nc1_858-909

狛枝「やぁ、僕は狛枝凪斗!希望の象徴である超高校級の皆を絶望に叩き落して這い上がらせるのが趣味なんだ!」
狛枝「っと、噂をすれば七海さんだね。よし、今日は彼女にしようかな、七海さん」
七海「狛枝君?」
狛枝(確か七海さんは日向君と仲が良かったんだよね、よし、じゃあそこを突いて絶望させよう!)
狛枝「ねぇ、七海さん、あまり日向君と一緒に過ごさない方がいいんじゃないかな?」
七海「…どうして?」
狛枝「だって、日向君が困るでしょ?」
七海「え?」
狛枝「日向君ね、君と居るとしんどいんだって」
七海「……日向君が?」
狛枝「うん、すぐに寝るし、何かあるとゲームの例えが飛び出してきて付き合いにくいんだってさ」
七海「………………」
狛枝「ああ、そうそう。この前は君とゲームをいっぱいしたんだっけ?」
七海「……そう、だけど…」
狛枝「日向君、頭痛いって言ってたよ。ゲームをやり過ぎた…いや、やらされ過ぎたからだね、きっと」
七海「………………」
狛枝「僕は君のゲーマーとしての才能は愛してるよ。でも…それで他の皆を潰されるのは見るに耐えないよ」
七海「……私のせいで、日向君が?」
狛枝「うん、じゃあ僕はこれで。ごめんね、僕みたいなのに時間を使わせちゃって。でも一応伝えておいた方がいいと思ってさ」
七海「……………」
狛枝(ああ、すごい顔をしてるね、七海さん…きっと今、すごい絶望してるんだろうなぁ…)
狛枝(でも負けないでね、七海さん!そして僕に見せてくれ!そんな絶望を乗り越えた君の希望を!)


ーホテル・入り口-
日向「あれは七海?あんなところに立ってなにやって・・・・?」
七海「うっう・・・グスッ・・・!」
日向(な!?七海が泣いてる!!?なんで?・・・って考えてる場合か!)
日向「おい!七海、どうしたんだ?大丈夫か!?」
七海「・・・スンッ、スンッ、・・・ひ、ひなたクン・・?」
日向「何かあったのか?話してみろよ?」
 俺はハンカチを取り出し七海の涙を拭こうとしたが、拭いている途中七海が下を向いた。
日向「七海?」
七海「ひなたクンって・・・ホントやさしいよね・・・・。」
日向「な、何だよ急に?そんなこと・・・。」
七海「・・・だからいつも、私が、気がつかすに、めいわくかけちゃうんだね・・・。」
日向「・・・は?」
七海「・・いつも、すぐに寝ちゃうし・・・。」
七海「・・いつも話すことはげーむのことばっかりだし・・・・・。」
七海「・・この前もゲームやりすぎて、めーわくかけたばっかりなのに・・・・・。」
日向「な、七海?」
七海「こんな私といても・・・『絶対につまらないよね』・・・・。」

 言弾「七海に借りたゲーム」

日向「それは違うぞ!!!!」
七海「っ!?」

日向「七海、今日はお前にコレを返しに来たんだ。」
七海「!それって・・・私の。」
日向「これ結構面白かったぞ。ストーリーもよかったけど戦い方の方も俺は好きだったぞ。」
日向「お前のおすすめのゲームだったからここまで楽しめたんだ。」
七海「・・・・・・・・。」
日向「・・・・七海、何があったかは聞かないけど。コレだけは分かっててくれ。」
七海「・・・・・?」(泣き目で首かしげ若干の上目遣い)
日向「俺は、お前と一緒にいてつまらないなんて思ったことも迷惑だって思ったこともない!!」
七海「・・・っ!!!」
日向「すぐに寝るなら何度でも起こしてやるし、それでもダメならコテージまで送って寝かせてやる!」
日向「話すことがゲームのことばっかりでも、それはそれで楽しかったし。」
日向「この前のゲームだって、少しやりすぎて疲れたのは事実だけど迷惑なんて掛かってなんかない!!」
七海「・・・・日向くん。」
日向「それに俺は、その・・・・・。」
七海「・・・?どう、したの。」
日向「~~~~ッ!俺は。俺はお前と一緒に居たいんだ!」
七海「っ!!・・・・これから、またゲームに誘ってもいいの?」
日向「ああ。」
七海「眠くなったら、また寝ちゃうかもよ?」
日向「その時は、眠くならなくなるまで一緒にいてやるしコテージまでだって運んでやる。」
七海「話すこともっ・・・!ゲームのこと以外、ないかもしれないよ!?」
日向「それでもいいし、それ以外が知りたいなら俺が教えてやる!」
日向「それでも俺は・・・!お前と一緒にいたいんだ・・・!」
七海「・・・・・・・・は、ははは、・・・。」
 少し笑ったと思ったら七海はその場に座り込んでしまった。
日向「七海!?」
七海「ごめんね、安心したら・・いっきに気がぬけちゃった・・・・。」
七海「あれ。あれあれ?おかしいな?なみだまで・・・またでてきて・・・・グスッ。」
日向「七海・・・お前本当にだいじょうb」
   ガチャ!
小泉「・・・・・・・・・・・?」
澪田「・・・・・・・・・・・???」
日向「・・・・・・・は?」
七海「グスッ、グスッ・・・・ウウッ・・・。」
 ・・・・・・・・・・・・よし、とりあえず状況を整理だ。

 -ロジカルダイブ・開始ー
 Q1,今俺は何をしている?
 A,七海を慰めている

 Q2,だが実際はどう見えてしまっている?
 A,俺が七海を泣かしている

 Q3,七海風に言うなら今はどんな状況?
 A,死亡フラグ

   日向「推理は繋がった!!!」
  -終了ー

 って考えてる場合か俺は!!?
小泉「な、ななな、何やってんのアンタ!!?」
澪田「は、創ちゃんが女の子泣かしてるっす!これは事件以上に事件っす!」
日向「ちっちがう!誤解だ!」
小泉「何が誤解なのよ!女の子泣かしといてこの人でなし!!」
日向「は、はぁ!?だから違うって!」
澪田「コレは危機っす!バンドメンバー存続の危機にかかわる問題っす!!」
日向「だからなんでそうなってんだ!?違うって誤解だって言ってんだr」
小泉「いいから黙って正座しなさい!!!」
日向「は、はいいい!!」

 -ホテル正面入り口ー
狛枝「はは、ははは!ははははははははは!!!」
狛枝「すごいすごいすごいよ!!やっと七海さんの絶望がなくなって現れるかと思った日の間が、
   今度は日向くんの絶望によってまた消えちゃうなんて・・・・。」
狛枝「しかも今からもうすぐお昼時だ・・・早く誤解を解いておかないと、さらに人が増えて
   誤解の連鎖が止まらなくなっちゃうよ・・・。」
狛枝「ははははは!僕は今最っ高についてるよ。七海さんの希望が絶望に打ち勝った瞬間に
   立ち会えただけじゃなく、今度は日向くんの希望の輝きまで目の当たりにできるかも
   しれないなんて!!!」
狛枝「さぁて、日向くん。君の希望は、いったいどんな輝きを見せてくれるのかな?」
左右田「な、なぁ・・・アイツ。玄関の前で何やってんだ?」
田中「捨て置け・・・・関われば己の身を滅ぼす愚考へと繋がるぞ・・・。」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。