kk13_321-329

 女性特有の柔らかさ、とでも言うのだろうか。
 腕の中でたおやかな曲線を描く、その背中。
 かさばったスーツを着ていないと、これほどまでに小さく、細くなってしまうのか。

 僕よりも背が高くて、どんな時も冷静沈着で、振舞いも大人っぽくて、独りでも強くて。

 そんないつもの霧切さんは、そこにはいなかった。
 僕の腕によりかかっているのは、力を込めれば折れてしまいそうな、細身の女の子。

「あ、りがとう…」
「…いや、うん…」

 戸惑った声。お互いに、だ。

「その、…酔っているみたいで・・」
「そうみたいだね。僕が来る前にも飲んでたんでしょ?」
「ええ、そう、ね…だから、その、苗木君…」

 小さな肩が、きゅっ、と縮こまる。


「…腕を、離してくれないかしら。……胸に、当たっているから…」


 言いにくそうにして、腕の中で、縮こまったまま身をよじる。
 その捩りで、ふにゅ、と柔らかい何かが、確かに腕、というよりも手首の辺りで形を変えた。


「あ、うわ、ゴメ、んなさい…!」
「い、いえ…」

 血の気が、それはもう引き潮のごとく引いていった。
 仲直りを、しに来たのに。
 セクハラを、しに来たわけじゃ、ないのに。

 ああ、どうしよう、最悪だ。
 ただでさえ二人しかいない、気まずい空間だっていうのに。
 見られたくない傷痕をむりくり剥いて、独り暮らしの部屋に見惚れて、挙句、胸を。

 そういう接触を嫌う人のはずじゃないか。
 あの先輩に触られた時だって。

 これは、僕も殴られても文句は言えない。むしろ、殴られるべきなんじゃないだろうか。

 背中を向けている霧切さんの不機嫌そうな顔を思い浮かべつつ、彼女を支えていた腕をそっと離す。
 それから猛獣飼育よろしく、彼女を刺激しないように、ゆっくりと後ずさって距離を取った。
 地に足のついた霧切さんは、しばらくその体勢で、僕に背を向けたまま固まっていたが、

「……苗木君」
「っ……」

 ゆっくりと、こちらを振り向いた。

 殴られる―――!
 そう思って、咄嗟に目を瞑る。
 朝日奈さんの件と言い、本当に僕は女性関係の運が無い、と頭の中で嘆きながら。

「……」
「……、何をしているの」

 …拳の代わりに飛んできたのは、呆れ半ばの声。

「いや、その……殴られる覚悟をですね」
「…誰に?」
「誰に、って…」

 食いしばっていた歯の力を抜いて、恐る恐る目を開ける。
 ほんのりと頬を染めつつも、困惑顔で僕を見返している霧切さんが、そこにはいた。

「……あのね、苗木君。アクシデントか故意かの区別くらい、私にも出来るわ」
「で、でも…」
「それに…今のはどちらかといえば、私の不注意でしょう」

 憤怒か、あるいは嫌悪。
 彼女の表情はきっと、そのどちらかに染められていると、きっとそうだと思った。

「…そう怯えられては、此方から謝ることもできないじゃない…馬鹿ね」

 少しだけ眉を下げて、花恥じらいを浮かべる霧切さん。
 頬がほんのり染まっているのは、お酒のせいだけ、ということはないだろう。
 初めて見る、とは言わないけど、見慣れない私服姿と相まって、それはすごく新鮮で。

「けれど、心外。そんな簡単に手を上げる女だと思われていたなんて」
「ご、ゴメン」
「……まあ、今日暴力を振るったばかりの女に言われても、説得力は皆無でしょうけど」

 冗談っぽく肩をすくめて、皿の乗ったトレーを慎重そうに持ちあげる。

 はあ、と、強張っていたからだから力が抜けて、安堵の息が漏れる。
 不問としてくれるのなら、それに越したことはない。

 でも、ちょっと意外だった。
 例えアクシデントでもラッキースケベでも、こういう女性の敵のような行動は許さない人だと。
 もしお酒が入ったことによって、多少なりともおおらかになっているのだとしたら、本当に九死に一生だ。

