463,465

弾丸戦隊ロンパマスク!
セレス「大変ですわ、大神司令!」
大神「何事だ?」
セレス「大天使チヒロが悪の秘密結社、DESPAIRに捕らえられてしまったのですわ!!」
大神「なんだと!?すぐに救出しなければ。苗木よ、ロンパマスクに連絡をとるのだ!」
苗木「うん。わかった。」

こうしてロンパマスクの3人が希望ヶ峰ベースに召集された
大神「いいか、ロンパマスクよ!今回のミッションはDESPAIRに捕らわれた大天使チヒロの救出だ。以上、健闘を祈る。」
舞園「わかりました!」
霧切「…了解したわ」
朝日奈「ラジャー!!」

かくしてロンパマスクは大天使チヒロの捕らえられているDESPAIRのアジトに乗り込んだ
舞園「そこまでよ、DESPAIR!!大天使チヒロは返してもらうわ!!」
江ノ島「うぷぷぷ、来たかロンパマスク!オマエラ!やっちまいな!!」
大勢の下っ端がロンパマスクを取り囲む
舞園「みんな!変身するわよ!」
霧切「ええ。」
朝日奈「うん!」

舞園「みんなを癒やすアイドル?…ロンパレッド!!」
霧切「全ての謎を解き明かす!…ロンパブルー!!」
朝日奈「弾けるプールの香り!…ロンパイエロー!!」
変身したロンパマスクは一瞬でザコ共を一掃する
霧切「残るはあなた一人よ」
江ノ島「うぷぷぷぷ!少しはやるじゃない!…じゃあ、あたしも変身させてもらうよ!!」
朝日奈「なんですって!?」
江ノ島「大いなる絶望の力!…ロンパブラック!!」
舞園「そんな!?あなたがロンパブラックだったなんて!?」
江ノ島「あははははは!どう?絶望したかしら!?」
朝日奈「そんなぁ…」
霧切「みんな!絶望してはダメよ。敵の思う壺だわ。ここは…必殺技で一気に決めるわ!!」
江ノ島「必殺技だと!?」
霧切「…この右手の手袋をはずす時がきたようね…」

スッ
江ノ島「なん…だと…」
ブルーが手袋をはずした瞬間
ブラックの体はズタズタに切り裂かれ地面にひれ伏していた
霧切「ゲームセットね。大天使チヒロはどこにいるのかしら?」
江ノ島「それだけは…死んでも…言えないわ…どう…?絶望したかしら…?」
朝日奈「しょうがないなあ!!舞園ちゃん、おねがい!」
舞園「まかせてください!」
レッドはブラックの額にスッと手を乗せる
舞園「…大天使チヒロは地下室に閉じ込められています!」
江ノ島「そんな!?なんで…分かったの…!?」
舞園「私…エスパーですから」

その後ロンパマスクは地下室で大天使チヒロを救出し
希望ヶ峰ベースへと戻った。
大神「御苦労だったな、ロンパマスクよ。これでこの町にも平和が訪れるだろう…」
こうしてロンパマスクの戦いは終わった

????「ふん…江ノ島がやられたようだな…」
????「ふっふっふー、江ノ島盾子殿は四天王の中でも最弱…」
????「ロンパマスクに敗れるとは、四天王の面汚しだべ…」

終わり


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。