kk7_205-210

 お賽銭を投げ入れて鈴を鳴らし、二礼二拍手一礼。

「ねぇ、いくら入れようか?」
「奮発して、五百円くらいかな」
 両手を合わせて必死に願う、前列のカップルを見やる。
 いちゃいちゃと腕を組み、互いに何を願ったかを語り合って、階段を下りていった。

 神聖な場所で、元日から罰当たりな。

 思わずその背を思いっきり睨んでしまうと、隣にいた苗木君が苦笑した。

「…あの、気持ちは分かるよ」
「ああいう浮ついた連中は、出入り禁止に出来ないのかしら」

 よりにもよって、このタイミングで見せつけてくれる。

「…ちょっと思うんですけど。こういう願い事って、何でもいいんでしょうか」
「まあ、願うだけならいいんじゃないかな。叶うかどうかは分からないけど」
「…ふぅん」
「…あまり不純なのはダメだよ?」
「えへへ」

 ああ、此方にもカップルが一組か。
 三人で一列に並んでいるので、必然的にこの組でも私はハブられる。

「あ…霧切さんは、どう思います?」
 思い出したように、慌てて舞園さんが取り繕う。
 思わず邪険に手を振ってしまいそうになるのを堪えて、微笑を張りつけた。
「悪いけど、日本の神仏には詳しくないのよ」
「海外では初詣とかあるんですか?」
「…よくわからないわ、行ったこと無いから」

 舞園さんも、私に気を遣ってくれるうちの一人だ。
 それを、こうして話題を断ちきることでしか、自分を保てない。
 舞園さんは気まずそうに逡巡し、しばらくしてまた苗木君と二人で話し始めた。

 両手を合わせてようやく、とりたてて願うべきこともないのに気づく。

 無病息災は無難すぎるし、一応は健康体だ。
 平穏無事も興味ない、少しは刺激のある日々が良い。
 交友関係はどうだろうか。

 とは言っても、私の交友関係なんてたかが知れている。
 休日に無理矢理苗木君をつきあわせて外出する、その程度だ。

 苗木君と、これ以上の関係を望めばいいのだろうか。
 けれどそのためには、先ず舞園さんという存在が、


――私は、何を考えているんだ


 何の気なしに思いついた願い事に、思わず自分で身震いした。

 自分の幸せのために他人の居場所を奪おうと、一瞬でもそんなことを考えたのか。
 残酷なことを考えてしまえる自分自身が怖くて、ゾク、と背筋に寒気が奔る。

 今のは無し。取り消しだ。
 必死に別の祈願を考える。
 そうだ、学業。とりあえず手近に、冬休み明けの試験での好成績を願おう。
 もしくはここは探偵らしく、失せモノ関連にでもしておこうか。

「…霧切さんの願い事、結構長いんだね」

 名前を呼ばれて、は、と覚醒する。
 ぱちくりと瞳を向けて、苗木君が不思議そうに顔を傾ける。

「願い事とか験担ぎとか、あまりそういうの信用しないと思ってた」
「…どうも私は、余程つまらない人間だと思われているようね」
「や、ほら、非科学的なことには興味なさそうだなぁ、と…」
「あのね、苗木君。忘れているようだけれど、私も一応は女子高校生なの」

 軽口を返し、階段を駆け降りた。
 人混みを抜ければ、鋭い冷気が熱で鈍った頭に突き刺さる。

 境内を出て、鳥居前の大通りに出ても、みんなの姿は無かった。
 集合場所を間違えたか、と思って苗木君を振り返るが、彼も同級生の姿を探してきょろきょろしている。

「えっと…僕、ちゃんと伝えてた…よね?」
「…ええ。私以外の全員が聞き間違えた、というわけじゃないのなら、」

 ふと、車道を挟んだ向かいに、二つの人影。
 舞園さんと朝日奈さんだ。
 苗木君は気づいていないようで、教えようか、それとも自分で声を掛けようか、と迷ったところで、二人が振り向く。

 私の視線に気づいた二人は、こちらに向けて思いっきりガッツポーズをとって見せた。
 何か叫んでいるようだが、間を通る車のエンジン音にかき消されて、ほとんど聞こえなかった。

 と、同時に。
 苗木君のポケットから、メロディーが鳴り響く。
 一瞬遅れて、私のポケットも振動する。

「あれ、メールだ…」

 嫌な予感しかしない。
 苗木君はしばらく文面を見てから、なんとも微妙な表情で携帯の画面を突き出してきた。

 差出人は、朝日奈さん。

「…これ、読める? なんか暗号っぽくて」
 ギャル文字、というやつだろう。
 模様じみているが、目を薄めて確認した文章を、私はそのまま読み上げた。

「…『しばらく自由行動だよ。おみくじとかお守りとかは、個人で好きに買いに行くべし。駅前の喫茶店には各自集合で』…」

 読み終えると同時に、頭が痛んできた。
 あの娘なりに、気を遣ったつもりなのだろうか。
 いや、さっきの分ではおそらく舞園さんも共犯。

 そして、あの二人が共犯と言うことは、少なくとも女子全員は『知っている』ということになる。

 なんとも悩ましい、今度は目眩まで感じてきた。

「えーっと…どうしようか」
 頭を抱える私に、困ったように笑いながら苗木君が尋ねた。
「…好きにしなさい。私は集合場所に向かうから」

 最初から二人で来たというのならともかく。
 面白半分でお膳立てされたこんな状況で、二人仲良く境内を散歩、という気分にもなれない。
 これで二人のこのこと喫茶店に姿を表せば、格好のネタになってしまう。
 私自身はもちろんのこと、苗木君にも申し訳が立たない。

