※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


OP3「潜入任務」

シーンプレイヤー:PC2、獅藤暝(シドウ・メイ)
他のPCは登場不可。

 ※ 回想シーンです。VF団から「秘密を探れ」と命令を受けます。ドアから出たらシーンEND

 ぎちぎちぎち。カカカカカ。
異音が闇の中に響き渡る。誰かの悲鳴。
そして、ひとつの任務が終了した――

GM/VF上司:『では、次の任務だ』
GM/VF上司:休息する暇も与えず、キミへと冷酷に言い放つ。
GM/VF上司:『この地図にあるポイントQ‥‥通称“聖帝女学院”に赴き、』
GM/VF上司:『隠された秘宝の在処を探り出し、VF団の元へ持ち帰ること』
GM/VF上司:『なお、現地では生徒として潜入活動を行うこと。これは極秘任務である』
GM/VF上司:『VF団の関与は知られてはならぬ』
獅藤暝:「了解しました」
GM/VF上司:『バックアップは月に1度。ただし、外部からの接触が困難な場所であるため、』
GM/VF上司:『おまえが自身の手で外部への脱出を果たし、再び現地に復帰する必要がある』
GM/VF上司:『何か質問はあるか』
獅藤暝:「邪魔者は排除してもかまいませんね?」
GM/VF上司:『任務の秘匿性を損ねない範囲ならば、現地の判断で対処せよ』
GM/VF上司:『なお、ターゲットについての詳細は不明だ。あの大魔導師J.P.アルマに縁の品らしいが』
GM/VF上司:『‥‥まぁ、しばしの骨休みだと思っておけ』 にやり。
獅藤暝:「そうか。じゃあさっそく邪魔者を排除するとしよう」と眼帯に手をかける
GM/VF上司:『おまえの兵器としての有用性は誰も疑わないが‥‥』と油断しつつ、背を向ける。
GM/VF上司:『情緒面の不安定さについては、Dr.達からも今回の任務で‥‥』
獅藤暝:「アンタだよ。クソ上司」と後ろから抱きつき、嘴で目をついばむ
GM/VF上司:『な、が‥‥ぐあーーーっ?!』
GM:静寂。ぽたり、ぽたりと小さな水音。
獅藤暝:「エキストラにはご退場願おう。私のシナリオにはもう必要ない」

GM:よし。ではシーンENDしておこうか。
GM:何かやっておきたいことあります?
獅藤暝:《謎の後援者》をつかいたいですー
GM:どぞー。何をゲトしたか宣言よろしく
獅藤暝:[内なる無限の世界:愚者]相当のフレア増幅装置をVF上司から奪い取った体で
GM:OK!

シーンEND