※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


キョウジ :で、近くの階段の踊り場で壁にもたれて待ってる
龍也 :「で、わざわざ場所を変えないといけないような用ってなんだ?」
キョウジ :「あー、その何だ‥‥」
キョウジ :「お前も好き、何だよな?」と、ちょっと言い難そうに
龍也 :「生憎そんな趣味は無い」
キョウジ :「何の話だ気色悪い。アレだよ‥‥ 素子、だよ」
GM:そう告げる。彼の表情は。いつもの不敵な様子ではなく‥‥
龍也 :「!?」 名前出されれば動揺しますぜ
龍也 :「‥‥ああ」しばらく溜めて
GM:そう答える。彼の瞳も。真剣だった。

キョウジ :「ストレートに進めば、今年が最後のクリスマスだしさ」
GM:ああ、素子ちゃんは進学希望だからな
キョウジ :「俺はハッキリさせるつもりだ」 お前はどうすんだよ? と言う視線を投げよう。
龍也 :「そうか、頑張れよ」 後ろ向いて。
キョウジ :「おまッ! まさかこのまま終わるつもりかよ!?」と、肩をつかんで振りかえさせる。
龍也 :「だが両方告白してどっちが好き?と聞くわけにもいかんだろう。」
キョウジ :「何でだよ?」
龍也 :「なんで‥ってお前の方が素子と付き合い長いだろうに」
キョウジ :「逃げるのかよ?」
龍也 :「そう言われればそうだろうな」
キョウジ :「良いんだな? 俺と素子が ど ん な 関 係 になったって!?」 強調してw
龍也 :「‥‥っ!?」
キョウジ :「いいんだな?」
龍也 :「‥‥」しばらく沈黙して
キョウジ :「それで、後悔しないのかよ?」 ちょっと真顔で
龍也 :「‥‥やはり貴様のような奴には任せられん。」

キョウジ/校内放送 :『全校生徒の皆さんにお知らせします』
キョウジ/校内放送 :『本日より“秋のクリスマス祭り・スピードスターレース”の参加受付を開始いたします』
キョウジ/校内放送 :『参加希望の生徒さんは‥‥』

キョウジ :で、その放送を聴いて
キョウジ :「‥‥そういや、いつもの追いかけっこの決着もまだだよな」
キョウジ :「この際、纏めてケリつけようぜ」
龍也 :「‥‥いいだろう」
キョウジ :「勝った方が先に素子に告白する」
龍也 :「先に、か」 勝負を受けよう。「まあいいだろう」
龍也 :(告白か。‥‥考えた事も無かったが、腹をくくるか)
キョウジ :(ったく、何で勝負なんて持ちかけてんだ、俺?!)

シスター :「ハーイ、オフタリトモドウシマシタカー」
シスター :「ホームルームを始めマスヨー」
キョウジ :ビクッ! っとして振り向く
龍也 :「‥しまった」
キョウジ :「せ、先生、今の聞いて‥‥」 汗
シスター :「ダカラ、ハヤク教室に戻ってください‥‥ネ」(ギラリ
キョウジ :「りょ、了解ッ!」 駆け足で教室に戻る。
龍也 :「‥‥」無言で教室に向かう

シスター :「ハーイ!ニポンノミナチン、コンニチハー!委員長さん、アイサツお願いしマッス!」
GM/素子:「きりーつっ!」 困惑しつつ。少年たちの様子を心配している。

シーンEND