唯×律SSまとめwiki SS29唯「りっちゃん」

メニュー

合計: -
今日: -
昨日: -






リンク








※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SS29


唯「りっちゃん」

律「ん?」

唯「みんな遅いねえ」

律「そうだな。遅いな」

唯「何してるんだろうね」

律「掃除当番だって言ってたし、掃除してんじゃないのか?」

唯「だよね」

律「うん」

唯「りっちゃん」

律「ん?」

唯「ちょっと眠い」

律「じゃあ、みんなが来るまで寝てるか?」

唯「うん。肩借りていい?」

律「ちゃんと返してくれよな?」

唯「どうかな?」

律「こらこら。…ま、肩じゃ寝にくいだろうから膝を貸してやるよ」

唯「いいの?返さないよ?」

律「それは困るな」

唯「ふふっ、冗談だよ。借りるね」

律「ああ。みんな揃ったら起こすよ」

唯「ありがとう」

律「おやすみ」






律「……い……唯」

唯「ふぁ…?」

律「唯、起きろ。みんな来たぞ」

唯「あれ?……あ、ホントだー」

澪「唯は本当に寝るのが好きだな」

唯「む。それは違うよ澪ちゃん」

澪「何が違うんだ?」

唯「私は授業で体力を使い果たしたから、こうやって放課後にちょっと寝て回復してるのだよ。だから別に寝るのが好きなわけじゃ…」

澪「授業中にも眠っていたのに体力を消耗していたのか。器用だな」

唯「褒めるなよ~、照れるじゃないか」

梓「それ褒めてませんよ」

唯「あ!あずにゃーん!」

梓「あれ?先輩、今日はヘアピンしてないんですね」

唯「さり気なく避けられた!…って、ヘアピン?」

紬「唯ちゃん、はい、鏡」

唯「ありがとームギちゃん。どれどれ……?うん?」

澪「ヘアピンしてないのも似合ってるな」

唯「えー?チャームポイントなのにー。でも、寝る前はつけてたんだけどなあ。落ちたかな」

律「ごめん。私」

唯「え?」

律「あんまり気持ち良さそうに眠ってたからさ。ほら」

唯「あ、ヘアピン。りっちゃんが取ったの?」

律「うん。顔に当たって傷でもついたら大変だろ?」

唯「…あ、ありがとう」

律「ん」

梓「では、練習を…」

紬「唯ちゃんも起きたし、お茶にしましょうか」

唯「さんせーい!」

律「お茶ー!お菓子ー!」

澪「練習だろ!」

梓「そ、そうです!練習です!」

律「あれー?二人はいらないのか?」

澪・梓「う…」

唯「んもう、仕方ないなあ。もったいないから私が代わりに…」

澪「だ、駄目だ!」

梓「そこまで言うなら、い、いただきます…」

律「素直じゃないなー」

部活終了!

梓「……結局、お茶飲んでお菓子食べてお話するだけで終わってしまった…」

唯「あずにゃんが一番お茶のおかわりしてたねー」

梓「……」

紬「じゃあ、私達はここで」

律「ああ。……澪」

澪「ん?」

律「私、親に買い物頼まれてるからさ。唯たちの方向に行くんだ。だからここからは一人で帰ってくれないか?」

澪「付き合ってもいいぞ?」

律「大丈夫だって。それに最近暗くなるの早いから、澪は帰ったほうがいいだろ」

澪「ぐ……、わ、わかった…」

律「また明日な」

澪「ああ」

紬「なんだか心配ね…」

梓「澪先輩、送りましょうか?私、ちょっとなら遠回りしても大丈夫ですから」

澪「う、うん…頼む」

唯「あはは、お願いねあずにゃん」

梓「はい。それでは失礼します」

紬「また明日」

律「じゃーなー」




紬「私は駅だから、こっちね」

唯「ムギちゃん、ばいばーい」

紬「ええ」

律「じゃ、私らも行くか」

唯「うん。……ねえ、買い物って嘘でしょ?」

律「何で?」

唯「本当に買い物なら、怖いのがダメな澪ちゃんは逆に連れて行くと思うんだ。家が近いから送ってあげることだってできるし」

律「……鋭いな。でも買い物頼まれてるのは本当だぞ」

唯「そうなの?」

律「澪に一人で帰るように言ったら、心配した梓が送ってくれるかと思ったんだよ。確率は低かったけど」

唯「で、送ってくれた」

律「うん。それから、ムギは電車通学だから駅に着けばムギは抜ける」

唯「そうだね」

律「それで、ようやく唯と二人きりになれる」

唯「……部室で二人きりだったじゃん」

律「あれは後でみんなが来るって分かってたからな。今みたいに完全に邪魔が入らないようにしたかったんだよ」

唯「……」

律「買い物、付き合ってくれるか?」

唯「……うん」

律「へへっ、サンキュ」




唯「もー、帰ってすぐ電話しようかと思ってたのに」

律「電話よりも実際に二人きりのほうがいいだろ。ほら、手」

唯「ん」

律「さみーな」

唯「そうだねえ」

律「寒いからしりとりしようぜ」

唯「寒いのとしりとりは関係ないんじゃない?」

律「なんかふと浮かんだんだよ」

唯「そっか。いいよー」

律「じゃ、しりとりの「り」からな」

唯「りんご」

律「極楽鳥」

唯「えっ(何でいきなり極楽鳥…)」

律「「う」だぞ」

唯「う、ウサギ」

律「ギネス」

唯「スイカ」

律「カメ(そういやトンちゃんにエサやったっけ?)」

唯「目玉焼き」

律「黄色」

唯「ろ…?ろ……ロウソク」

律「車」

唯「枕」

律「ランドセル」

唯「ルービックキューブ」

律「んー……、ブランド」

唯「ドーナツ」

律「机」

唯「鉛筆」

律「月」

唯「キス」

律「……っ」

唯「「す」だよ、りっちゃん」

律「あ、ああ…。す、スイカ」

唯「それ言った」

律「あ……」

唯「はいりっちゃんの負けー」

律「くそーっ」

唯「ふふっ。じゃあ私の言うこと、一つ聞いてね?」

律「え?そんな勝負してたか?」

唯「負けたんだから言いっこなし」

律「う、な、なんだよ…」

唯「キス、して」

律「はあっ!?」

唯「してよー」

律「できないって!」

唯「えー?付き合ってるのに?」

律「も、物事には順序というものがあってだな」

唯「告白した、付き合い始めた、手を繋いだ、デートをした。その次でキス以外ってある?」

律「……えと…」

唯「そろそろ覚悟決めなって。もう待つのは疲れたよ」

律「唯…」

唯「ほら、キスして」

律「……」

唯「はーやーくー。人来ちゃうよ?」

律「で…でも」

唯「……」

律「その…」

唯「……りっちゃん、本当に私が好きなの?」

律「あ、あ、あ、当たり前だ!」

唯「でも、キスしてくれないよね」

律「ごめん…」

唯「3ヶ月だよ?3ヶ月。人にもよるけど、私にとっては長い」

律「ご、ごめん」

唯「手は積極的に繋いでくれるけど、好きって言うのはいつも私から。デートに誘うのも私から」

律「……」

唯「不安になるよ…」

律「唯…」

唯「ねえ、私のこと好き?」

律「…うん」

唯「どのくらい?」

律「誰とも比べられないくらい」

唯「誰にも渡したくない?」

律「うん」

唯「じゃあ、それを証明してよ」

律「え?」

唯「本当に好きって、証明」

律「証明…」

唯「できないなら、りっちゃんの気持ちは信じられな」

チュッ

唯「……」

律「し、したぞ」

唯「……」

律「……」

唯「……」

律「あの、唯…?」

唯「……ほっぺ?」

律「えっ?」

唯「何でほっぺ?」

律「え、あ、あの…」

唯「口じゃないんだ?」

律「な、難易度が高すぎる」

唯「難しくないのになあ」

律「恥ずかしいんだよ…」

唯「もう…。りっちゃんのばか。ヘタレ。キス下手」

律「し、仕方ないだろ。初めてなんだから…」

唯「私だって初めてだよ」

律「じゃあ上手いか下手かなんてわかんないだろ」

唯「わかるよ。ちょっとだけ歯が当たった感じがしたもん」

律「うぐ…」

唯「でも、ありがとう」

律「……うん」

唯「次からはちゃんとしてね?」

律「唯からもしてくれよな?」

チュッ

唯「はい、したよ」

律「ほっぺかよ」

唯「お互い様」

律「む…」

唯「りっちゃんが口にしてくれたら、私も口にするよ」

律「えー」

唯「えー」

律「何で唯が不満そうな顔するんだよ」

唯「りっちゃんが不満そうな顔してることが不満だから」

律「そうかい」

唯「じゃ、買い物行こうか」

律「だな」

唯「手、繋いでね」

律「当たり前。……唯」

唯「なに?」

律「大好きだよ」

唯「私も。大好きだよ」