申請中NPO法人ゆあらいふについて考える
今日 - | 昨日 - | 合計 -


認証された場合



参考情報



縦覧期間中



審査期間中


このwikiが2011/1/19に竹下淳氏によって編集されたときのページ一覧です



認証された場合



参考情報



縦覧期間中










申請書類(オリジナル) > 設立趣旨書(オリジナル)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

特定非営利活動法人ゆあらいふ 設立趣旨書

人生において幸せとは、より自分らしく自分の人生を謳歌する事だと考えます。しかし昨今、政治不信だの、いじ めだの、不景気だのと自分を顧みる機会が希薄になっています。政治に対しては、不平不満ばかりが目に付き、少し でも気に入らなければすぐに世論を持ちだし、政治家を更迭してしまいます。いじめにおいては、相手を自殺に追い 込むことがゲームの様に人壊しを楽しむ風潮がまかり通っています。不景気という事を逆手に利己主義に走る者さえ います。その状況の中、ホームレスは増え、自殺者は急増し、インターネットでは氏素性のわからない事を理由に犯 罪が横行している。その一つ一つの原因を紐解いてみれば、道徳教育の欠落が招いた事だと分かります。国民の3大 義務は、教育・勤労・納税ですが、それさえ果たせば全てがまかり通ると思っている輩も少なくありません。なぜ、 この3つを3大義務としたのか?その根本を問うならば、それは国を保つために必要な3大要素だからです。では、 国を保つとはどういう事なのでしょうか?それは我々が先祖より受けついだ文化と限りある資源を次の世代に残すと いう事です。それこそが我々の最大の義務でしょう。人生一度切り、それを愉しくするのは自分だけでは難しいでし ょう。人は考え悩みそして傷つき成長する葦なのです。そして人間の本性は獣であり、人間が社会に順応するために 必要な理性を保つために必要なものは道徳教育だと考えます。しかし現在道徳教育は軽視され続け、理性を保てない 大人が社会に蔓延し始めました。傷つく事を怖れるあまり相手を傷つけ、それを快楽とするものも現れています。そ んな社会を次の世代に残したいのでしょうか?自分が産まれた理も知らず、悟れず、ただ社会の闇に消えていく、そ んな人生を誰が送りたいのでしょうか?人は生まれ、その時点から死というゴールに向かって歩みます。その誰もが 辿りつくゴールに自分が何を残し、何を気付いたのか。その足跡の深さが人の価値だと我々は考えます。自分が何故 生まれたのか、その理由を知り自分らしく、更に皆が求めている自分として活きる事が生きる喜びだと確信していま す。だから我々は「あなたの人生、もっとあなたらしく」をモットーに一人一人の夢の実現を叶える事を奉仕として 活動する会を結成しました。無限に宇宙は拡大しつつあります。そんな宇宙から見れば、我々の住む地球は点にも満 たないちっぽけな世界です。そして死の世界に比べれば、生とは稀の零に近い時間です。その奇跡の中でそれ以上の 奇跡はないと考えます。出逢いはすべて必然、出逢いの一つ一つを大切にゆあらいふを通して皆が皆の人生の応援を する事で一人一人の夢が叶うと信じています。お年寄りにはもっと活動する場を、こども達には道徳教育を施し、国 境を越え、人種・宗教・国籍・老若男女問わず、皆が笑って、もっと自分らしく活きる社会を作ります。そしてそれ を世界に拡げ、次の世代にこれを託します。これこそが我々の使命と考えます。

平成22年9月8日
氏名 竹下淳
このメニューは,意見書が2011/1/19に編集される前の状態に復元したものです。

更新履歴

取得中です。