超高校級の平凡(エピローグ)

エピローグSS1:『自分よりリアクションの大きい人間を見ていると、なんか冷める』




 さて、翌日のことである。



 昨日あんなことがあった上でアレだけど、寝覚めはかなり良かった。
 久しぶりに、ぐっすりと寝られた気がする。

 中途退学の件は、とりあえず保留ということにしようと、自分の中で決めた。
 学園長には話を聞いておくけど、それだけに留める。
『もし中退するのだとしても、出来る限りわたs…周りの人に、相談しなさい』
 霧切さんにもそう約束させられちゃったことだし。

 まいったな、と、僕はひとりごちる。
 どんどんと、彼女との約束事が増えていく。
 そのうち約束でがんじがらめにされて、動けなくなるかもしれない。

 …まあ、それはそれで、と思ってしまうあたり。
 彼女に限定して、僕はマゾの気があるのかもしれない。
 本人に言ったらドン引きされそうだけど。







 と、そんな気持ち悪いことを考えながら、教室の扉をカララと開いた。





「…!」
「おっはよ、苗木ぃ!」
「あ、苗木君!」
「おはよ、朝日奈さん、舞園さん」
「…」
「あ、霧切さん、おはよう…? どうしたの?顔が赤いけど」



「…苗木君、もしかして今日は体調が悪いんじゃない?悪いわよね?
 大変、顔色も悪いし熱があるわ保健室に行きましょうそうしましょう」



「ちょ、え、ええ!?」

「ちょっと霧切さん、どいてください!苗木君!これ!どういうことですか!?」



 そう言って彼女が突きつけたケータイの画面には。


「あー…」


 案の定、それが映し出されていた。





「だから、舞園さん…誤解だと言っているでしょう」

「霧切さんには聞いてません!誤解って何ですか!?」

「…聞いてるじゃない」

「もう、これ!付き合ってる男女の修羅場的な、そういうアレじゃないですか!何なんですか!」

「違うわ…違うわ、それは…そう、苗木君を使って、バックドロップの練習を」

「バックドロップの練習をして、胸を押し付けているんですか!?」

「ち、違う!」

「くぅう…!苗木君、私もバックドロップの練習したいです!いいですよね!?絶対霧切さんより大きいし、柔らかいですから!」

「ちょっと、それどういう意味…!?」

「ぺったんこは黙っててください!」

「それは違うわ!あなたみたいに無駄に大きくないだけで、ちゃんとそれなりにあるの。ねえ苗木君!?」

「…」

「あ、どこ行くんですか、苗木君!」
「苗木君、待ちなさい!話は終わってないわ!」



――――――――――――――――――




「あっははー、修羅場だね、苗木!」
「よ!リア充!」
「誠氏ねですぞ」

「…あの写真撮ったの、桑田君でしょ。山田君のカメラまで借りて」

「げ、ばれた?」
「うん、なんか写真がチャラかった」
「は!?」

「で、広めたのは朝日奈さん」
「あっはは、ばれたかー。さすがは超高校級の探偵の彼氏、ってとこ?」
「あ、写真のデータ貰っていいかな」

「…苗木誠殿は、あまり動じてませんな。リア充の余裕か。爆発しろ」
「ね、つまんないの」

「まあ、ね」









エピローグSS2:『勉強の出来る人間が、勉強を教えるのも上手いとは限らない』



「…違う、これは女性名詞じゃなくて複数形」
「うん、と…die…?」
「わからなかったら、ちゃんと辞書で調べなさいと言ったでしょう」


 その日の放課後。
 苗木君とやってきたのは、学園から二駅離れた図書館。

「うぇ…分かんないよ…」

「じゃあ今理解しなさい。あのね、私だって最初から外国語が出来たわけじゃないんだから」



「そうだぞ、苗木君!学問とは、繰り返しと積み重ねからなるものだ!そしてそこはnじゃなくてmだ!」
「この俺の貴重な時間を割いてやってるのだ、感謝しろ…だからそれは疑問詞じゃなく関係節だと言っただろう!低能か!」




 …残念ながら、二人きりではない。
 私一人では、カバーできる範囲に限界があるからだ。

 いや、まあ、むしろ二人きりだったらそれはそれで、私が困るんだけれど。

 彼の気持ちを考えずに怒りをぶつけ、中退を辞めてくれと駄々をこね。
 挙句寂しいからと、背中から抱きついてしまった。

 あんなことしてしまって以来、まともに彼の顔を見れないんだから。





「…少し、休憩にしましょう」






 きっかけはあの写真の言い訳に、私が他の皆に彼の悩みを相談したことだ。



 誰一人、彼の苦悩を理解しようとしない人は、いなかった。

『水くせえじゃねえか…悩んでるなら、言えばいいのによ』
『き、気に食わないわね…苗木のくせにっ…一人で、勝手に背負いこんで』

 みんな、彼をこの学校に留まらせるための対策を、真剣に考えた。
 それだけでも、彼がこのクラスにおいて、どれだけ大きな存在だったかが分かる。


 それから、この勉強会が開かれるようになった。
 この学校生活を有意義なものにするために、この環境を最大限に活かす方法。
 それは、周囲の人間の長所を、少しずつ自分のものとして吸収していくこと。

