※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョイスティック

AHはマウスとキーボードでも操縦は可能ですが、それでは限界があります。やはり機体の性能を最大限に発揮するためにはスティック(操縦桿)、スロットル、ラダーが必須と言ってもいいでしょう。
また、現用機の操縦桿やスロットルを模していることからわかるように、AHではレシプロ戦闘機でも貴官はHOTASで操縦することが可能になります。
ジョイスティックを選ぶ際以下の点に考慮するといいでしょう。
  1. スプリングの堅さ
    柔らかすぎると操作量がわかりにくく、逆にあまり堅いとスティックを動かすのと一緒に台座まで動いてしまったり、腕が疲れます。
  2. センターがしっかりと出るか
    センターがしっかりしないと、手を離したときにセンターに戻らないため、勝手にオートパイロットが外れたりします。
  3. X軸Y軸が独立しているかいないか
    X軸Y軸が独立したバネを使っているとピッチ方向とロールをそれぞれ正確にコントロール可能です。
  4. 自分の手にあっているか?
    欧米製のため、日本人には大きめに感じられることがあります。
  5. ボタンの数やHATの数は十分か?
    HATは最低でも1つあれば、視点変更に利用できます。ボタンが多ければ、戦闘中に操縦桿から手を離す必要がなくなります。
  6. ボタンやHATは操作しやすいか?
    欧米人にあわせて作られているため、一部のボタンが日本人には押しづらいことがあります。
  7. 小指で押すことができるボタン(Pinkie Switchと書かれることが多いです。)の有無
    視点切り替えをHATでやる場合、HATのみでは水平方向前後左右を見回すだけになります。空戦では前方~上方を見続ける事が多いので、小指を上方に設定できれば、HATとの組み合わせにより視点切り替えにキーボードを使用する必要がなくなります。
AHの場合、ゲーム側でボタンのカスタマイズ等に対応しているので、よほど特殊な機能(マクロや液晶制御等)を使う以外にジョイスティックに付属しているユーティリティをインストールする必要はありません。
ラダーについては、捻りラダー(ジョイスティックを左右に捻ることでラダーが操作できる。)が付いていれば場所をとることも無いし、コタツやちゃぶ台でも遊べるので便利ですが、クロス・コントロール等がやりづらいかもしれません。
ラダーを選ぶ際の注意点としては
  1. ストロークは十分か?
  2. 自分の部屋(机の下)に置ける大きさか?固定方法は?
  3. ペダルの幅は自分にあっているか?
  4. ペダルの踏み込みが可能か?(ブレーキなどに利用できるので、タキシングなどが楽になります)
AcesHighでは、ラダーが使えないと離陸・着陸もままなりませんので、捻りでもよいのでラダーが使えるようにしましょう(ただし、離陸については、オプションで自動離陸が可能です。)。
一部のジョイスティックには、フォースフィードバック機能が付いている物があります。これは、機銃を撃った時の振動や、バフェット、高Gでの舵の重みなどが再現されます。
もちろんAHはフォースフィードバックにも対応しています。
実際に使ってみないとわからないこともあるため、可能であれば購入前に店頭などで触ってみることをお薦めします(有名なところでは、秋葉原のArkなど)。

注意点

ジョイスティック購入後 初めてPCに接続 する時には、トラブルを避けるために以下の点に気を付けるといいでしょう。
  • USBハブには繋げない(PCに直接接続する。)。
  • ドライバ不要のジョイスティックもありますが、ドライバをインストールする場合は、インストールのタイミング(接続してからインストールするか、接続前にインストールするか)が重要なのでマニュアルを読んでおきましょう。
  • 接続後、タスクバーにドライバのインストール状況が表示されると思います。これが終了するまではUSBを抜いたり電源を切ったりしないようにしましょう。

ジョイスティック比較表

名称 X軸・Y軸分解能 ボタン数 8Way-HAT モード数 スロットル 捻りラダー 価格帯
Defender Cobra M5 1024 9 1 3 簡易 有り 6,000~7,000円
Fighterstick 256 16 1 3 簡易 無し 18,000~20,000円
Combatstick 256 10 1 1 簡易 無し 13,000~15,000円
Flightstick Pro 256 4 1 1 簡易 無し 14,000~20,000円
HOTAS Warthog 65536 9 3 1 独立双発 無し 45,000~60,000円
T.Flight Hotas X 1024 12 1 1 独立 有り 7,000~10,000円
T.16000M 8192 16 1 1 簡易 有り 9,000~10,000円
T.Flight Stick X 256? 12 1 1 簡易 有り 5,000~8,000円
X-55 Rhino 32768 6 3 3 独立双発 有り 21,000~22,000円
X52 Pro 32768? 12 2 3 独立 有り 16,000~18,000円
X52 32768? 12 2 3 独立 有り 13,000~14,000円

