SBD ドーントレス Dauntless



「第二次大戦中、優れた働きをしたといわれる航空機は沢山あるが、ドーントレスはその中でもとくに優れた機体の一つだったと思う。優秀な急降下爆撃機として何一つ欠けるものは無かった。」
(空母サラトガ/ヨークタウン第3爆撃飛行隊隊長 マックウェル・F・レスリー)

太平洋戦争の一大転換点、ミッドウェイ海戦における最大の功労者とも言えるのが、このドーントレスです。
太平洋戦争の全期間を第一線で戦い続けた航空機で、史上最も成功した急降下爆撃機といえます。
型式名SB(Scout-Bomber)からも判るように、偵察と爆撃、両方の任務を与えられて設計されました。
当時としては画期的な全金属製応力外皮構造の機体をもち、スプリット・フラップは、急降下する際に大きく開いてダイブ・ブレーキとなる、頑丈で理想的な急降下爆撃機でした。
急降下爆撃は、通常高度15,000フィートから、ダイブに入り240mphで高度1500~2000フィートまで降下して爆弾を投下した。
ドーントレスは、急降下爆撃機でありながら、操作系が軽く反応が良かった事もあって、戦闘機の撃墜記録も多い。特に珊瑚海海戦ではジョン・レプラ中尉と後席銃手のジョン・リスカ通信士が7機(それぞれ4機と3機)を撃墜している。
1940年5月1日に初飛行、米海軍、海兵隊のみならず米陸軍(A-24バンシー)、ニュージーランド、自由フランス空軍などでも使用されました。

Aces HighにおけるSBD

最も多く使用されたドーントレスは、SBD-3ですが、AHではSBD-5が使用可能です。
残念ながら、AHでは機動部隊の防空火網が激しく、単機による急降下爆撃は降下がほとんとないこともあり、艦艇に対する攻撃は中~重爆撃機による水平爆撃が主流で、本機の出番はほとんどありません。
共通アイコンは「SBD」
+ SBD-5(+ボタンをクリック)


Douglas Sbd Dauntless Dive Bomber Pilot's Flight Manual

第二次大戦のSBDドーントレス―部隊と戦歴 (オスプレイ軍用機シリーズ)

世界の傑作機 No.40 SBDドーントレス,SB2Cヘルダイバー (世界の傑作機 NO. 40)