kk4_628-630

霧切「…苗木君、何をしているの?」
苗木「パズルゲームだよ。山田君に借りたんだ」

霧「…あまり感心しないわね。学生の本分は勉強よ」
苗「霧切さんはゲームは……、しないよね」
霧「そうね。そんな時間も無いし」
苗「でも、霧切さんは頭の回転が速いから…パズルゲームとかは得意そうなんだけどな」
霧「買いかぶりすぎよ。……その、ぱずるげーむというのは何なのかしら?」

―――――

霧「なるほど。だいたい操作は覚えたわ」
苗「ちょっと対戦でもやってみる?」
霧「…まあ、一度くらいならいいかもしれないわね」

―――――

苗「うわあ…思った通り、霧切さんパズル強いね」
霧「……。なんでもないわ、こんなの」
苗「ううん、初心者なのにすごいよ。僕なんか、全然歯も立たなかった」
霧「……」
苗(ちょっと嬉しそうというか、得意げだ…)

不二咲「あれ、二人とも何してるの?」

苗「ああ、不二咲さん。山田君にパズルゲーム借りて、霧切さんに教えてたんだ」
霧「…私は苗木君に付き合っていただけよ」
不「あ、この落ちゲー懐かしいなぁ!昔ハマってたんだよねぇ」
霧「――あら、じゃあ勝負でもしてみる?」
不「え?うーん、いいけど…最近やってなかったから、操作覚えてるかなぁ」

苗「……霧切さん、止めておいた方が」
霧「苗木君、見ていなさい。さっきよりももっと巧みにに連鎖を組んで見せるわ」
苗「いや、あのね、」
霧「大丈夫よ。不二咲さんに合わせて、ちゃんと手加減はするから」
不「…」

―――――

霧「……十五連鎖、ですって…?」
不「…あ、ちょっと待って、もう一セット行くねぇ」
霧「! む、無理よ!そんなに入らな……あっ、あ……」

苗(うわあ、瞬殺だ…だから言ったのに…相手は超高校級のプログラマーなんだから)
苗(それにしても容赦ないなぁ…不二咲さんも、さすがに素人に『手加減』とか言われたら…ムカっとしたんだろうなぁ)

不「ふぅ、勝っちゃった。久しぶりにやったけれど、楽しかったなぁ」
霧「……」
不「あ、霧切さん。手加減してくれたんだよね、ありがとうねぇ」
霧「…!!」
不「じゃ、僕もう行くから。またねぇ」

霧「……っ」
苗(顔真っ赤にしてうつむいてる…よっぽど瞬殺が悔しかったのかな)
苗「あの、霧切さん…こういうときもあるよ」
霧「……」
苗「ホラ、僕でよければまた対戦相手になるから…」

霧「――」
苗「…へ?」

霧「……、やっぱり時間の無駄だった、と言ったのよ…全っ然つまらないわ、こんなもの…!」

苗「あの…霧切さん?」
霧「…苗木君。あなた、こんな無駄なものに時間を割いている暇はあるの?明日の課題は?」
苗「明日土曜日だけど」
霧「終わってないのね?なら、早く済ませましょう。手伝ってあげるから」
苗「いや、僕はもう少しやってくから、霧切さんは先に帰tt」
霧「――二度は言わないわ。帰って私と一緒に楽しく勉強するか、二度とゲームの出来ない体になるか、選びなさい」
苗「か、帰ります…」

苗(霧切さん、すごく不機嫌だ…やっぱりプライド高いから、負けたのが悔しいんだろうな)
霧(みっともない無様な姿を見せて…たまには、苗木君にいいとこ見せられると思ったのに)


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。