※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




β4 YU-RISバグ情報メモ

YU-RISで発生したバグで、対応予定だが長期的に対応できないバグの情報。即効で対応されるバグについては、記述しなくてよいと思われます。が、各人に任せます。
対応を行わないバグ(バグ扱いではなくなったバグ)については、ここでなくTIPSの方に記述して下さい。




未対応の不具合について



ワイド画面ではフルスクリーンの時、縦横の比率が維持されず横伸びになってしまいます。

不具合内容:
 ワイド画面ではフルスクリーンの時、縦横の比率が維持されず横伸びになってしまいます。

現状・対策:
 YU-RIS β5辺りで対応予定になっています。
 それまでは、Windows側(GPUドライバー)の画面設定(例:NVIDAではNVIDAスケーリング設定)またはBIOS設定で対応して下さい。


環境設定(SYSTEMMODE命令)の画面サイズがWindows側(GPUドライバー)で設定できないサイズだと、エラーでYU-RISが起動しません。

不具合内容:
 環境設定(SYSTEMMODE命令)の画面サイズがWindows側(GPUドライバー)、つまりWindowsの個人設定にある「画面の設定」で設定できないサイズだと、エラーでYU-RISが起動しません。

現状・対策:
 YU-RIS β5辺りで対応予定になっています。現状では対応不可能なのでご了承下さい。


CGACTの回転機能で、クリッピング?範囲が画像と同じ枠内のまま、その表示範囲内で画像が回転します。
そのため、その枠をはみ出た画像が隠れてしまい、切れた様になります。

不具合内容:
 CGACTの回転機能で、クリッピング?範囲が画像と同じ枠内のまま、その表示範囲内で画像が回転します。
そのため、その枠をはみ出た画像が隠れてしまい、切れた様になります。

現状・対策:
 一応は修正予定となっていますが、今は技術的な問題で検討中のまま、それ以外の優先的な対応に負われている状況です。


CGACTの回転機能に回転中心座標が必要では?

不具合内容:
 CGACTの回転機能に回転中心座標が必要では?

現状・対策:
 これも上記と同じ状況です。







大幅変更・加筆履歴コメント

名前:
コメント: