※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――注意書きを読みましょう

 どこの掲示板でも、「注意書き」というものがあります。
 必ず初めに、これを読みましょう。
 そして、しっかりと守りましょう。
 なぜなら、注意書きというのは、問題が起こることを想定し、そうならないようにするために、作られているのですから。

――ハンドルネームは、他に使われていないものにしましょう

 同じ掲示板内で、すでに使われているハンドルネームは、誤解を招きかねません。
 場合によっては、「成りすまし」として、批判を浴びるかもしれません。
 誤解を招かないためにも、その掲示板内では使われていないハンドルネームを使いましょう。

――初投稿時は、挨拶をしましょう

 みなさん。たとえば、音楽が好きで、音楽学校に途中で編入したとします。
 クラスに入ったとき、無表情、無言で席に座りますか? 違いますよね、自己紹介しますよね?
 ネットの世界だからそうしない、というのはおかしいです。
 初めてのときは、簡単な自己紹介を、最低でも宜しくお願いします、といった言葉を入れましょう。

――自分ひとりでないということ

 当然ですが、掲示板には、他にも利用者がいます。
 そして、その人たちは、年齢も違えば、あなたとは趣味も違うかもしれません。
 こうした空間で過ごす以上、自分だけでないということは、深く理解しなければいけません。

 あなただけの掲示板でない、あなただけの気持ちが尊重されるわけではない、ということです。
 ときには、あなたと価値観が違う人がいるかもしれません。
 しかし、だからといって、あなたの価値観だけで物事を見て批判したら、それはあなたのただの暴言です。

 また、作品に感想を貰えば、社交辞令であっても感謝を伝える。
 これは一見駄目なことにも思えますが、ではあなたは感想を貰い、「お前からはいらねーよ」と言いますか?
 これも現実世界と同じ。現実世界では、社交辞令でも、きちんとお礼を述べるでしょう。
 こうしたことを、深く理解しなければなりません。