 完全なコピーは出来なくても、それだけで十分、彼の今後の人生で強みになるはずだ。




 例えば、私は語学と海外の文化。石丸君には学業全般を、十神君には授業の範囲を超えた教養を担当してもらっている。

 戦刃さんと大神さんに体を鍛えてもらい、朝日奈さんや桑田君にそれぞれ運動を任せ、身体能力の活性化は万全。

 舞園さんや江ノ島さんからは、ファッションセンスや流行を学ばせている。

 他にも、パソコンに強いプログラマーに、絵画の天才に、集団をまとめるカリスマの塊。
 心理戦に強いギャンブラー、筆達者な文学少女。

 …まあ、ごく一部、教えてもどうにもならない不可思議な才能を持つ人間もいるけど。


 超高校級の高校生が師となるんだから、これ以上心強いものがあるだろうか。
 苗木君はすぐ弱音を吐いたけれど、『止めたい』とは言わなかった。



 そして。


 超高校級の平凡、だなんて誰が言ったのか。


 彼は驚くべきスピードで教わったことを飲み込み、自分のものにしていった。
 もちろん、その分野の生徒には遠く及ばないけれど、それでも一般人のレベルからしたら大したものだ。

 それは、明らかな『才能』であり『異常』。

 彼は多分、『超高校級の幸運』なんて陳腐な言葉で終わらせられない、何かを持っている。
 それが何かは、まだ分からない。
 彼の隣を歩いていくことで、その正体もいつか見えてくるだろうか。



「…そこは女性名詞よ。何回言わせるの」
「ごめんなさい…」
「綴りが違うぞ、苗木君!そこはsが二つだ!」
「うう…」
「適当に訳すな…その文章は疑問文だ、犬でもわかるぞ」
「犬は…無理だと思う…」











エピローグSS3:『ペットは飼い主の意思を理解していても、飼い主はペットの意思を理解していない』





 マコである。

 性別は雄。人間年齢にして約20歳。





 ほんの数か月前までは、別の名前で呼ばれていた。
 今僕がいる場所では、マコと言うのが僕の名前らしい。


 前のご主人は、どこかに行ってしまった。
 いつ帰ってくるのかは分からない。
 それまではこの建物が僕の家で、ここに暮らす人たちが僕のご主人だ。




――――――――――――――――――




「おーい、マコ…あ、いた」
『お帰り、ご主人』

 アンテナ頭のご主人。割と背は小さくて、ぱっと見は冴えない。

 僕を最初に拾ってくれたご主人である。
 ご飯もくれた。見た目は冴えないけど、素晴らしい徳のある人だ。
 尊敬している。

「マコ…うーん…今更だけど、なんか自分の名前を呼んでるみたいで、恥ずかしいな」

 僕の『マコ』という名前は、このご主人の名前を取って付けられたようだ。

『僕はご主人の名前を貰えて、誇らしい気持ちですよ』
「ん?ああ、ゴメンゴメン、ご飯の時間だよね」
『催促したわけではないのですが。まあ、くれるというのなら、ありがたく頂いておこうかなという所存でありまして』
「はは、尻尾振って喜んじゃって…ちょっと待っててね」


