※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ED2「鬼神飛翔」

シーンプレーヤー:フィリオ 他PCは任意登場可。
フィリオ: ‥‥なぁ、ツッコミ入れていいのか、そのシーンタイトルw
GM:今回のシナリオでは某神話体系で統一してますから!(一同笑)w


 結局、村長はキミ達に平謝りして、謝罪と感謝の意を示した。
村人たちもキミたちを歓迎する宴を開き、村を挙げて食事と酒が振舞われた。

フィリオ: よしよし、待ってました!w
GM:ちなみにメニューは大半がイカの料理w
フィリオ: ‥‥流石はオリジン人。たくましいなぁ!w
セルマ: から揚げ、天ぷら、イカ刺し、イカ飯、イカすみパスタ、
セルマ: イカソウメン、イカ団子、イカのあぶり、イカ鍋‥‥
アイシャ: ついにイカソウメンが芋煮会の鍋に入れられて運ばれてきました!w
直: あー食べたくなってきたw

フィリオ: 「ふごふがほごふぐっ!」 ひたすらむさぼり喰う!飲む!はしゃぐ!w
フィリオ: 「ぷはーっ! グラッチェグラッチェ!」
アイシャ: 無表情にお皿を積み上げている。
直: 隅っこで部下の整備兵にジュース注いでもらってる。寂しそうに。
フィリオ: 「おお、なおちゃ~ん」 すっかり酔っぱらい。手をブンブン振り回して。
フィリオ: 「たーんと食べて大きくなってさ、早くナ~イスバディになってくれよーぅ?」w

 料理を手に、アンナが近寄ってきた。

GM/アンナ:フフッ。「フィリオさん。お替わり、要ります?」
フィリオ: 「お、アンナか。しっかり喰ってるかぁ~? ひっく」 傍らの彼女に。
フィリオ: 「どうしたぁ? 元気ないぞー?」 彼女の頬をつんつんw
GM/アンナ:「いや。その‥‥」 ちょっと恥ずかしそうに。
GM/アンナ:「よく生きて帰れたなあ。と思ってしまって」

 今にも泣き出しそうな、力ない笑顔。
――あの事件が彼女の心に落とした影は、深い。

フィリオ: 「ほれ、あーん!」 アンナに一口サイズの魚料理(?)を差出。
GM/アンナ:「あ」 もぐもぐ。「‥‥ありがとうございます」
フィリオ: 「なぁ」 許可なく勝手に彼女の栗色の長髪を撫でながら。
GM/アンナ:「はい。なんでしょう?」
フィリオ: 「アンナの母さんって‥‥ どんな人だったんだ?」 優しく微笑み。
GM/アンナ:「お母さんですか?」 口元に指を当てて思いだす。
GM/アンナ:「‥‥優しくて、かっこよくて、とっても強い人でした」 にっこり。
フィリオ: 「そうか」 あのヘタレ村長に嫁いだ後も、元気にやってたんだな‥‥ 
GM/アンナ:「お父さんは尻に敷かれっぱなしでした」

GM/アンナ:「‥‥えと、わたしのお母さんが、何か?」 きょとん。
フィリオ: 「いや」 肩をすくめて。
フィリオ: 「あの村長からアンナみたいな可愛い娘が生まれるなんてな」
フィリオ: 「さぞや嫁さんは奇麗なヒトだったんだろうなぁ‥‥って思ってさ」 いっしっし!w
フィリオ: 下品な笑みを浮かべる。
GM/アンナ:「むぅ」 ちょっと頬をふくらませ。
GM/アンナ:「うちのお父さんも、優しい人なんですよ? ‥‥さっきまでは少しおかしかっただけで」
セルマ: 今回のシナリオで一番怖かったですよ?!w
GM:うん。アレは怪物とかとは別次元の恐怖だよねw

フィリオ: 「ま、いっか」 ゲソを喰い散らかしながら。
フィリオ: 「さぁ、喰おうぜ! アンナだって今夜の主役なんだ」
フィリオ: 「裏方ばかりじゃなくてさ。‥‥俺たちと一緒に祝おうぜ!」
GM/アンナ:「‥はい!」 満面の笑みだ!
フィリオ: 彼女とグラスを重ねる。
GM/アンナ:微笑みながら、おずおずとそれに合わせる。

 それは。もう彼女の未来には何の翳りもないと。そう信じられる微笑みだった。

フィリオ: 静かにグラスを傾ける。‥‥シルマ。約束は護ったぜ。
GM:なんかいい感じだw
フィリオ: 特に何もないなら、フェードアウトして時間経過するよ?w
GM:朝チュンですね。わかりますw
GM:チャーラーラーララッチャッチャーン♪(DQで一晩経った後の効果音)
直: 初代か‥‥w

 ゆっくりと宴の夜は更けていく。
優しい時間が2人の間を通り過ぎていく‥‥

 ** ** ** 

フィリオ: 「さて」 深夜。月夜を見上げながら。旅立つ準備を済ませる。
フィリオ: アンナが眠る寝室に、一瞬だけ優しい眼差しを向けて。廊下を歩き出す。
GM:皆が寝静まって、静かになった時分。フィリオはそっと村長の家を抜け出した‥‥
アイシャ: 「行くのかい?」 家の外壁に背を預けながら。声をかける。
フィリオ: 感謝!(サムズアップ)w

