965-966

江ノ島(暇だな…ん?あれは苗木と霧切…また一緒に過ごしてるのか…あ、そうだ)

モノクマ「ばぁ!」
苗木「うわっ!?モノクマ!?」
霧切「……何の用?」
モノクマ「あら?霧切さん不機嫌そうだねぇ?さっきまで嬉しそうだったのに」
苗木「お前が来たんだから当たり前だろ!」
霧切「もういいわ、苗木君。それで…何の用なの?」
モノクマ「うぷぷ…二人とも楽しそうだからもっと盛り上げてあげようと思ってねぇ…じゃん!ウソ発見機~!」
苗木「ウソ発見機?」
モノクマ「そうだよ、これを使えばどんなウソをついてもお見通しだよ!じゃあ早速霧切さんに…」
苗木「ちょ、ちょっと!何勝手に…」
モノクマ「大丈夫大丈夫。変な事は聞かないから。質問には全ていいえで答えてね」
霧切「………………」
モノクマ「ではまず最初の質問です。霧切さんは苗木君が大嫌いである」
霧切「いいえ」
モノクマ「ありゃ、反応しないね…」
苗木(嫌われてはいないんだ、良かった…)
モノクマ「じゃあ次の質問です。霧切さんは苗木君が他の女の子と話していると不安になる」
霧切「…いいえ」
(ビィー!ビィー!)
霧切「っ!?」
モノクマ「ありゃ、不安になっちゃうんだ」
霧切「別に私は…」
(ビィー!ビィー!)
モノクマ「うぷぷ、では次の質問です。霧切さんは暇な時は苗木君の事を考えてる」
霧切「……いいえ」
(ビィー!ビィー!)
モノクマ「暇な時は毎回なの?」
霧切「………いいえ」
(ビィー!ビィー!)
モノクマ「もしかして…苗木君の事、異性として大好きなの?」
霧切「……………いいえ」
(ビビィーーー!!!)
モノクマ「わぁお、メーター振り切っちゃったよ。愛されてるねぇ、苗木君」
苗木「き、霧切さん?」
霧切「………………」
苗木(霧切さん、顔真っ赤だ…まさか本当に?)
モノクマ「ではここで苗木君にこうたーい!」
苗木「え?ちょ…」

江ノ島「さぁーて…こっからが本番よ…ウソ発見機の機能を逆にして…」

モノクマ「では最初の質問です。苗木君は霧切さんの事が大嫌いである」
苗木「いいえ」
(ビィー!ビィー!)
霧切「……………え?」
苗木「え、何で!?」
モノクマ「へぇ、大嫌いなんだ」
苗木「ち、違うよ!僕は…」
(ビィー!ビィー!)
モノクマ「では次の質問です。苗木君は正直霧切さんが気色悪いと思ってる」
苗木「い、いいえ!」
(ビィー!ビィー!)
モノクマ「まぁ、仕方ないよね。平気で死体を触るしねぇ」
苗木「そんな…違うよ!」
(ビィー!ビィー!)
霧切「…………………」
モノクマ「ふぅん、じゃあ最後の質問です。苗木君は霧切さんが…死なないかなぁ…って思ってる」
苗木「いいえ!」
(ビビィーーー!!!!)
苗木「そんな…どうして!?」
モノクマ「ひどいなぁ、苗木君…君って奴は…」
苗木「な、何言ってるんだよ…こんなの…き、機械がおかしいんだよ!」
モノクマ「機械がおかしい?じゃあ霧切さんは苗木君の事大嫌いって事になるよね」
苗木「え?」
モノクマ「苗木君の言うとおりならそうなるよね!ともかく良かったじゃない!お互いの気持ちを知る事が出来て!」
霧切「…………………そう、ね」
モノクマ「じゃあ僕はこれで」
苗木「お、おい!待てよ!」
霧切「…………苗木君、私達、もう会わない方がいいかもしれないわね」
苗木「霧切……さん?」
霧切「そっちの方が…お互いのためになるわ」
苗木「な、何言ってるの?霧切さん…」
霧切「私、部屋に戻るわ……さようなら、苗木君」
苗木「ま、待ってよ!霧切さん!」
霧切「………………」
苗木「霧切………さん…………」

霧切「………っ……っく……ぅ……ぅうっ………」

江ノ島「はぁ~…二人とも最高に絶望的ね………堪らないわ」




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。