ウルカヌスモン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 ウルカヌスモン
【読み方】 うるかぬすもん
【世代】 究極体
【種族】 神人型
【タイプ】 データ
【必殺技】 ボンバーアート
ピンポイントウェポンワークス
アプロプリエートワークス
【所属】 オリンポス十二神

【詳細】

オリンポス十二神に分類される究極体の神人型デジモン。

鍛冶を司り、名のある武器のほとんどはウルカヌスモンの作とされる。
ベルゼブモンが愛用する「ベレンヘーナ」もウルカヌスモンの一品(となると設定上同じ工匠が作ったとされるスパロウモンの「サナオリア」もウルカヌスモンが作ったことになる)。

職人気質で性格は頑固一徹。
依頼主の力量を見抜いて武器を使いこなせず大事にしない者と感じるとその依頼は引き受けない。

また作る上でも相手に見合う程度の仕事を行うが、ベレンヘーナはベルゼブモンの力に惚れ込み丹精を込めた秀逸な一品であったとされる。
オリンポス十二神が七大魔王の一人の武器を作ったというのも奇妙な縁であろう。

その姿はタコを思わせる八本の腕を持つ男性で、たくさんある腕を自在に操り黙々と作業をするデジモンであるが、戦いでも匠っぷりを発揮するらしい。
ただウルカヌスモン自身の戦闘技量はそれほど高くなく、本人も戦うより裏方に回ることを好んでいる。

必殺技

  • ボンバーアート
溶接用の火炎を吹き出す。

  • ピンポイントウェポンワークス
放射したボンバーアートで状況に合わせた適切な武器を作り出す。

  • アプロプリエートワークス
ピンポイントウェポンワークスで作り出した武器をすべての腕に装備する全力全開の姿。