も多く、特に弾薬の装填に10秒以上掛かることも珍しくない。
従って、砲術士の技術体系も、銃の長所を伸ばし短所を補う方向に特化している。
現在、銃が最も普及しているのは新しい物好きの朱藩であり、継いで銃技術の基礎を築いたジルベリアである。

  • 成長テーブル
能力値選択数:2
50 30 30 20 40 10 20 20 70 30 110
                     
                     
                     
                     
                     
10                      
11                      
12                      
13                      
14                      
15                      
16                      
17                      
18                      
19                      
20                      
21
22
23                      
24                      
25                      
26                      
27                      
28                      
29                      
30                      
31                      
32                      
33                      
34                      
35                      
36                      
37                      
38                      
39                      
40                      
41                      
42                      
43                      
44                      
45                      
46                      
47                      
48                      
49                      
49                      
50                      

コメント欄
名前:
コメント: