※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


OP3「出愛・慣れ愛・競い愛」

シーンプレイヤー:PC2、キョウジ=イサカ
PC1とPC4も自動的に顔見せ登場ですね。描写はシーンプレイヤー中心ですが。

 ※ 今回は誰も転校してきませんが、各自の「日常」を描くシーンです。
 ※ 「秋のクリスマス祭り」のレースで決着をつけよう、との結論が二人の間に成立すればEND

GM:さて。うっとおしい試験期間も終了して。
GM:残された授業日数も数えるほどとなった、そんな猶予のある頃。
GM:早朝、シスター・ソフォーラが来る前の騒がしいクラスの様子から

龍也 :(祭りが近づくにつれ仕事が増えてきたな‥全く嘆かわしい)とか考えながらぼーっとしてます
GM/素子:「ねぇ」 隣の席のキョウジに尋ねる。「‥‥また喧嘩したの?」 キミの頬を示して眉をひそめる。
キョウジ :「あー、ねみぃ」 机に突っ伏して
キョウジ :「喧嘩ぁ?」 誰と? と言う表情で
GM/素子:「‥‥トボけるつもり?」 ジト目。
キョウジ :「‥‥龍也となら、してねえよ」 目をそらす
GM/素子:「べ、別に安藤くんと喧嘩したのか、なんて言ってないよ」
GM/素子:「安藤くん‥‥ごめんね、こいつがまた」
龍也 :「何、いつもの事だ」
GM/素子:「どうせまた、あのゲリラパーの人たちと一緒に騒いでたんでしょ」 懲りないんだから‥‥
龍也 :「確か昨日どっかの馬鹿が無許可でライブをやったとか聞いたな」
キョウジ :「沢山居るから、どの馬鹿のことかわかんねえなぁ」 >龍也にw
龍也 :「そうだな、歌馬鹿なんて沢山いるよな」
キョウジ :「誰が歌馬鹿だよ」 龍也に向き合って
龍也 :「ん、自覚はあったか」>キョウジに返す
キョウジ :「だいたい、何で素子が謝るんだよ」
GM/素子:「私はクラス委員長だもの」
龍也 :「そうだな‥こいつが馬鹿なだけだ」>素子に
GM/素子:「だいたい、キョウジはねぇ。いつもいつも好き勝手にルールを‥‥」 お説教開始。
龍也 :「それに‥なんだ、その‥」

GM/クラスメイト:「あいつら、またやってる」「いつものか。懲りねえなぁ」「もう名物だよねー」
ユッタ/クラスメイト :「早くどっちかがコクっちゃえばいいのにねぇ」聞こえない声
ユッタ/クラスメイト :「え?そういう関係なの?どっちが攻め?」
GM/クラスメイト:「安藤ってさ。委員長狙い?」「見たままだろ」「チャレンジャーだな」
GM/クラスメイト「菱沼、天然だからなぁ」「‥‥俺なら諦めるぜ。あのスルーっぷり」

キョウジ :じゃぁ、説教始まって少ししたら急に立ち上がって
キョウジ :「あー、用事思い出したわ」 と
GM/素子:「ちょっと! どこ行くのよ。授業は?」
キョウジ :「1限目は抜けるって、シスターに伝えといてくれよ」 と言いながら、教室を抜け出して
GM/素子:「‥‥もう。自分勝手なんだから!」
龍也 :「‥」キョウジに視線送り
キョウジ :出口の所で、龍也に合図を
GM:一瞬だけ。二人の視線が交錯した。
龍也 :「‥僕もちょっと出てくる」
GM/素子:「安藤くん?」 えっ、ええっ? 戸惑いw
龍也 :「カモン、ドッペルゲンガー」そういうと席には安藤君2が
GM:コスト0になってる憎いアイツですねw
キョウジ :あれ、サボり俺だけ? (´・ω・`)
龍也 :「ばれたら風紀委員の仕事だって言っておいてくれ、それじゃ」
GM/素子:「安藤くんも、大変よね‥‥」 でも。キョウジのことを見捨てないでいてくれる。優しいなぁ。