yt2_887

金曜日は週に一度の餃子の日
自分へのご褒美に、高級店から取り寄せた餃子定食を食べようとする多恵子
いざ食べようとすると苗木が訪ねてくる
「わあ、美味しそうだね! セレスさんはいつもこんなの食べてるんだ……」
「当然ですわ。わたくしは高級なものしか口に合いませんもの」
(苗木の腹の虫が鳴る)
「…………」
「…………ゆ、夕食がまだでしたら、差し上げましょうか?」
「いいの!? で、でもセレスさん、少し顔が引きつってるような……」
「気のせいですわ。わたくしはいつも食べていますので、惜しくはありません」
「じゃあ、お言葉に甘えて。 ……凄い! 滅茶苦茶美味しいよ、セレスさん!」
「そ、そうでしょうね。わたくしの大好物ですもの」
「ありがとう、セレスさん! ボク、ナイトになって良かったよ!」

苗木が帰った後、一人で枕を濡らす多恵子
「これで……これで良かったのです……。わたくしの強運は絶対……ツキまくっていますわ……ううっ」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。