kk5_734-736

霧「発売から一周年経ったけれど…相変わらずこのスレは賑わっているわ。みんな暇なのね」

苗「暇って…スレが活性化しているのはいいこと、でしょ?」
霧「私なんかに貴重な時間を費やして…もったいないと思わないのかしら?」
苗「違うよ。ついつい貴重な時間を費やしちゃうくらい、霧切さんが魅力的な人なんだよ」
霧「……」

霧「…そういう苗木君は、一般人の皮を被ったド変態なのよね」
苗「えっ!?」
霧「事実でしょう。歴代の論破スレでも、幾度となく噂されているわよ」
苗「う、噂って何!? 僕、そんな変なこと…」

霧「あら、白を切るつもり? 『男のロマン』を引き当てるのに、何枚メダルを使ったの?」
苗「……」

霧「まったく、油断も隙もないとはあのことね。気付いた時は、よっぽど皆に教えようかと思ったわ」
苗「うっ…ご、ごめん」
霧「私に謝ってもしょうがないでしょう。誰目当てだったのか知らないけれど」
苗「それは、……っていうか、アレは葉隠君や山田君が無理矢理に…」
霧「誰が主犯か共犯か、なんてどうでもいいの。それに、言い訳は男らしくないわよ」
苗「霧切さんは…あんまり気にしないんだね」
霧「見られたものは、もうしょうがないでしょう。減る訳じゃないんだし」
苗(ある意味、霧切さんの方が男らしいな…)

霧「それだけじゃないわ。あなたダストシュートから帰還した後、女子トイレに入ろうとしたでしょう」
苗「あっ、アレはなぜか男子トイレが全部閉まってて…!」
霧「私だって一応女子なんだし…その目の前でやるのはセクハラよ」
苗「うぅ…」
霧「苗木君だって、嫌でしょう。私が必死に男子トイレに入ろうとうろうろしていたら」
苗「それは…いや、でも…ちょっと別の意味で嫌かも」

霧「まだあるのよ。最初に部屋の前で舞園さんとぶつかるシーン…」
苗「ボツになったパンチラ案じゃないか…そこまで責任は負えないよ」
霧「…なぜボツになったのかしら。朝日奈さんは下着姿解禁なのに」
苗「やっぱり、朝日奈さんはそういう扱いだったんじゃないかな…スタイルとか、性格とかの面で」
霧「…へえ。つまり、腐川さんや私じゃそういうお色気要素は役者不足だと、そう言いたいのね?」
苗「そ、そんなこと言ってないよ!」

霧「そして一番許せないのは、戦刃むくろの学級裁判の時よ、苗木君」
苗「うっ…」
霧「別名『孕ませエンド』とも呼ばれている、あなたの壮大な妄想…覚えていないとは言わせないわよ」
苗「あの…霧切さんを追及するかどうか迷って切羽詰まってて…自分でもなんだかよくわかんなくなっちゃって…」
霧「私を殺しておいて、自分は朝日奈さんと結ばれて、子どもまで…良い御身分ね」
苗「……ゴメン、なさい」
霧「ホント、苗木君のくせに変態ね。『超高校級の変態』と、そう言えるんじゃないかしら」
苗「っ……」

霧「…まったく。これから先が思いやられるわ」
苗「え、先って…?」
霧「何を不思議そうな顔してるの? 外は絶望だらけ。協力し合って生きていくのよ」

苗「…僕、一緒に行っていいの?」

霧「え?」
苗「一緒に……行かない方が、いいんじゃないかな」
霧「ちょ、ちょっと…いきなりどうしたの、苗木君…?」
苗「だって…こんな何の取り柄もないセクハラ男が側にいたら、迷惑でしょ…?」
霧「あ、…」


霧(…少し、いじめすぎたかしら)

霧「……別に、かまわないわ」

苗「!!?」

霧「…側にいてもいい、ということよ。変な意味じゃないから」
苗「あ、うん…だよね」
霧「私はあなたに何度も、その…救われたのに、酷い目にばかり合わせてしまっているし」
苗「えっと…」
霧「考えてみれば、この学校を出られるのもあなたのお陰といっても過言ではないわね」
苗「そ、それは買いかぶりすぎだと思うんだけど」

霧「…だから、あなたが一緒に来ない方がいい、なんてことはありえないのよ」
苗「ほ、ホントに…?」
霧「ええ。それで、だから…苗木君が良ければ…その…これからも、よろしくお願いしたいのだけれど」
苗「う、うん…こちらこそ」


霧「…あ、でも」
苗「うん?」
霧「エロスはほどほどにね」
苗「…はい」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。