職業

  • 職業には、以下の五種類が存在する。
詳しくは左メニューの育成とステータスを参照

『近接戦闘タイプ』
【劍道家(剣道家)】 初心者向き
 専 門:武器攻撃 
 副専門:連続攻撃

攻撃専門の職業、多彩な攻撃スキル持っている。
敵を連続攻撃できるし、防御面も悪くない。

タイマンなら最強といえるが、回避力の悪さが欠点で
対多数で敵わなく倒される可能性がある。


『近接戦闘タイプ』
【搏擊手(ボクサー)】
 専 門:接近戦 
 副専門:回避と反撃

防御専門の専門職業。回避力が高い以外、
色々な反撃スキルも持っている。

対多数にしても、余裕に回避しながら一人ずつ倒せる
弱点は攻撃力が少し不足で、すぐ敵を倒すことが難しいこと。


『機動力や敏捷性重視。要するに囮役』
【運動家(盗賊?or忍者?)】初心者向き
 専 門:運動 
 副専門:投擲体力強化

逃げる専門の職業だ。機動性高い、低い屋根は一躍で上れる。
タイマンでも対多数でも、瞬殺しなければ普通は生きて帰る。
弱点は戦闘能力は高くないことだが、偵察や囮にするのは最適だ。

生命力(HP)の伸びがNo.1のため罠師に向いている。
スキルリセットをしてステルス+罠設置を覚えれば罠師完成。
実は、罠pkerの大半がスキルリセットをして運動家→罠師へ転身した奴。


『回復補助タイプ』
【醫學生(医学生)】中級者向き 金がかかる
 専 門:外傷医療
 副専門:麻酔感染

救助専門の職業だ。市区で回復できる職業はそれしか居ない以外、
戦闘中でも麻酔針で敵を無力化できるし、支援でも自衛でもできる。

弱点は防御が弱くて生命力が低いこと。
混戦なら最初で倒される可能性が高い。


『罠師。トラップマスター』
【工程師(エンジニア)】上級者向き 金もかかるし活躍もしにくい
 専 門:ワナ爆弾
 副専門:音波攻撃

ワナ専門の職業だ。相手と直接対面する必要なく、ただワナを仕掛ければ獲物を待つだけ。
更に音波でチームを強化できる以上、敵の戦力を弱化することもできる。
弱点は敵がワナを踏むまで時間がかかること。



と、ここまで紹介したが

実は本職が何かに限らずどの職のスキルも覚えられる。
北斗神拳を使いたいならボクサーを選ばなければならない、ということではない。
本職剣道でもボクサースキルを覚えれば本職ボクサーと同じように北斗神拳が使える。
しかしネトゲなのでそこに至るまでの道のりは相応に険しい。
それを乗り越えられれば究極的には本職の違いはステータス倍率の差だけしかない。
今のところ本職は攻撃力の伸びが一番いい剣道が圧倒的に人気。次点で罠PK用の運動。


育成例

末日で多い育成方針をいくらかご紹介

『本職:剣道家/スキル構成:剣道+医者+ステルス+警用or極悪+その他』
  • 通常攻撃重視
剣道で他職の有用なスキルも使う型。
元々高い剣の攻撃力に剣心の上昇効果ものせられるので数値上の攻撃力はボクサー型より相当上。
攻撃スキルに頼らないので断頭を狙いやすい。装備も剣の方が多く出回っている。
※性別が女だと金剛剣心が使えないので不利


『本職:剣道家/スキル構成:ボクサー+医者+ステルス+警用or極悪+その他』
  • スキル攻撃重視
ボクサーで他職の有用なスキルも使う型。
北斗の圧倒的性能のおかげで瞬間火力が非常に高い上に対人ならスタンまでとれる。間接打撃による拘束も強力。
ただし北斗は詠唱が若干長く潰されやすいので強さを発揮できない状況も多い。


『本職:剣道家/スキル構成:剣道+ボクサー+医者+ステルス+警用or極悪+その他』
  • ロマン重視
剣とナックルの両方を使う二刀流型。
武器を持ち替えても能力上昇効果が続く仕様を利用して無理矢理ボクサーで剣道の、剣道でボクサーのバフスキルも使う。
他に取るスキルの選択肢を相当狭めてしまう上に操作も煩雑で装備を落とすリスクまで付きまとう。
でも剣心→北斗とか超強いらしい。どちらかを重視するのも本当に二刀流を使い分けるのもいいね。かっこいいし。


『本職:運動家/スキル構成:運動+医者+罠+ステルス』
  • 罠PK特化
完全なPK仕様。
ただしできることは本当にPKとゴミ漁りだけなのでサブにどうぞ。


その他色々考えて自分なりに育成してみよう
こちらも参考に↓
テンプレスキル構成

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。