唯×律SSまとめwiki SS13出会った期間は浅いかもしれない。

メニュー

合計: -
今日: -
昨日: -






リンク







※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SS13


出会った期間は浅いかもしれない。けど、あたしはりっちゃんが好きなんだ。ううん。愛しているのかもしれない。

でも、この恋はきっと叶わない願いなのだろう。だって、そうでしょ?女の子同士なんて。。叶いっこないよ、りっちゃん。
りっちゃん。切ないよ。

今日は女の子が好きな人にチョコをあげる日。
そう。2月14日バレンタインデー。

りっちゃん、食べてくれると嬉しいな。
などと考えていると後ろからあたしを呼ぶ声が聴こえる。この声、りっちゃんだ!

律「ゆぅーい。おはよっ」

唯「あーりっちゃんおはよ~!あれ?澪ちゃんはいないの?」

律「ああ。澪か。澪は調子悪いらしくてな・・・。これたら来るってさ」

唯「そっかー。心配だね」

律「全然心配してるようには聞こえないぞ・・・・。まあ、澪だもんな。大丈夫だろう。うん」

昼休み

和「唯、これ。あげる」

唯「わーありがと!何これー?」

和「ん?チョコよ。今日バレンタインデーでしょ?友チョコってやつよ」

あ、そっか。そう取られちゃうかもしれないんだ。
「好き」とかじゃなくて、「友達」だからチョコをあげる。そう、受け取られるのかな・・・。りっちゃん。

和「どっどうしたの唯!」

唯「え?どうしたって何が?」

和「あんた泣いてるじゃない」

あっ、ホントだ。涙出てる。あたしりっちゃんを思っただけで、こんなにも。

唯「ううん、何でもないよ。欠伸しただけだよ。ほら、欠伸したら涙出ちゃうじゃん。それだよ。うん」

和「・・・・そう。なら大丈夫ね。でも、何か悩みがあるなら言ってね。いつでも相談乗るから」

唯「うん。そうする。ありがとね」

和ちゃんには今の嘘は通用しなかったようだ。和ちゃんにはバレバレだな。
でも、あたしの悩みは言えない。・・・・・絶対に。

あたしはどうしたらいいのだろうか。りっちゃんを思うだけで胸が温かくなるのと同時に、ひどく悲しくもなる。

だってそうでしょ?りっちゃんを思う気持ちは本物。偽りのない純粋な愛。

でも、いくら思っても、こころの内では悲しい恋であることは分かっている。

昼休みが終わり午後の授業が始まったが、まったくと言っていいほど頭になにも入らなかった。

放課後

律「おぅ唯!やっと来たか!」

唯「どうしたのりっちゃん?」

律「いやな。さっき澪から、今日無理そう。ってメールが来てよー。んでムギはムギで、今日は用事があるから行けないって言われてさ。そこにおまえが来たんだよ」

唯「そうなんだー。あ、じゃあお茶でも淹れる?」

律「淹れよっか。・・・あ、ちょっとまて。あたしが淹れるから唯は座ってな」

唯「はーい」

あ・・・あたし。りっちゃんが淹れたお茶を飲むんだ。かっ考えただけで顔が熱い。

律「んー?どうしたんだ唯?顔が赤いぞ、熱でもあるのか」

ぴとっ。と、りっちゃんがあたしの額に手を置いた。
あたしは喜びのあまり一瞬息が詰まってしまった。
どくんどくん。といつにもに増して胸の鼓動が聞こえる。

律「熱はないみたいだけど。体は大丈夫か?」

唯「う。うん全然平気だよ!」

りっちゃんには聞こえてなかったみたい。良かったー。

律「でも、お菓子ないとちょっと辛いなー。腹減っちまったよ」

唯「あ!あたしりっちゃんにチョコを作ってきたんだ!」

律「ほんとか!ん。でもなんで?」

唯「今日バレンタインじゃん。だからチョコ作ってきたんだけど。迷惑だったかな?」

律「全然そんなことないぞ。めちゃくちゃ嬉しいぞ。あーでも。あたし何もないぞ?いいのか?」

唯「うん。全然気にしないで。食べて食べてー」

律「食べるからそんなに急かすなよ」

律「おっ!美味いなこれは。本当に唯が作ったのか?」

唯「ひどーいりっちゃん。あたしが作ったんだよー?憂に作り方教えてもらってー、あ、でも少し憂にも手伝ってもらったけどさ」

律「そうか、本当にありがとうな」

律「でも何でバレンタインなのにあたしにチョコをくれたんだ?普通好きな人にあげるもんだろ?」

そっそれは。りっちゃんを愛してるから。何て言えないな

唯「え?あたしはりっちゃんが好きだよ?だからあげたんだけど」

そう「好き」大好き。愛してる。今日なら言える気がしたんだけどな。あたしの弱虫。

律「そ。そうか」

それからはりっちゃんと下校時間までずっとお話ししていた。

帰り道

律「なあー唯ぃー。空見てみろよ」

唯「んー?」

ふと目を空に向けると星々が輝いていた。

唯「うわあー。綺麗だねりっちゃん!」

律「ああ。綺麗だ」

今なら言える気がする。星たちも応援してくれてるような気がした。
もう言ってしまおう。この気持ちが君に届きますように。

唯「りっりっちゃん」

律「んー。どしたー」

唯「あ。あのね、あたし部室でりっちゃんのこと好き。って言ったでしょ?」

律「言ってたな」

唯「あっあたし本当はね。言うのが恥ずかしいんだけど、本当はりっちゃんのこと愛してr

律「それ以上何も言うな」

そういうとりっちゃんはあたしの両肩を掴み、顔を近づけてきた。

一瞬。何が起こったのかわからなかった。
キス。そう、あたしはりっちゃんにキスされたのだ。

唯「り、りっちゃん?」

律「あたしはな唯、ずっとお前を愛していた。唯のことを思うだけで胸が一杯になって、夜も寝られないことなんてしょっちゅうだった」

律「今日だってそうだ。お前と二人で話せて心の底から嬉しかった」

唯「りっちゃん。あたしだってそうだよ?でもきっと無理だと思って諦めようとした。でも諦めきれなくて・・・・」

唯「はは、何だろ。今とってもあったかくて優しい気持ちになってる」

律「あたしもだよ」

そういうとまた二人で唇を合わせた。

まだ微かに残ったチョコの味とりっちゃんの唾液が、あたしの口を犯していく。

その帰り道、別れるところまで恋人のように手を繋ぎ帰った。


あ!そうそう。あたしはりっちゃんと付き合うことになりました。
でもこれは皆には内緒。二人だけのヒミツ。

これからもずっと一緒にいようね。りっちゃん!

おう!あたしたちはずっっっと一緒だ!


お終い。