pp1_114

ペコ 「表情が固いと言われた…。
    そんな訳で、笑顔の作り方を教えて欲しい」
罪木 「な、なんで私たちなんですかぁ!?
    澪田さんやソニアさんじゃ駄目なんですかぁ?」
西園寺「ゲロブタは黙ってろ!
    全く、ゲリピー女の癖にどうして
    私達の手を煩わせるのかなー?」
ペコ 「いや、公式サイトのキャラ紹介の女キャラで
    笑顔なのお前たちだけだからな」
西園寺「メタ発言すんな!」
ペコ 「しかし…。やはり自分で練習しないと駄目なようだな…
    無駄な時間を取らせてしまってすまない。では」
西園寺「ちょ、ちょっと待ってよ!
    協力しないとは、言ってないじゃんか!」
罪木 (私達の手を煩わせるなって言ってませんでしたっけ…)
ペコ 「そうか、感謝する!
    では、早速笑顔の作り方というものを…!」
西園寺「そんなの簡単だよー!
    口の端を上げればいいだけだもんねー!」
ペコ 「なるほど…口の端を…こうか!ニヤリ」

笑うという行為は本来攻撃的なものであり
獣が牙をむく行為が原点である

罪木 「ひいいっ!?な、なんでもしますから
    許してくださあああああああい!!!」
西園寺(こ、怖っ!?笑顔だけど
    何か悪いこと企んでる笑顔だ!)
ペコ 「ど、どうだ?笑顔になっているか?」
罪木 「え、笑顔は笑顔ですけど、怖いですよぅ!!」
ペコ 「……そうか」シュン

西園寺「うーん。アホな男どもを騙せるような笑顔の作り方かー。
    そんなの、普通に笑うだけでいいのになー?」
ペコ 「ぐぬ…普通に笑う事が出来ないのだ」
西園寺「まったく!だからゲリピーなんだよ!
    …ゴミカス、何かいい方法ない?」
罪木 「え、えっとぉ…それは…」
ペコ 「ゴミカスでいいのか、お前」
罪木 「…大切な人の事を考える…っていうのはどうでしょうか?」
西園寺「死ね!臭いんだよ!」
罪木 「ひぐぅ!?な、何でですかぁ!?」
ペコ 「ふむ…だが、やってみる価値はありそうだな…」
西園寺「………チッ」
ペコ 「よし、では始めるか!」
西園寺「…勝手にすれば?」

ペコ (坊ちゃん…)
罪木 (あの人だけが…)
西園寺(おねぇ…おにぃ…)

ペコ (…不思議と、暖かい気持ちだ)
ペコ (坊ちゃんの事を考えると、落ち着いた気持ちになる)
ペコ (今なら…笑えるかもしれない)

ニコリ。

西園寺「あ!笑顔出来てるよ!」
ペコ 「そ、そうか!?」
西園寺「まぁ、ブサ眼鏡っぽい
    低レベルな笑顔だったけどねーくすくす」
ペコ 「…だ、だが、笑えたのか?」
西園寺「ま、まあね!ちゃんと、笑えてたよ!」
ペコ 「協力感謝する!ありがとう西園寺!」
西園寺「う…べ、別に私は大したことしてないし!
    でも…まぁ。気持ちだけは貰っとく…」
ペコ 「罪木。お前もだ。
    あのアドバイスのおかげで私は…!?」
西園寺「…!?」

罪木 「あ、あへぇ…!あの人だけが…!
    私を愛して…許して…うふふふふっ…!はぁはぁ…!」

誰じゃ!?

罪木の顔がアヘって見えたのは
夜も明けきらぬ薄暗さのゆえ

ペコと西園寺は自分にそう言い聞かせた

ペコ 「………」
西園寺「………」
罪木 「ら、らめれすぅ!あひぇ…!」
ペコ 「…帰るか」
西園寺「…うん」

あんな感じでアヘるくらいなら笑わないほうがいいな。
ペコはそう思いましたとさ。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。