 わずかばかりの罪悪感と、まだ腕に残された至福の感触の名残に浸りつつ、僕も後に続く。
 ついでに、彼女の持っていたトレーを奪う。

「……本当に、お人好しも大概にね、苗木君」
「…ゴメン」
「そうやって、悪くないのに自分から謝るから、お人好しだって言うのよ」

 彼女は僕に非が無いと言うけれど、この状況じゃ、ぐうの音も出ません。

「いやぁ、はは…」
「……」
「……あの」


「…まあ、でも、しょうがないわね。朝日奈さん辺りなら、貴方に非が無くとも躊躇なく殴ってきそうだし」
「そ、そうなんだよ、この前もさ、彼女の、」

 じとり。
 絶対零度の冷たい視線が、べっとりと体中に張り付いた。

 危な、い、

「……彼女の、何かしら?」

 スナイパーの目だ。心臓が竦み上がる。
 獲物が見せる一瞬の隙を逃すまいと、引き金に指をかけて狙いを定めている。

「…その、飲みの席でさ、…先輩! 先輩がね、倒れそうになった朝日奈さんを支えて、何故か殴られるっていう…」
「……」
「あ、朝日奈さんらしいよね! はは、は…」

 何に怯えているのか、と問われても、明確な答えは出せない。
 ただ、本能が察知しているのだ。
 真実を教えてしまっては、きっと恐ろしいことが起きる、と。

「…苗木君。嘘は塗り固めれば塗り固めるほど、後で剥がれやすくなるのよ」
「そ、そうだね…」

 カマを掛けているんだ、きっと彼女に確信はないはず。

 本当は、朝日奈さんの部屋で、僕の身に起きた出来事だ。
 フローリングの上を靴下で歩いていて滑った朝日奈さんを、咄嗟に支えようとして。
 差し出した手が、ちょうどハマるようにして、彼女の胸を思いっきり揉みしだいてしまったという事件。

 …個人的には、そのあと問答無用で殴り飛ばされて、右の奥歯をもっていかれたことの方が、記憶に濃く残っている。

 けれど、危なかった。
 ただでさえ僕は既に、『朝日奈さんの部屋に入ったことはない』と明言してしまっている。
 口は災いのもと、君子危うきに近寄らず。
 昔の人が残した言葉という者は、往々にして的を射ている。

「……仲が良いのね、本当に」
「え?」

 かろうじて聞き取れるかどうかというほど、か細い声で呟かれた。
 反射で顔を上げるけれど、また物憂げな表情の彼女が、膝を抱き寄せて縮こまっていた。
 暖を取るように、両手を柔らかくアイリッシュ・ウィスキーに添えて。

 それが、とても女の子らしい仕草と姿勢で。
 部屋の雰囲気と相まって、また意識してしまいそうになる。

 両手を添えたコップに、そっと口を寄せる霧切さん。
 その姿をずっと見ているのがどこか後ろめたくて、僕は慌てて他の話題を探す。

「あ、えっと……で、でも、意外だったな」
「……」
「霧切さんって、お酒に強いイメージがあったから、はは…」

 じっと、彼女は黙ったまま、僕を見つめてくる。
 頬は赤く染まり、お酒のせいだろうか、少しだけ表情は蕩けているようにも見えて。
 いつも纏っている、ピリッとした厳粛な空気は無くて。
 押し倒せば、そのまま沈んでしまいそうなほど、柔らかい雰囲気。

「……強くなんて、ないわ」

 ぽとり、零すように、言葉を呟いた。


 その雰囲気は、それこそまるで、僕が嫌悪していたあの空想。
 見知らぬ男に抱かれてしまうという、あの失礼極まりない妄想の中に出てくる霧切さんと、まるでそっくりだった。
 夜の花のように、どこかしっとりとしていて、たおやかで、扇情的で、―――身震いをする。

 何を考えて、いるんだ、僕は?