『ご主人、ここ最近落ち込んでいたようですけど、もう大丈夫なのですか』
「わかった、わかったって」
『元気そうですね。それはよかった』

 丸い皿の上に、円柱状の肉と、水が用意される。
 前のご主人が与えてくれた餌と比べれば、かなり質は劣るが、貰える立場で文句は言えない。


「…美味しいか?」
『(今食べているので返事ができません)』
「…あ、そうだ」

 目の端に、ご主人が革の鞄を漁る姿が見える。

 なにやら紙の束をぺらぺらと捲り、そして小難しい顔をして読み上げる。

「ヴぃ…ヴぃー、はいせん、じー?」
『…』
「…ヴぃ、はいせん、ずぃ?」


 時々この人の考えていることはよくわからない。


「…やっぱ、犬にはわからないよな」

 なにやら納得したようで、その紙の束を戻してしまう。
 うーむ、どう反応すれば正解だったのだろうか。

「…さて、そろそろ休憩終わりか。また来るよ、マコ」
『お待ちしてます』

――――――――――――――――――

 アンテナのご主人が去ってしまって、数時間。

 時々、他のご主人も僕の相手をしてくれる。



 目が怖いご主人は、よく撫でてくれる。どうやらアンテナ頭のご主人と、仲が良いみたいだ。

 あごひげのご主人は、よく遊んでくれる。ただ、なんというか香水臭い。

 もじゃもじゃのご主人は、よくわからない。でもご飯は恵んでくれるし、腹巻を貸してくれる。

 ポニーテールの御主人は、柔らかい。舐めても怒らない。時々うるさい。

 筋肉のご主人は、逆に硬い。この人も、舐めても怒らない。だけど力が強くて、撫でられると痛い。

 三つ編みのご主人は、なんか臭い。吠えると怯えられるけど、彼女の知識のお陰で僕は満足に暮らせている。

 眼鏡のご主人は、なんか偉そう。たぶん、実際に偉いんだと思う。まあ、悪い人ではない。

 白いご主人は、かなりうるさい。どうやら他のご主人からも、うるさがられているみたいだ。

 リーゼントのご主人は、意外と優しい。見た目は怖いけど、全然怒らない。

 小さいご主人は、すぐ泣く。たぶん、僕より弱い。僕が守ってあげなきゃ。

 丸いご主人は、美味しそう。ダイエットだと言って、よく散歩に連れて行ってくれる。

 ぐるぐるの御主人は、僕をからかう。あと、アンテナのご主人もからかう。時々怒る。

 ツインテールのご主人は、舐めると怒る。あと、舐めてもなんか化粧っぽくておいしくない。

 そばかすのご主人は、前に食べられそうになった。怖い。



 僕は基本的に一人だけど、色んな人が遊びに来てくれる。
 だから、退屈はしない。
 みんないい人だ。

 でもやっぱり、僕は中でもあの二人のご主人が好きなんだ。

――――――――――――――――――

「…マコ、おいで」
『お帰り、ご主人』

 手袋のご主人が僕を呼んだので、僕はそちらに駆けて行った。




 手袋のご主人は、最初に僕を見つけた人だ。

 あの時はそのまま通り過ぎて行ってしまったけれど。
 とても物言いたげな目をしていた。

 もしかしたらアンテナのご主人よりも、優しい人である。
 そして、アンテナのご主人が、たぶん一番大切に思っている人でもある。
 アンテナのご主人いわく、僕がここに住めるようになったのは、手袋のご主人のお陰だそうだ。

 でも、怒ると恐い。


「…まったく、あれくらいの日本語訳で、どうして3回も間違うのかしら」
『またアンテナのご主人が何かしたのですか』

 手袋のご主人は、時々ここに来て、僕を撫でながら愚痴る。
 内容はほとんど、アンテナのご主人のことだ。

『元気出してください、ご主人』

 僕は彼女の頬や首を舐める。

「…ちょっと、マコ。くすぐったいわ」

 満更でもなさそうだ。

 アンテナのご主人の前で舐めると、すごく怒られる。
 なぜかはよくわからない。


「マコ、お手」
『はい、ご主人』

「マコ、お代わり」
『はい、ご主人』

「マコ、ちんちん」
『はい、ご主人!』

「…そう言えば、雄だったわね」
『…恥ずかしいのですが、ご主人』

 この芸に何の意味があるのかは分からないけれど。
 ちゃんと言うことを聞くと、時々クッキーを貰える。

「…彼はまだ、この学園が苦手なのかしら」
『…』

 手袋のご主人は、誰かと来るとあまり構ってくれない。
 けど、一人で来ると、僕をよく撫でて、よく話してくれる。

「ねえ、マコ…あなたのご主人は、やっぱり私のこと…」
『あなたもご主人ですが』

 撫でている間は、アンテナのご主人の話ばかりだ。
 アンテナのご主人と一緒にいる時は、つまらなそうな顔をしてみせるのに。
 そのくせ、二人ともお互いに一緒にいる時が、一番楽しそうで。

 人間の考えることは、よくわからない。



 ふと、アンテナのご主人の匂いが近付いてくる。

 そういえば、さっき「また後で」とか言っていたっけ。



「…苗木君も、あなたくらい素直だったらいいのに」
『あの、ご主人。そろそろ止めといた方が』

「こっちが素直になったと思えば、すぐふざけるんだから」
『ご主人、あの、アンテナのご主人が来ますから』

「…ああやって茶化されなければ、もう少し抱きついていられたのに」
『ご主人…まさかわざとやってませんか』

「…着やせする、とか…見たこともないくせに」
『ご主人、もう真後ろにいます。丸聞こえです。もうそろそろ止めておいた方が…』





「聞いてるの?マコ。あなたのご主人の、セクハラアンテナ野郎のことよ。
 人のスカートの中を覗いたり、胸を押し付けられて喜ぶ、ラッキースケベなのよ。
 いつ見られるか分かったものじゃないから、こっちは下着を選ぶのも大変なんだから。
 む、胸だって…あまり大きくないの、気にしてるのに…あんなこと言うし。
 私にセクハラするだけならまだ、まあ、許してあげないこともないけれど。他の女子に同じことをやろうものなら――」





『ああ、どうか、アンテナのご主人。空気を読んで…って、ダメですね。
 子どもがいたずらする時の、愉快犯の目をしていますね。
 もう僕は知りませんよ。あとは二人でいちゃいちゃしててください。
 夫婦喧嘩は、犬だって食べないんですからね』




「どうしたの、マコ?何をそんなに、吠え、て……」





終われ

Next Series 7cm(前編1)


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。