※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――呼び捨ては駄目

 「親しき仲にも礼儀あり」という言葉もあるとおり、礼儀は非常に大事です。
 友達だからといって、ネットの中では、○○さん、とつけた方がいいでしょう。
 そして、当然ですが、 見ず知らずの人に呼び捨て は、ありえません。 

――返事を急かさない

 「早く返事下さい」などといった言動は、非常識です。
 相手の方にも生活がある以上、こういう言動は、 自分中心 な考えです。
 焦らず、じっくり待ちましょう。

――必ず感想がもらえるわけではない

 投稿された作品に、必ず感想がもらえるわけではありません。
 見る側にも都合、考え、意思があります。 
 それを理解しましょう。

――ていねいな言葉を使いましょう

 親しい関係で、お互いがOKなら、タメ口で話していることもあります。
 が、基本的には、ていねいな言葉遣いを心がけましょう。
 尊敬語や、謙譲語を使えというわけではありません。丁寧な言葉遣いでいいのです。
 それだけで好感は十分抱けますし、逆に言うと、丁寧な言葉遣いでない人には、好感を抱けません。

――荒らしはスルー

 基本的に、荒らしはスルーです。
 荒らしなんて、反応が欲しくてやっている生物なので、反応しなかったら飽きてやってきません。
 「どうしよう!」ってうろたえたり、「やめてください!」って言ってしまった方が駄目です。
 荒らしを華麗にスルーして、管理人宛掲示板に書き、削除してもらいましょう。

――自己中心にならない

 前のページでも触れましたが、自己中心的な考えはやめましょう。
 「俺はこう考えている。なのにあの人は違うようだ。これは駄目だな」というのは、ただの傲慢です。
 はっきし言いますが、世界はあなた中心に回っていません。僕中心にも回っていません。
 自分の考えと違うから、ってのは、 駄目な理由には なりません。
 何故違うのだろう、そこを議論し、なるほどと納得するのは、美しい姿だと思います。
 しかし、何故違うのだろう駄目だな、と理解もせずに否定するのは、やめましょう。

――短気は損気

 短気は損気です。イラッときても、まずは冷静に。
 そこで短気なレスをすると、余計話がこじれます。
 自分が全て正しい――その固定観念を捨て、客観的に見ても相手がおかしなことを言っていた場合、大人の態度で議論しましょう。
 どちらかが、もしくは両方が大人になって、問題解決に当たりましょう。