「私は…弱いのよ、苗木君」
「そっ、そんなこと、」
「…少なくとも、貴方が考えているよりは、ずっと」

 きゅ、と、抱えている膝をいっそう抱き寄せて、ますます縮こまる。
 見えない何かに怯えているような姿勢。

「……寂しいし、辛いし、怖い。嫉妬だってする。そう見えないように振る舞うのが、上手いだけ…」

 普段の霧切さんなら、こんなことは絶対に言わない。
 例え相手が、僕や、希望ヶ峰学園を卒業した仲間であろうとも。
 自分の弱みを見せるようなことは、絶対にしないのだ。

 それは、彼女の鎧だ。
 自分が自分であり続けるための、プライドの鎧。
 そして、揺るがない自分であり続けることで相手を安心させるという、優しさの表れでもある。

 それを、彼女は今、脱ぎ捨てている。
 ありのままの本音を、僕に晒している。

 なんて、無防備な。

 違う、これは、彼女は酔っているだけじゃない。
 絶対に、何かある。
 そういう人だ。
 信頼には足るけれど、平気で僕を騙したことだって何度もあるし、からかわれたことだって。

 けれど、

「……貴方は忘れているみたいだけれど、私だって一応…女なのよ」

 抱えた膝の中で、くぐもった声がする。
 思わずどきり、とするような、色っぽさを孕んでいて。

「わ、忘れたことは、ないよ…」

 その優艶な姿に、わずかに残っていた理性や猜疑心なんて、簡単に溶かされてしまうのだ。

「……だから、守って欲しい時だってあるのに…苗木君は私を差し出した」
「あう、」

 それは、

「…ゴメンなさい」

 どういう意味で、言っているのか。
 だって、霧切さんは僕のモノではけっしてない、のに。

「で、でも…僕以外にも、本当に」
「苗木君」
「……はい」

 膝から覗く、ジト目が少しだけ潤んでいる。
 『僕以外にも』という言葉を、彼女は嫌がった。

 でも、本当に。
 僕以外にも、何人もいるはずなんだ。
 霧切さんとお近づきになりたい人、仲良くしたい人、『そういう関係』になりたい人。

「…まだ言わせるつもり? だとしたら、貴方は『超高校級の甲斐性無し』よ」
「で、でも、本当に…何の取り柄もないし」
「……貴方の良いところは、たくさんあるわ。そして、私はそれを知ってる」
「う、」
「…それじゃダメかしら?」

 ああ、熱い。
 頭が、頬が、体中が熱っぽい。

 部屋のせいだろうか、それともお酒を飲んだからか。
 ぽーっとして、まともに物事を考えられない。

「……けど、関係無い、って…言われて、…」

 その先の言葉は、掠れていて、よく聞き取れなかった。
 けれど、僕は彼女に酷いことを言ってしまったのだと、本当に痛感させられる。

「…言葉にしたことはないけれど、分かってくれていると、…思ってた」

 何を、とは聞けない。
 その先まで言わせてしまったら、彼女の言う通り、僕は『超高校級の甲斐性無し』だ。
 ずきり、と、罪悪感が痛みを訴えてくる。

「…本当に、貴方の言う通り、私と近しい仲になりたい、なんて物好きが他にもいるかはわからない」
「本当だよ、それは、」
「ええ、だとしても……苗木君。それらは『他の誰か』であって、『苗木君』じゃないのよ」

 私にとっては、ね。

 ふわ、と、その言葉で、部屋中が熱気に包まれた心地がした。

「…例えその人が、貴方より優しくて、格好も素敵で、頭も良くて、背も高かったとしても。『苗木君』の代わりにはならないの」

「…あ、……」
「…ここまで言えば、分かるかしら。『超高校級の甲斐性無し』さん?」

 最後は少しだけ拗ねた風に、唇を尖らせる。
 照れ隠しか、もう中に残っていないはずのコップを、そのまま唇につけた。

 言葉が、出ない。

 伝えたいことは、山ほどあった。
 逸る気持ち、鼓動は僕を急かして、彼女にそれを伝えるためにバクンバクンと、内側から力強く殴ってくる。
 けれども、そうして探した言葉は、どれもしっくりこない。
 口にした瞬間に偽物になってしまうものばかりだ。

