63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/10/11 20:43:10 ID:sgUDktqd0
検見川「候…」(トボトボ)

アスナ「どうした検見川?」

検見川「単刀直入候。最近目立無候!悩候!」

アスナ「ああ…。もう皇帝スサノオできないもんな。」

検見川「当時我最強候。我名轟黒豚鯖全土、皆我褒称候!」

アスナ「…うーん、まあ、お前からスサノオ取ると、その分かりずらい口調しか残らないもんね。」



65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/10/11 20:45:21 ID:sgUDktqd0
ヒュンヒュンヒュンッヒュンッ――――!!


検見川「我如何再栄光取戻最強座輝…」(ブツブツ)

アスナ「検見川!危な――」

検見川「候!?」

ゴチーーーン!!

空の神兵「ああっ!!すみません!!」

アスナ「大変、検見川の頭に巨大なエネマグラが思いっきりぶつかって…」



68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/10/11 20:48:00 ID:sgUDktqd0

空の神兵「ごめんなさい、himarayaさんとの模擬演習が高じてしまって…」

アスナ「…。まあいいか、それより検見川が…」

検見川「候……」(キュー)

空の神兵「大変だ…、検見川さん!起きて!」(パンパン)

アスナ「起きろコラ」(ゲシゲシ)

検見川「そ・・・・候?」

空の神兵「良かった…。」

検見川「貴様達誰候?」

アスナ「え…?これは……もしかして記憶喪失?」

検見川「候?」

空の神兵「どどど、どうしましょう!俺のせいで…」

?「任せなさいですわ!!」



70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/10/11 20:53:01 ID:sgUDktqd0

アスナ「あれは…まりさみ?」

まりさみ「記憶喪失ですのね?」

空の神兵「はい…巨大エネマグラが頭に直撃してしまって…」

まりさみ「………なるほど。でも、例え記憶が無くても…(ゴソゴソ)」

まりさみ「これなら体が覚えているのではなくって!?」(ドーン!!)

アスナ「それは…!スサノオ!」

検見川「候!?」

検見川「・・・・・・・・候?」

空の神兵「駄目みたいっすね…。」

まりさみ「完全に忘れてしまったですのね…。」



72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/10/11 20:55:36 ID:sgUDktqd0

まりさみ「では最終手段ですの。」(ドーン!!)

アスナ「この…いかにも な装置は何?」

まりさみ「いかにも、脳を活発化させ記憶を取り戻す装置ですわ!」

空の神兵「す、すげえ…。じゃあさっそく!」

まりさみ「…セット完了ですわ、ラッキースイッチオン!」(ポチッ)


ビリビリビリビリビリビリ!!!!!

検見川「そそっそそそそそそそそそs候!!!!」


アスナ「ええ…すごい痛がってるように見えるけど、何が起きてるの?」

まりさみ「…少しトんで貰いますわ。」

空の神兵「トぶって…?」

まりさみ「…過去に、ね。」



74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/10/11 20:58:34 ID:sgUDktqd0

―――百合櫻國―――

検見川「そそそそおっそそっそそそ………候?」

乙「うるさいと思ったらお前か、そんなところで候してないで早く進軍しろ」

検見川「(乙殿…?)我頭殴打気失…候?」

乙「ん、何?同じことを言わせるなよ」

検見川「そ、候!」

検見川(此処…過去候?)

ちか「検ちゃん!変態に一斉するから、もう出るよ♪」

検見川(地下殿…今取敢従候)

検見川「御意候!」


75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/10/11 21:02:33 ID:sgUDktqd0

―――変態紳士教団―――

アスナ「あれ、これ百合の一斉来るかな?」

CVゆかな「だね。じゃあ返り討ちにしよう」



乙「…一斉読まれてるな。検見川、お前先陣切って突っ込め」

検見川「我先陣候?…御意候!」(ドドドッ)

ちか(あれ…検ちゃん、今乗ってるのスサノオじゃない…?)

ちか(大変…!あれダクホだ!)

ちか「検ちゃん!ダクホで良いの!?」

検見川「我皇帝スサノオ無敵候!」(ドドドッ)

ちか(ダメだ…!聞こえてない…!)



76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/10/11 21:06:34 ID:sgUDktqd0 [10/14回(PC)

検見川「勝負候!!」(ドドドッ)

アスナ「ん…なんだこの糞低世代は…。ほいよっと」(ズバーーン!!)

検見川「候!?!?!?」(…ドサッ)

検見川「嗚呼…我間違闇馬乗候……」

乙「起きろ、検見川」

検見川「乙殿…此度我失態――」

乙「いや、俺が仕組んだんだ。お前がダクホに乗って進軍するようにな」

検見川「…候!?」



78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/10/11 21:12:38 ID:sgUDktqd0

検見川「我勝率命候!何勝手我勝率泥塗行為否許――!」

乙「まあ聞いてくれ。どうだ、初めて負けた感想は…?」

検見川「…我勝率傷付候。悔候」

乙「そうか、しかしどうだ?ダクホの速さを体感できただろう?」

検見川「確速候…」

乙「スサノオがなくたって、お前は輝ける。そうだな?」

検見川「…候!!」

キュイーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!

80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/10/11 21:15:09 ID:sgUDktqd0

―――現代―――


まりさみ「…完了っと。」

空の神兵「検見川さん…?」

検見川「我…少夢見候。」

アスナ「おお、記憶が戻ったのか、良かった」

検見川「我……未来明候!!」

まりさみ「…あら?記憶の他に、何か余計な物まで持って帰ってきちゃったかしら?」



fin.