※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

**概要

 餅米と山椒を煮詰めた砂糖で練った和菓子。鶴岡市内で作られており、11月下旬から12月17日の観音様のお年夜wiki *1 まで販売されている。

**原料

 鶴岡の切山椒は、浅草のものをヒントにして、明治時代に大量に出るお菓子のくずを生かそうと考え出されたもので、元はお菓子のくずが使用されていた。wiki *2
今では風味を良くするために、炒った餅米を主原料にして作られている。 山椒は、昔は厄除けとして鬼門の位置に植えられており、鶴岡市内に今でも残る旧家の山椒の木から採れる実を使っている。

**作り方

 もち米の粉にシロップ状にした砂糖を加えて混ぜたものを蒸し、再びシロップ状の砂糖を加え、味噌、粉にした山椒も加えて水を足しながら手でこねる。その後、麺棒を使ってちょうど良い厚さに均等に伸ばしていく。この作業で切山椒の食感が決まる。
 冷めたら折りたたんで一晩寝かせ、その後細長く切る。餅同士がくっつかないように、切り落としたらすぐに粉をまぶす。形の悪いものを取り除いて、完成。


参考文献

  • ヨミウリウェイ12月号