メーカー別ジョイスティック一覧

以下Aces High向けと思われるジョイスティックを紹介

Defender(ホームページ

ロシア発新興ジョイスティック・メーカーです。VKBが同社製品のカスタマイズを行っています(在庫が安定しませんが。)。

ジョイスティック

Defender Cobra M5
ジョイスティック基部の簡易スロットルと捻りラダーが付いているため、これだけでとりあえず3点セットと同じ操作が可能になります。細部はこちらをご覧ください。

CH Products(ホームページ

業務用も手がけているCH Products社はジョイスティック・メーカーとしてはスラストマスターと並んで歴史があるとともに、当時から製品品質の高さにも定評があります。ジョイスティックの形状、構造など、10年以上前とほとんど変わっていませんが、それだけもともとの作りが優秀であったという証でしょう。
同社のジョイスティックは、スティック台座にスロットル(ホイールを回すだけの簡易なもの)が付いてますが、ラダー機能は無い(捻りラダーもありません。)のでヨーイング操作はどうしてもラダーが必要になります。価格は高めなことが欠点ですが、堅牢な作りであり耐久性があるため長い目で見れば安い買い物だと言えます。
消耗品については、こちらで購入できるようです。
ジョイスティック FighterstickCombatstickのジョイスティック基部には簡易のスロットルが付いているため、これとラダーを購入すれば三点セットはとりあえず揃います。
Fighterstick Combatstick Flightstick Pro
スロットル Pro Throttle
ラダーペダル Pro Pedals

Thrust Master(ホームページ

CH Productsと並ぶ老舗ジョイスティック・メーカーである。
品質のCH Productsに対して、スラストマスター(TM)は見た目重視といえる。かつては本物の戦闘機のスティックを模るなどしていたが、最近ではSFチックなものが多くなってきている。現在はMSYが国内販売代理店となっているため国内でも入手しやすくなっている。

ジョイスティック

HOTAS Warthog T.Flight Hotas X T.Flight Stick X T.16000M

Saitek(ホームページ

新興ジョイスティック・メーカーであるが、現在はMad Catzの傘下となっている。このため、日本国内でも入手しやすく、サポートも受けやすい。形状はSFチックなものが多かったが、最近では実機を模した高価な製品群を発表し続けている。
操縦桿+スロットル+捻りラダー これを買うだけで操縦桿、スロットル、ラダー操作が可能になります。
X-55 Rhino H.O.T.A.S. X-65F コンバットコントロール システム X52 プロ フライトコントロール システム X52 フライトコントロール システム
ラダーペダル 捻りラダーは場所を取りませんが、慣れないと難しいです。実機と同じ操作に近づけようとするなら、ラダーペダルの購入も検討する価値があるでしょう。
プロ フライト コンバット ラダーペダルズ プロ フライト ラダーペダルズ プロ フライト セスナ ラダーペダルズ

ロジクール(ホームページ

主にトラックボールやマウスなどの入力機器メーカーとして有名なメーカー。
日本では本社Logitechの日本支店「ロジクール」があるものの、PC用ジョイスティックについては日本では取り扱っていない。特に、G940は、本格的なジョイスティックとして人気があります。
USB接続、スティック、スロットル、ラダーがセットになっていること、フォースフィードバックが特徴です。これだけの機能が付いているにもかかわらず、値段も手頃でコストパフォーマンスは高いのですが、残念ながら生産終了してしまいました。
Flight System G940

その他

コンバット・フライトシミュレーターにはあまり向かないもの。
ヨーク ヨーク型のジョイスティックは爆撃機や輸送機の操縦に向いています(P-38もこのタイプ)。
操縦桿(前後でピッチ、回転でロール)の他に、スロットル、ピッチ、ミクスチャーのスロットルが付いている。
Flight Sim Yoke USB Pro Flight Yoke System

スロットル Throttle Quadrant Saitek Pro Flight Throttle Quadrant

非推奨

これらのジョイスティックは、安価なだけで耐久性が低い、精度が悪い等オススメとは言えません(つまりコストが安いのみでパフォーマンスや耐久性も低いのでコスパあるいはLCCは良くないです。)。
同価格帯でも格段に高品質なDefender Cobra M5T.Flight Stick Xなどをオススメします。
Cyborg Evo Force
フォースフィードバック対応ジョイスティック
Cyborg Evo X Cyborg Evo V1 ST290 Pro Aviator Joystick AV8R Flight Stick

Force 3D Pro
フォースフィードバック対応ジョイスティック
Extreme 3D Pro
参考サイト
Attack 3 Joystick


ジョイスティック

AHはマウスとキーボードでも操縦は可能ですが、それでは限界があります。やはり機体の性能を最大限に発揮するためにはスティック(操縦桿)、スロットル、ラダーが必須と言ってもいいでしょう。
また、現用機の操縦桿やスロットルを模していることからわかるように、AHではレシプロ戦闘機でも貴官はHOTASで操縦することが可能になります。
ジョイスティックを選ぶ際以下の点に考慮するといいでしょう。
  1. スプリングの堅さ
    柔らかすぎると操作量がわかりにくく、逆にあまり堅いとスティックを動かすのと一緒に台座まで動いてしまったり、腕が疲れます。
  2. センターがしっかりと出るか
    センターがしっかりしないと、手を離したときにセンターに戻らないため、勝手にオートパイロットが外れたりします。
  3. X軸Y軸が独立しているかいないか
    X軸Y軸が独立したバネを使っているとピッチ方向とロールをそれぞれ正確にコントロール可能です。
  4. 自分の手にあっているか?
    欧米製のため、日本人には大きめに感じられることがあります。
  5. ボタンの数やHATの数は十分か?
    HATは最低でも1つあれば、視点変更に利用できます。ボタンが多ければ、戦闘中に操縦桿から手を離す必要がなくなります。
  6. ボタンやHATは操作しやすいか?
    欧米人にあわせて作られているため、一部のボタンが日本人には押しづらいことがあります。
  7. 小指で押すことができるボタン(Pinkie Switchと書かれることが多いです。)の有無
    視点切り替えをHATでやる場合、HATのみでは水平方向前後左右を見回すだけになります。空戦では前方~上方を見続ける事が多いので、小指を上方に設定できれば、HATとの組み合わせにより視点切り替えにキーボードを使用する必要がなくなります。
AHの場合、ゲーム側でボタンのカスタマイズ等に対応しているので、よほど特殊な機能(マクロや液晶制御等)を使う以外にジョイスティックに付属しているユーティリティをインストールする必要はありません。
ラダーについては、捻りラダー(ジョイスティックを左右に捻ることでラダーが操作できる。)が付いていれば場所をとることも無いし、コタツやちゃぶ台でも遊べるので便利ですが、クロス・コントロール等がやりづらいかもしれません。
ラダーを選ぶ際の注意点としては
  1. ストロークは十分か?
  2. 自分の部屋(机の下)に置ける大きさか?固定方法は?
  3. ペダルの幅は自分にあっているか?
  4. ペダルの踏み込みが可能か?(ブレーキなどに利用できるので、タキシングなどが楽になります)
AcesHighでは、ラダーが使えないと離陸・着陸もままなりませんので、捻りでもよいのでラダーが使えるようにしましょう(ただし、離陸については、オプションで自動離陸が可能です。)。
一部のジョイスティックには、フォースフィードバック機能が付いている物があります。これは、機銃を撃った時の振動や、バフェット、高Gでの舵の重みなどが再現されます。
もちろんAHはフォースフィードバックにも対応しています。
実際に使ってみないとわからないこともあるため、可能であれば購入前に店頭などで触ってみることをお薦めします(有名なところでは、秋葉原のArkなど)。

注意点

ジョイスティック購入後 初めてPCに接続 する時には、トラブルを避けるために以下の点に気を付けるといいでしょう。
  • USBハブには繋げない(PCに直接接続する。)。
  • ドライバ不要のジョイスティックもありますが、ドライバをインストールする場合は、インストールのタイミング(接続してからインストールするか、接続前にインストールするか)が重要なのでマニュアルを読んでおきましょう。
  • 接続後、タスクバーにドライバのインストール状況が表示されると思います。これが終了するまではUSBを抜いたり電源を切ったりしないようにしましょう。

ジョイスティック比較表

名称 X軸・Y軸分解能 ボタン数 8Way-HAT モード数 スロットル 捻りラダー 価格帯
Defender Cobra M5 1024 9 1 3 簡易 有り 6,000~7,000円
Fighterstick 256 16 1 3 簡易 無し 18,000~20,000円
Combatstick 256 10 1 1 簡易 無し 13,000~15,000円
Flightstick Pro 256 4 1 1 簡易 無し 14,000~20,000円
HOTAS Warthog 65536 9 3 1 独立双発 無し 45,000~60,000円
T.Flight Hotas X 1024 12 1 1 独立 有り 7,000~10,000円
T.16000M 8192 16 1 1 簡易 有り 9,000~10,000円
T.Flight Stick X 256? 12 1 1 簡易 有り 5,000~8,000円
X-55 Rhino 32768 6 3 3 独立双発 有り 21,000~22,000円
X52 Pro 32768? 12 2 3 独立 有り 16,000~18,000円
X52 32768? 12 2 3 独立 有り 13,000~14,000円