 何も言えない僕を見かねたのか、ちら、と一瞬だけ僕の方に、霧切さんが目を向ける。

「……まあ、分からないのなら、それでいいわ」
「ま、待って、分かるよ、」
「…貴方にとっては、私も同僚の一人だものね。他の、人たちと、同じ―――」
「ち、違う!」

 思わず、声を張り上げて立ち上がる。

 そうだ、普段はこんなことを言う人じゃない。
 僕が、言わせてしまったんだ。

 もしこれが、そのまま彼女の弱音で、本気で、今まで隠していた大切な言葉なのだとしたら。
 僕も、相応に応えなければいけないはずだ。

「ぼ、僕にとっても…霧切さんは、その……」
「……」
「……同僚の一人、なんかじゃないよ。代役なんていない。唯一人の、大切な、―――」


 続きの言葉は、失われた。

 それまで膝を抱えていた霧切さんが、僕を押し倒したからだ。


「あ、」

 体術だろうか、あまりにも素早い動きに、僕の体は反応出来なかった。
 床に押し付けられる。
 痛みは、不思議とない。そういう風に組伏せる技術があるのだと、いつか彼女が言っていた気がする。

「……遅いわ」
「え?」
「…その言葉を、私が…どれだけ待ったと思っているの」

 言いながら霧切さんは、僕の胸板に頭を乗せる。
 震えていた。
 じわり、と、温かい何かで、シャツが濡れる。

「関係ない、とか…僕以外にも、とか…その言葉で、どれだけ、私が……」

 胸が締め付けられる思いがした。
 言葉一つで、どれだけ自分が彼女を傷つけてきたのか。

「……ゴメン」
「許さないわ」

 くぐもった声が、胸板から響く。

「…簡単には、許さない。長い時間をかけて、ゆっくり償いなさい」
「うん。約束する」
「……けれど、来てくれたのは嬉しかった。ねえ、苗木君…?」
「…うん」
「私はお酒に頼らないと、こうして自分の内情を吐露することも、出来ないわ」

 ふわ、と、投げ出していた僕自身の右腕が、柔らかい何かに包まれた。

 霧切さん自信だ。

 いつの間にか彼女は、僕の隣に来て、しなだれかかるようにして寄り添っている。
 ぐわん、と、大きく一度、視界が揺れた。

「苗木君」

 はい。

「私は、…あの人たちが嫌い。酒で酔わせて女を手篭めにしようだなんて…浅はかな卑怯者だと思うわ」

 うん。

「…そして、私はお酒に弱い。あの人たちに、弱い私を見られたくなかった…けれど」

 視界が、歪む。熱に浮かされているかのようだ。
 熱い。
 熱い。体も、頭も。
 霞がかった天井の、ちゅうしんに、霧切さんが、うかんで。

「…貴方には、弱い私も知っていて欲しい…そう、思えるの…自分勝手かしら?」

 気だるい頭のまま、ゆっくりと首を振る。

「そう…ありがとう」

 揺れる視界の中で、少しだけ恥ずかしそうに霧切さんが笑んだ。
 それだけで、ぽーっとする頭の中に、幸福感に満ちた熱が広がる。

 ああ、なんだろう。
 眠気は無いはずなのに、どこか夢うつつというか。
 まどろみの中にいる、心地がする。

 しゅるり、と、衣擦れの音に、エコーがかかる。

「なら…苗木君」

 視界に、はだいろが、ふえる。
 ああ、脱いで、いるのだろうか?

