※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

原案:CHU

機体名:ライノサラス
搭乗者:アルタム・コアドミラ
登場話:本編第十一話

機体構成
+ 頭:MHD-RE/005(SL)
+ コア:CCH-OV-IKS(SL)
+ 腕:CAH-23-XB1(SL)
+ 脚:CLC-D3TA(SL)
+ FCS:AOX-F/ST-6(SL)
+ ジェネレーター:CGP-ROZ(SL)
+ ラジエーター:RGI-KD99(SL)
+ エクステンション:MWEM-R/30(SL)
+ 右背部兵装:MWC-IR./50(SL)
+ 左背部兵装:CWM-TR90-1(SL)
+ 右腕部兵装:CWG-BZ-30R(SL)
+ 左腕部兵装:KSS-SS/863B(SL)
  • 概要
 強固なタンク脚に重量級のコアと腕パーツ、更に実シールドも装備しており、並外れた耐久力と実防御力を誇る。
 火力面でも、軽量だが破壊力は十分のバズーカ、装弾数が強化されたプラズマキャノン、トリプルミサイル+連装リレーションミサイルと、バリエーションに富む高火力兵装が並ぶ。
 重装甲と合わせ「動く要塞」という形容詞にぴったりな機体となっている。
 しかし、その致命的な重量が機動戦闘をほぼ完全に不可能としているため、拠点制圧や防衛以外の作戦には向いていない。
 パイロットの性格を含め、高機動型のACを苦手としている。
+ 詳細
|