操作方法&基本情報


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本操作方法




方向キー アイテム使用
◎ボタン 打撃攻撃
✕ボタン ジャンプ(×を連続で押すとニンジャダッシュ。ジャンプ中に✕を押すとニンジャムーブ)
□ボタン 手裏剣
△ボタン チャクラロード(2回押しで奥義チャクラロード、3回押しで連携奥義チャクラロード)押しっぱなしでチャクラチャージ
左スティック 移動
L1ボタン サポート忍術1
R1ボタン サポート忍術2
L2ボタン ガード(R2ボタンでも可能)相手の攻撃が当たる瞬間にL2ボタンで変わり身
R2ボタン ガード(L2ボタンでも可能)相手の攻撃が当たる瞬間にR2ボタンで変わり身


詳しい操作方法


移動関係

ニンジャダッシュ

✕を素早く2度押し。
ニンジャダッシュ中は手裏剣など飛び道具を弾きながら相手に向かって一直線に移動します。
一見使えそうだけれども、間違えて遠くで使うとガードが間に合わず攻撃を受けることがある
ので、できるだけ近くで使うと効果的。

ニンジャムーブ

一度ジャンプしてから✕を入力。(慣れるまでニンジャダッシュが出てしまうことがある)
ステップ移動ができてムーブの最中に手裏剣を投げることができる。
ニンジャムーブは✕を押してるかぎり連続で移動することができるが、ムーブの最中はガード
が間に合わないことがあり、奥義や忍術を受ける可能性があるので、距離を置いたりして
ある程度の対応ができるように心がけておくと良い。

攻撃関係

コンボ

◎ボタン連続押し。
コンボは左スティックを入力することで様々なコンボが発動されます。
コンボには◎ボタンの体術コンボと□ボタンの手裏剣コンボがあるが手裏剣コンボは一部のキャラ
クターのみしか使えない(デイダラやテンテンなどが含まれる)
コンボが成功するとかなりのダメージを与えることができる。しかし変わり身などをされるとスキ
ができてしまうことになるので、コンボの合間に忍術をいれたり工夫して使ってみよう。

投げ技

ガードをしてる時に◎ボタンを押す。
投げ技はすごく便利でチャクラダッシュと組み合わせたり、変わり身の後に投げ技を使って距離を
とることができて、十分活用することができる。
ガードばっかりしている相手には投げ技をしてみるのもあり。

防御関係

変わり身の術

相手の攻撃が当たる瞬間にL2ボタンまたはR2ボタンを押す。
コンボや投げ技などの攻撃を避けることができる。(手裏剣や忍術なども可能)
オンラインでは重宝する技で、相手のコンボから抜け出すことでそのスキに忍術など攻撃のタイミ
ングを作ることができる重要な技。
時には投げ技と変わり身での変わり身合戦になることも・・・・。

受け身

地面にたたきつけられる瞬間または吹き飛ばされたとき一番高い所で✕ボタン。
地面にたたきつけられるのを阻止することでチャクラ玉を落とさなくなる便利な技。
でも受け身のタイミングでナルトの螺旋丸を受けたりなど、カウンターされることもあります。

チャクラロードアクション関係

チャクラロードは△ボタンを押す回数で発動される。
チャクラロードは三種類に分けられており、
チャクラロードアクションにつながるチャクラロード。
奥義につながる奥義チャクラロード。
連携奥義につながる連携奥義チャクラロードに分けられている

チャクラロードアクション

チャクラロードアクションは「チャクラダッシュ」。「チャクラ手裏剣」。「忍術」。「奥義」
の4つに分けられる。(奥義は奥義チャクラロードの時のみ使えます)
チャクラロードアクションはふつうのアクションとは違いチャクラを消費しなければ使うことが
できないのでこまめにチャクラチャージをするようにしよう。

チャクラダッシュ

チャクラロード中に✕ボタンを押す
相手の手裏剣など飛び道具を弾きながらものすごいスピードで相手に近づく技で、ニンジャダッシュ
では届かないところまでいけるので相手のスキをみて急接近すると良い。
しかしチャクラダッシュ最中はガードができず、忍術や奥義は跳ね返せないのでカウンターされる可能性
があります。突っ込みすぎないように気をつけよう。
相手にチャクラダッシュをされた場合、素直にガードをするかカウンターを狙うかの2つの選択があるので
状況で使い分けてみてください。(中にはニンジャムーブで避ける人も・・・・)

チャクラ手裏剣

チャクラロード中に□ボタン。
通常の手裏剣よりも強力な手裏剣を投げることができます。
例えば仙人ナルトでは風魔手裏剣を二枚投げたり、サスケの場合は連続で手裏剣をなげたりなど、キャラクター
それぞれで特別な手裏剣を投げることが多いです。
手裏剣の中にはものすごく追尾してきたり、弾速が速かったりなどキャラで違うので、バランスタイプのサポート
の時には十分活躍されると思います。 体術だけでなくた