「私は今、相当酔っていて…碌に歩けもしないわ。腕にも力が入らないし…何かされても、抵抗もまともにできない」

 それは、どっちの台詞だろう。

「……もしかしたら、明日には記憶が虚ろになっているかもしれないわね」
「きり、ぎりさ、」
「…貴方に胸を、その…触られた時」

 右腕に、感触が、妙にリアルに蘇る。
 恥ずかしそうに、けれど視線を逸らすこと無く、霧切さんは、僕を見つめていて、
 その姿は、酷く扇情的で、

「……その、あまり嫌じゃ、なかった…」



 だから、


「私のために…卑怯者に、なってくれる…?」


 理性の切れる、音がした。



 そこから先は、意識が明滅して、よく覚えていない。

 断片的に記憶がフラッシュして、思い出そうとする度に、ひどい頭痛がする。

 ただ、初めて見る彼女の表情と、初めて聞く彼女の声と。
 幾度も幾度も、互いの名前を呼び合った、ような。
 恥ずかしい言葉を、何度も口にした、ような。
 肌と肌が触れあうのが、心地よかった、ような。

 僅かばかりの罪悪感と、胸いっぱいの至福感に包まれて。
 僕の意識は暗転し、汗だくになった体を拭うこともせず、滑らかなシーツの海に沈んでいった。


――――――――――


 まあ、窮鼠猫を噛む、ではないけれども。

 追い詰められた草食動物も侮れないというのは、どうやら本当らしい。
 それとも私の方がデスクワークの連続で、体を鈍らせてしまっていたのだろうか。

 まさか、彼に体力で負けるなんて、思ってもみなかった。
 私が主導権を握る予定だったのに。
 ……あるいは、相手が彼だから、弱ってしまったのかもしれない。

 そこ『だけ』が、唯一の誤算。


「…んっ」

 力の入らない下半身を引きずるようにして、ベッド脇に寄せた彼の鞄に手を伸ばす。
 中を探り、携帯電話をひっつかみ、暗証番号を解除。
 あらかじめ連絡を入れておいた相手に、報告の電話を入れる。

 ぷるるる、と、古風なコール音が二、三度続いて、


『……苗木か。何の用、』
「…こちら、霧切響子。ターゲットの籠絡に成功したわ」


 電話口の向こうで、意味ありげな溜息。
 苗木君の携帯で私が電話をかけている、という時点で、全てを理解してくれたようだ。

『…随分と手間をかけさせてくれたな』
「ええ、お陰さまで。けれど、手間だなんて。十神君は実質、何もしていないでしょう?」
『御挨拶だな……ならばせめて、おめでとう、と言っておくべきか?』

 電話口の向こう側の声が、不意に柔らかくなった。
 朝日奈さんだけでなく、彼も随分と丸くなったと思う。

「今日の忘年会、私と苗木君は欠席するわ。それだけ伝えておこうと思って」
『ああ、ならば此方からも、伝えておくことがある』

 電話口の向こう側の声が、やや痛快そうな色を帯びた。

『お前が殴ったあの男だが…非常に残念だが、他の部署に転属してもらうこととなった』
「……あら、…そう。それは残念ね」
『全くだ』

 正直、まだやり足りなかったのだけれど。

『身内を貶め、暴力沙汰にまで発展させるような輩を、同じ部署に置いておくことはできないからな』
「耳が痛いわ」
『ほどほどにしろ、という忠告だ。次は庇ってやれんぞ、全く……、…一つ、聞いていいか』
「何かしら?」

『どこからどこまでが、お前の用意した脚本だったのか、だ』

 にやり、と、不思議と口元が笑みの形を作った。
 おそらく、気付いたのは彼くらいだろう。

『朝日奈の説教は計算済みだったのか? 殴り倒したのは? それとも、苗木との口論すらも初めから――』
「…さあ、どこからでしょうね」
『……あの学園で、お前を敵に回さなくてよかったと、心底思う』

 一つだけ言えることがあるとしたら。
 「関係ない」は、さすがに堪忍袋の緒が切れた、というか。
 どのみち、我慢比べは性に合わなかっただけだ。
 これでもう二度と、『関係ない』だなんて言えないだろう。


 通話を切ってから履歴を削除して、携帯を元の位置に戻す。
 そしてベッドへと戻ると、何も知らない無垢な寝顔に、私は何度目か、唇を這わせた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。