 彼女の声に少し肩をすくめ、フィリオは歩みを止めた。
そのまま振り返らず。瞳を閉ざし。‥‥言葉を返す。

フィリオ: 「ああ。あんまり居心地が良すぎて、ついつい時間オーバーしちまったけどな」
フィリオ: 「そろそろ“フィリオ=ロッシ”を続けるのも限界だ」
アイシャ: 「いいじゃないか」 ゆっくり近づく。
アイシャ: 「『久しぶり』なんだろう? こういうのも」

 告げられた言葉に、彼の気配が変化する。まるで別人のように。

フィリオ: 「‥‥“オリジナル”のフィリオは今夜みたいな騒ぎが大好きでな」
フィリオ: 「そいつを俺も味わってみたかったんだよ」
フィリオ: 「やるんじゃなかったぜ。おかげで未練たらたらだ」 鼻先をこすりつつ。苦笑い。
アイシャ: 「ならそのまま‥‥ 貫き通すのもいいと思うけどね?」

 アイシャの言葉に。彼は満天の星空を見上げる。

アイシャ: 「ボクからいえることはひとつだけ‥‥」
アイシャ: 「ボクにとって“フィリオ=ロッシ”は、その“オリジナル”とやらじゃない」
アイシャ: 「君のことだ」
フィリオ: 「‥‥美人さんに口説かれるってのは、悪くないね」
フィリオ: 「だが。まだ“アレ”は滅びちゃいない。‥‥同類だからな。判るのさ」

 ようやく彼は振り返る。決意の光を宿した瞳でアイシャを見つめる。

アイシャ: 「だろうね。‥‥やれやれ、自分で背負いこもうと思ってるんじゃないだろうね?」
フィリオ: 「そんなにカッコイイ男に見えるかぃ?」 にやにや
アイシャ: 「見えるね。少なくともボクには」

 彼はポリポリと鼻先を掻きながら照れ笑いを浮かべた。

フィリオ: 「声が、聞こえたんだよ」
アイシャ: 「‥‥声?」

 思いだす。

 かつて“フィリオ=ロッシ”と共に飲み込まれた次元の狭間。どこまでも広がる闇の中。
 なにもかもが解けて、ゆっくりと始源(プロパテール)へと還元されていく場所。
海であり、空であり、世界の全てであり‥‥ そして何もない、あの虚無の空間。

 圧迫感に胸を塞がれ。腕を動かしても何もつかめず。
ひたすらにどこまでもどこまでも落ちていく、あの喪失感。
寂寥の思いを語る相手すらいない、完全なる無の世界。
そこが夢だと知覚できているのに‥‥ 決して覚めることのない悪夢。

 魂の境界すら失われ。“フィリオ”と自身の記憶が混じり合う。彼の全てが流れ込んでくる。
いつしか‥‥ 彼の記憶に焼きついた、その想い‥‥ フレアの輝きから目を逸らせなくなっていた。
“フィリオ”の在り方に魅せられた。憧れ。焦がれ。そして。彼が失われたことに絶望した。

フィリオ: 「‥‥終わりの地。滅びさえも滅びる、あの次元の狭間に」
フィリオ: 「アンナタールの声が。助けを求める声が届いた」
フィリオ: 「そして“俺”は目覚めたんだ」

 “フィリオ=ロッシ”はもう居ない。ここに在るのは、ただ彼を真似た贋作でしかない。
だが‥‥“フィリオ”が愛したオリジンが。彼の愛した人々が。彼の抱いた夢が。まだ遺されている。

フィリオ: 「彼女の笑顔を護ると決めた。‥‥だから行くのさ」 へへっ。
アイシャ: 「‥‥なるほど。まあ、無理に止めるつもりは無いけど」
アイシャ: 「経験から言わせてもらえば。彼女に一言告げておいたほうが良いと思うよ?」
フィリオ: 「俺も、そう思うよ」
フィリオ: 「だが“フィリオ”だからな。可哀想だが仕方ないさ」 肩をすくめて。
アイシャ: 「そうか‥‥まあ、何か困ったときはボクに連絡をくれ。可能なら助けてあげよう」
フィリオ: 「ああ。頼りにしてるぜ!」 いやホント!w
フィリオ: 「んじゃ、そろそろいくよ。見送りサンキュな」
フィリオ: 「‥‥セルマやなおちゃん達にもよろしく言っといてくれ」
フィリオ: 不器用なウィンクをして「チャオ」 にかっと笑い。立ち去る。
フィリオ: 《ヤルダバオト》使用! 一迅の風が吹く。
フィリオ: アイシャさんが一瞬だけ目を逸らした、その隙に! 俺の姿は消えている!
アイシャ: ボクが彼の姿を見たのは。それが最後だった‥‥

シーンEND

フィリオ: ED、ちょっと長引いちゃった。ごめんね!w
アイシャ: よし、やりたい個別EDの前ふりにもなったw
フィリオ: 御協力感謝! アイシャさん本当にありがとー!w
GM:いあいあ。濃厚なシーンなのに、GMは楽で感謝してますw

GM:さて。次は直かセルマのエンディングですね。
セルマ: ん? アイシャさんがやりたいEDがあるのでは?
フィリオ: アイシャさん最後希望らしいので。
セルマ: ふむ、では直さんお先にどーぞ。ネタ考え中なので。
GM:了解。
直: うぃー。
GM:曹操さんから怒られる方向になりそうだけど、
GM:なんか細かい情景の希望とか、ある?
フィリオ: 逆ギレも面白いかもな?w
直: いや、素直に怒られるのですよ。
直: 細かいのはないのです。
GM:了解。