 帰ろうかな、とも思ったけれど、喫茶店に寄るつもりで出てきたので、お昼に何も用意していないのを思い出した。

「も、もう行くの? おみくじは?」
「…なら、それだけ引いてから行くわ」
「じゃあさ、一緒に買わない?」

 おみくじを買うだけだというのに、わざわざ一緒に行く必要もあるだろうか。

 まあ、断ることも出来るのにそうしない私も、大概だけど。

 鳥居をくぐってすぐのところで、アルバイトの巫女がおみくじの露店を出していた。
 一枚五十円だというので、苗木君が百円を払い、二度籤を振る。
 出た番号の棚を引き、中から結果の書かれた紙を取る。

「…小吉かぁ」
 紙を開いた苗木君が微妙な顔をしている。
「いいんじゃない? あなたらしくて」
「うーん…一応、『超高校級の幸運』で入学したんだけど…」

 時々苗木君は、私の嫌味に気付いてくれない。
 気付いて流しているのかとも思ったが、そんな器用な少年でも無いし。
 人が良いにも限度があるとも思うのだが、ちょっとだけ寂しい。

「えーと…あ、金運が酷いかも…『悪し』としか書いてないや」
「籤の言うことよ。いちいち真に受けてたら身が持たないわ」
「霧切さんは?」

 言われて、私も紙を開く。


「……、…」
「……凶、だね」

 あまりの不意打ちだったので、数瞬呼吸すらも忘れた。

 正直、おみくじで凶だなんて都市伝説だとばかり思っていた。
 まさか自分が引いてしまうだなんて、お笑い草にしては行きすぎだ。
 苗木君の言う通り、確かに私は非科学的なものを信じることはあまりない、けれど。
 さっきの今で、罰が当ってしまったんじゃないだろうか。

 見ないようにと思えば思うほど、目はその文字を追う。

 恋愛:悪し。待ち人疎し


「えっと、あの…ホラ、籤の言うことだし。真に受けることでも無い、よね?」
「……」
 よほど私が酷い顔をしていたのか、苗木君が目に見えて気を遣う。
「…あ、籤、交換しよっか。僕のと…」
「……子どもじゃないのよ。そんな誤魔化しで、何になるの」
 自分でも分からないほどにショックを受けているようで、上手く言葉を返せない。
 いつものからかいよりも遥かに冷たい声が出て、苗木君が肩を落とす。
 そこでようやく、我に戻った。

 こうやって、自分のことばかりしか考えられない。
 苗木君は今の提案、拙いものだったけれど、それでも私を気遣ってくれたんじゃないか。
 それでもまだ、私は励ましてくれた苗木君より、傷ついている自分の方が可愛いというのか。
 これなら、偽物の感情と言われても仕方ないのかもしれない。


「……」
「…それ、結びに行かない?」

 自責の渦に飲み込まれかけて、再び苗木君が私を呼び戻した。

「結ぶ…?」
 具体性の見えない言葉に、首を傾げる。

「日本の風習か何か…かしら?」
「あ、そっか…おみくじとか、あまり詳しくないんだっけ」

 曖昧に頷いて返すと、苗木君は得意げに語りだした。

「引いたおみくじを、境内の木の枝とか、専用のみくじ掛に結ぶんだよ」

「何のために…?」
 尋ねれば、彼はすぐ側の枯れ木を指差した。
 枝にはこれでもかというくらいに紙が結びつけられている。
 新年の飾り付けか何かとも思っていたが、あれはおみくじだったのか。

「おみくじが良い結果だったら、その成就を祈願するために。おみくじが悪い結果だったら、厄除けってところかな」

 なるほど、便利な救済措置だ。
 これなら本当に凶を引いてしまう参拝客がいても、苦情の一つも出ないだろう。
 縁起ものを信じる気にはなれない性分だけれど、生憎今だけは縁起にでも縋りたい気持だった。

「ホラ、こっち」
「あ、……」

 おそらく、何の気なしに。

 おみくじを握り締めて宙を彷徨っていた私の手を、苗木君の手が掴んだ。

 手を引いて、そのまま人混みを縫うように、境内の中に。
 おそらくははぐれないように自分が導く、そのつもりでの行為なのだろうけど。

 これはちょっと、恥ずかしすぎる。
 こちとら思春期の女子高校生だというのに。
 どうも苗木君は、私がそうだということをたびたび忘れてしまうらしい。

 しっかりと握られた左手が熱い。
 通りすがる人の視線が身を焼くようだ。


 それでもやはり、抗議の声を上げることは出来なかった。
 私も大概、繋がれたその手から伝わるはずのない熱を、享受してしまっているのだから。




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。