kk5_722-724

「舞園さん、あなた苗木君と同じ中学校だったらしいわね」

 お昼休みを持て余していると、霧切さんが私を廊下へと手招いた。
 何の用事だろうか、と付いていけば、いつも通りの冷ややかな表情でそう尋ねられる。

「それが…どうしたんですか」
 思わず身構えてしまう。
 相手は超高校級の探偵。尋ねられるということは何かあるということだ。
 その上、彼女が「探偵同好会」と称して、苗木君を引っ張りまわしているのは知っていた。
 「同じ中学」という繋がりを持っている、私を好ましく思っていないのかもしれない。

「…誤解しないで、あなたに難癖をつけに来たわけじゃないのよ」
 私の緊張に気付いたのか、ゆるやかに霧切さんがほほ笑む。
「あなたとは、むしろ…そうね、協力関係を結びたいと思っているのだけれど」

 協力関係。
 違和感のある単語に、思わず首を傾げる。

「――単刀直入に問うわ。苗木君の恥ずかしい秘密とか、知っていたら教えてもらえないかしら?」

「は、恥ずかしい秘密…ですか?」
 そりゃ、三年間同じ中学校だったんだから。
「知らないことは、ないですけれど…」
 クラスは違ったとはいえ、色々と噂話は耳に入ってくる。
 けれど、なぜ霧切さんはそんなことを知りたいのだろう。

「深い理由はないけれど…まあ、純粋な興味とでもいうのかしら」
「興味、ですか」
「それと…彼が言うことを聞かなかったときに…ちょっと、ね」
 冷たい目をして、口だけを微笑ませる。
 そんな仕草に、ゾクリと背筋が寒くなった。

 入学して初めて出会った時も思ったけれど、やっぱり霧切さんは少し怖い。

「き、脅迫…するんですか?」
「そんな物騒なものじゃないわ」
 恐る恐る尋ねると、軽い調子で返される。

「でも、苗木君の許可も無しに、そんな勝手に秘密をバラしたり…」
「もちろん、タダとは言わないわ」

 私の話を聞いていないかのように、霧切さんは携帯電話をいじり出す。
 そして、画面をこちら側に向けながら、

「授業中にこっそり撮影した、苗木君の寝顔写真…これと引き換えでどうかしら?」
「何でも聞いてください、霧切さん!」

 私の掌の返しように驚いたのか、霧切さんがビクっと震える。
 そんな彼女を横目に、私は携帯画面の中の苗木君をしっかりと確認する。

 机に頬杖をついたまま、明後日の方向に顔を向けている。
 口端から涎の垂れる瞬間を、見事に捉えたベストショット。
 ケータイの待ち受け決定である。
 心の中で苗木君に詫びながら顔を上げると、若干引き気味に霧切さんがこちらを見ていた。

「…コホン。それで、どんな秘密がいいんですか?」
「え? あ、そ、そうね…」

 テストで自分の名前を間違えて零点を取った話、先生を「お母さん」と呼んでしまった話。
 捨て犬に給食の残りをあげて、懐かれてしまった話。

 私は知っている限りの彼の噂を、片っ端から霧切さんに語る。
 そのたびに彼女は、クスクスと笑ったり眉尻を下げたり。


 ポーカーフェイスだと思っていた『超高校級の探偵』は、ゆるやかに表情を変える。


 別に、おかしなことじゃない。
 彼女も私と同じ、高校生の女の子だった。

 それだけのこと。

 どうして、特別な存在のように思っていたんだろう。
 大人びて振舞う彼女が、いつも澄ました顔の彼女が、少し怖いだなんて。

「…ふう。ありがとう、舞園さん」
「どういたしまして」
 御礼だけ告げて、無言で頬笑みを向ける。
 彼女はすぐに意図を理解して、携帯を取り出した。

「えっと…赤外線で良いかしら?」
「あ、はい」

 と、私も携帯を取り出して、

 ふと、思いつく。

「あの……どうせなら、アドレスも交換しませんか?」

 思い切って、口にする。

「…私、と?」

 彼女は目を丸くして、驚いている。
 ちょっと唐突だったかもしれないけど、これを逃すと次の機はないかもしれないから。

「構わないけれど…」
 そういうと、再びポケットに手を入れる。
 今度はお財布を取り出して、そこから切手のような紙を取り出した。

 それは、おそらく仕事用の名刺。
 ゴシック体で、名前の隣にメールアドレスが載せられている。

「その宛先に、メールを送って。依頼なら、三割引きで請け負うわよ」

 私も予定帳の一ページを破って、そこにアドレスを走り書いて渡す。

「あなたは、いいの…?こんな一般人に、自分のアドレスを教えてしまって」
「一般人じゃ、ないです」

 友達、と呼ぶのは、さすがにこの歳では恥ずかしいけれど。

「苗木君の、ヒミツの話をした仲じゃないですか」
「……そうね」

 クスリ、と、また彼女がほほ笑む。
 と、そこで、昼休みの終わりを告げる予鈴が鳴り響いた。

「…教室に戻りましょうか」
「あ、私午後は仕事で…」
「そう」

 そっけない口ぶりだけど、

「頑張ってね」

 緩やかに、微笑む。

「あ、あの! 他のヒミツも思い出したら、メールしますから!」

 教室に戻っていく背中に、私は呼び掛ける。
 一度だけ振り向いた霧切さんは、いたずらっぽい笑みを返してくれた。


 さて、約束の苗木君の画像を要求するために、どんな文面で最初のメールを送ろうか。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。