メーカー別ジョイスティック一覧

以下Aces High向けと思われるジョイスティックを紹介

Defender(ホームページ

ロシア発新興ジョイスティック・メーカーです。VKBが同社製品のカスタマイズを行っています(在庫が安定しませんが。)。

ジョイスティック

Defender Cobra M5
ジョイスティック基部の簡易スロットルと捻りラダーが付いているため、これだけでとりあえず3点セットと同じ操作が可能になります。細部はこちらをご覧ください。

CH Products(ホームページ

業務用も手がけているCH Products社はジョイスティック・メーカーとしてはスラストマスターと並んで歴史があるとともに、当時から製品品質の高さにも定評があります。ジョイスティックの形状、構造など、10年以上前とほとんど変わっていませんが、それだけもともとの作りが優秀であったという証でしょう。
同社のジョイスティックは、スティック台座にスロットル(ホイールを回すだけの簡易なもの)が付いてますが、ラダー機能は無い(捻りラダーもありません。)のでヨーイング操作はどうしてもラダーが必要になります。価格は高めなことが欠点ですが、堅牢な作りであり耐久性があるため長い目で見れば安い買い物だと言えます。
消耗品については、こちらで購入できるようです。
ジョイスティック FighterstickCombatstickのジョイスティック基部には簡易のスロットルが付いているため、これとラダーを購入すれば三点セットはとりあえず揃います。
Fighterstick Combatstick Flightstick Pro
スロットル Pro Throttle
ラダーペダル Pro Pedals

Thrust Master(ホームページ

CH Productsと並ぶ老舗ジョイスティック・メーカーである。
品質のCH Productsに対して、スラストマスター(TM)は見た目重視といえる。かつては本物の戦闘機のスティックを模るなどしていたが、最近ではSFチックなものが多くなってきている。現在はMSYが国内販売代理店となっているため国内でも入手しやすくなっている。

ジョイスティック

HOTAS Warthog T.Flight Hotas X T.Flight Stick X T.16000M

Saitek(ホームページ

新興ジョイスティック・メーカーであるが、現在はMad Catzの傘下となっている。このため、日本国内でも入手しやすく、サポートも受けやすい。形状はSFチックなものが多かったが、最近では実機を模した高価な製品群を発表し続けている。
操縦桿+スロットル+捻りラダー これを買うだけで操縦桿、スロットル、ラダー操作が可能になります。
X-55 Rhino H.O.T.A.S. X-65F コンバットコントロール システム X52 プロ フライトコントロール システム X52 フライトコントロール システム
ラダーペダル 捻りラダーは場所を取りませんが、慣れないと難しいです。実機と同じ操作に近づけようとするなら、ラダーペダルの購入も検討する価値があるでしょう。
プロ フライト コンバット ラダーペダルズ プロ フライト ラダーペダルズ プロ フライト セスナ ラダーペダルズ

ロジクール(ホームページ

主にトラックボールやマウスなどの入力機器メーカーとして有名なメーカー。
日本では本社Logitechの日本支店「ロジクール」があるものの、PC用ジョイスティックについては日本では取り扱っていない。特に、G940は、本格的なジョイスティックとして人気があります。
USB接続、スティック、スロットル、ラダーがセットになっていること、フォースフィードバックが特徴です。これだけの機能が付いているにもかかわらず、値段も手頃でコストパフォーマンスは高いのですが、残念ながら生産終了してしまいました。
Flight System G940

その他

コンバット・フライトシミュレーターにはあまり向かないもの。
ヨーク ヨーク型のジョイスティックは爆撃機や輸送機の操縦に向いています(P-38もこのタイプ)。
操縦桿(前後でピッチ、回転でロール)の他に、スロットル、ピッチ、ミクスチャーのスロットルが付いている。
Flight Sim Yoke USB Pro Flight Yoke System

スロットル Throttle Quadrant Saitek Pro Flight Throttle Quadrant

非推奨

これらのジョイスティックは、安価なだけで耐久性が低い、精度が悪い等オススメとは言えません(つまりコストが安いのみでパフォーマンスや耐久性も低いのでコスパあるいはLCCは良くないです。)。
同価格帯でも格段に高品質なDefender Cobra M5T.Flight Stick Xなどをオススメします。
Cyborg Evo Force
フォースフィードバック対応ジョイスティック
Cyborg Evo X Cyborg Evo V1 ST290 Pro Aviator Joystick AV8R Flight Stick

Force 3D Pro
フォースフィードバック対応ジョイスティック
Extreme 3D Pro
参考サイト
Attack 3 Joystick


3455666


ああああああああうううう