ms2_680

「えー、超高校級のアイドルがいきなり死でかわいそうだと思う
方々もおられると思いますので…不完全な形で復活させました。」
「ぽよ!」

舞園さんがピンクのボールみたいな生物になったようです。

「ぽよよ~い!!」
「ふ、ふんピンクでぶよぶよ太ってて気持ち悪いわ…」
「そうか?結構個性的でみてて和…いや、面白いではないか。」
「そっ、そうですよねぇ!」

「ぽよ~!」
「あら、私の紅茶が吸い込まれてしまいました。」
「せっかく入れたのに~、あと、餃子もですぞ。」
「てめぇ!吐き出しやがれピンクボールがぁ!」

「ぽよぽよ~。」
「どうしたのだ!!舞園くんがタイヤになっているぞ!!」
「しらねぇよ!!急に俺の部屋のタイヤコレクションを食ったら
こんな風になって…」

「ぽよぽよーっ!!」
「…舞園は何でも大量に食べるな…」
「負けないよ!!」
「やめておけ、おぬしでは勝てん…」

「ぽ~よ~…」
「なにやっているの?」
「水晶玉の変わりに舞園っちをつかっているんだべ。」
「…確かに丸いけどぉ…」

「ぽよ~ん。」
「うわぁ、気持ちいいなぁ。」
「何やっているのよ、舞園さんを大事そうに抱かないで、迷惑そうよ。」
「えっ、ちょっと、取らないで…(嫉妬のように思えるのは気のせい?)

「ねぇ、いいかげん僕に返してよ。」
「嫌、カエ・サ・ナイ(恋敵なのにこんな気持ちいい感触だなんてっ…」
「…ぽよっ?」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。