• 本名:ジョナサン・ジョースター
    • 国籍:パンドラ
    • 愛馬:スロー・ダンサー(11歳、アパルーサ)
    Part7の主人公。ゼッケン番号?-939。元一流騎手。19歳。ケンタッキー州生まれで、幼い頃にイギリスに住んでいたことがある。本名はPart1の主人公ジョナサン・ジョースターと全く同じだが、劇中では通称の「ジョニー」で呼ばれることが多い。なお、第1ステージでの雑誌掲載時には「ジョニィ」と表記されており、単行本第1巻までは“ジョニィ・ジョースター”という名前になっている。ジョニーは競馬界で有名になっていくうちに高慢な性格になっていったが、その性格のせいでトラブルを起こし銃撃を受け、下半身不随となる。その後の彼は後悔と失意に満ちた人生を送り、過去の経験から「見えない宿命に縛られている」考え方を持っていたが、スティール・ボール・ランのスタート地点で、レースに参加する謎の男ジャイロ・ツェペリと出会う。その際、彼が使う「謎の鉄球」の「回転」の余波を受け微かに脚が動いたことから生きる希望を見出し、その秘密を知るために急遽レースに参加。その後もジャイロとは協力関係という形で行動を共にしている。レース序盤に「悪魔の手のひら」に遭遇し「遺体」に取り憑かれ、スタンド能力を身に付ける。次々と襲いかかるテロリスト達の目的が「遺体」の回収であることを知り、ジョニー自らも「遺体」の収集を決意する。終盤ジャイロと共にお互いの秘密を打ち明けあった時に虫刺されフェチ(女性が虫に刺され、腫れ上がった皮膚に興奮する)である事を明かした。その後、大統領との決戦でジャイロと死別するも、遺志を受け継いでスタンドを進化させ大統領に勝利する。そして遺体の影響か、ついに自らの両足で立ち、歩く事が出来るようになった。しかし敗北を悟った大統領がスタンド能力により連れてきた、平行世界の「時を止める」ディエゴに遺体を奪われ、取り戻すために最後の戦いに身を投じる。しかしディエゴの自らを犠牲にした機転によりACT4の回転を自分自身に受けてしまい敗北。危うく消滅する寸前でスティールに助けられる。その後(ジャイロと思われる)『遺体』を故郷へ連れて帰った。なお馬のスロー・ダンサーに対し作中では老馬との注釈があるが、馬の寿命は30を超える。11歳という馬齢エンデュランス馬術競技用の馬としては普通である。
    タスク(牙)
    自身の爪を高速に回転させて、弾丸のように発射したり、物体を切り裂くスタンド。ジョニーがジャイロから回転の極意を学んだ事によりスタンド像が成長し人形のよう姿(ACT1)から、やがて人型(ACT4)へと変化していった。このスタンド像は「チュミーン」と鳴き声のようなものを発する。当初は遺体が無ければスタンド能力が使えなかったが、成長によるものか全ての遺体を取られても能力を使えるようになった。またPart4に登場する広瀬康一のエコーズのように成長前のACTを使い分けることができる。スタンドが発現した際にジョニーが「これはもはや爪ではない」と語り牙(タスク)と命名したが、作中では「爪弾」などの呼称もあり単行本22巻におけるスタンドの説明では「爪(タスク)」と表記されている。
    ACT1
    指の爪を回転することによってエネルギーを得て爪を弾丸のように飛ばす。
    ACT2
    黄金長方形」から見出した「黄金の回転」の軌跡で爪を回転させる事で、撃った爪弾の弾痕が自動的に目標を追尾して破壊する。この自動追尾の弾痕はヴァレンタインの能力で隣の世界に移動させる事はできず、確実に目標を攻撃するまで回転が持続する。ただし、ACT1と違って弾数に制限があり、両手の指の数である10発を撃ち尽くすと、新たな爪が再生するまで待たねばならない(ハーブを摂取すると爪の再生が早くなり、カモミールを混ぜるとより効果的になる)。
    ACT3
    ACT2の能力で自身を撃つことによって自身の肉体を弾痕の回転に巻き込み、巻き込んだ肉体を別の弾痕から出すことが出来る。弾痕に入れるのはジョニーのみで、それ以外の物が弾痕に触れると回転のエネルギーによって粉砕される。
    ACT4
    ジョニー自身の回転に加え、馬の走る力で得た回転を合わせることによって無限の回転エネルギーを発し、次元の壁をもこじ開ける。スタンド像は胴体の中央から顔の生えた人型で、拳での戦闘も行うようになった。ラッシュ時の掛け声は、承太郎徐倫と同じく「オラオラ」を連呼する。別次元のディエゴの能力で止まった時の中でも活動することが可能。
    このスタンドで与えたダメージは無限に続き、スタンドラッシュで地面に埋め込まれたヴァレンタインはあらゆる方法で脱出しようとしても無限の回転のエネルギーによって同じ場所に戻され、埋まり続けた。最初に撃ち込んだ回転と全く逆方向の回転を撃ち込むことでのみ、この無限の回転を停止させることができる。
    #comment()