苗木君の誕生日・後編

「・・・・・・・・・困ったわ」

昼間のやり取りから数時間後、学校を終えた私は街のデパートまで足を運び苗木君のプレゼントを模索していた。
しかし、この生まれてから16年間、異性にプレゼントなどした事は無く、しかも同年代の少年が喜ぶ物となると検討も付かなかった。
これなら今まで受けた事件の解決のほうが数倍簡単だった気さえする。

「だけど・・・舞園さんだけには・・・!」

そう、だからといってここで適当なもので妥協などしたくはない。
おそらくアイドルである舞園さんなら私などよりよっぽど簡単に異性が喜ぶプレゼントを想像できかつ用意が出来るだろう。
しかも苗木君は元々彼女のファンでもあるのだ。何を貰ってもうれしがる確率が高い。
そしてプレゼントを受け取る苗木君とそれを渡す舞園さんを想像すると・・・・・・何か無性に心がざわつくのを感じた。

それを世間一般では「嫉妬」と呼ばれる感情なのは間違いないが、そんな経験などした事の無い彼女はそれに気付かない。

「落ち着くのよ、霧切響子。まずはいつも通りに順序よく推理すれば問題ないはずよ」

自分自身にそう暗示をかけ、落ち着かせる。そう私は「霧切」の名を継ぐもの、こんな問題など・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハァ。

「・・・・・・今ほど「霧切」の名が役に立たないと思った事は無いわね」

しかし落ち込んでいても仕方がない。まずは思いつくものから順に考察していくことにした。

「まずは私が愛読している推理小説・・・・・・ダメね。こんな文字だけで堅苦しいものが一般的男性が喜ぶとは思えないわ。」

まず自分ならと考えてみたがこれはボツ。私の好きな小説が苗木君が喜ぶものとは思えない。しかも折角の誕生日にわざわざそんな小説を渡すのはなんとなく気がひけた。

「なら普段から使うもの・・・例えば服とか・・・・・・駄目だわ。苗木君のサイズとかは目測でわかるけど、まず苗木君の喜ぶセンスが解らないわ・・・」

ならば実用的なものをと衣服などを想像してみたが、これもボツ。一般的な男性の服のブランドなど知らないし彼が好きそうなセンスも良くわからない。
普段から苗木の私服は寮生活の中で見たことはあるが、これといって特徴がない無難な服が多い。ならば無難なものを選べばいいかもしれないが
その無難なものが解らないのではどうしようもない。

「あとは・・・・一般的な男性の持ち物から想像して時計とか・・・?だけどあまり高価な物だと受け取ってもらえない可能性もあるわね・・」

次に時計などの装飾品が目に入ったが・・・・これもボツ。どうしてもこういう装飾品ブランドはすこし高めの金額になってしまう。
私的には別に払える範囲であれば値段などは問題ないが、無駄に他人に気を使う彼は気にするだろう。下手をするとプレゼントなのに重荷になってしまう可能性すらある。
それでは本末転倒である。

「かといって彼はあまりゲームとかもしないし・・・趣味らしい趣味もないのよね」

考えれば考えるほどいい考えが浮かばない。何故か苗木君が正体不明な謎の人物にすら思えてきた。
そう思うと彼のプロフィールほど無難すぎて内面を読み取りにくいものもない。もし推理小説の登場人物ならばまったくのモブか事件の真犯人かのどちらかだろう。

まったくいい考えが浮かばず、すこし途方にくれていた彼女だったが、その時ふとデパート内の本屋の一角が目に留まった。

「・・・「彼の喜ぶプレゼント特集!これさえ読めばラブげっちゅ♪」・・・・・・・っ!」

そうか、解らなければまずリサーチをするのは当たり前ね。なぜ最初に思い浮かばなかったのかしら。このコーナー名には一抹の不安が残るけど・・・・
ていうかこれ江ノ島さんの雑誌なのね・・・ま、まあある意味一番信頼出来るソースではあるはず・・・。

「まずは「異性の喜ぶBEST10」ね・・・」

そう思い読み進めていくが、大体はさっき考えていた案件が掲載されていた。その他でいえば「料理」という項目もあったがそんなものは最初から論外だ。
何を隠そう私は一切料理が出来ない。昔少し気まぐれに作ってみようとしたが、出来たものは真っ黒い発癌物質であった。
・・・・・我が事ながらあまりの情けなさにすこしへこんできた。

「他に何か・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ってこれは・・・・・・・・・///」

他に何か無いかと読み進めていたが、あるページに「上級者向け(笑)」と書かれているコーナーが目に留まった。そしてそこには・・・

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・自分をリボンで包装して彼にプレゼント(はあと)って・・・っ///」
「(本当に!?本当に世間の人はこんなことをしているの!?そして相手は喜ぶの!!??????)」

普通に考えればそんな訳が無いのだが(つーか(笑)って書いてるし)、ある意味追い詰めらていた彼女は気付かない。
寧ろ藁にもすがる気分だった為冷静な判断など出来るハズも無かった。

「・・・・・リボン、か・・・・///]

そしてふらふらと手芸コーナーのリボン売り場に向かう彼女を止める者はいなかった・・・・・。



デパート手芸コーナーにて

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(じーーーーー)」

買い物帰りの主婦や裁縫好きの中高生などが和気藹々と毛糸や裁縫用の布などを吟味している中、
明らかにそのような空気とは無縁の、既にオーラともいうべき雰囲気を纏った女がリボンコーナーを凝視している光景は
もはや場違いな事この上なかったが、本人は頗る真剣である。

「(・・・・リボンと偏にいっても色々あるわよね・・・・・色だけにしても何色がいいのかしら・・・?プレゼントに使われる色としては赤が一般的・・・?
だけど苗木君は男の子だから青とかの方がいいのかしら?それにこっちは・・・・は、半透明!?いやこれじゃ全部丸見えじゃないっ!?
何を考えてこんな・・・いやリボンなんだから別にいいのか・・・そうよね、普通は箱とかにするものだし、私みたいに自分の身体に・・・・・・
て、ちょっとまって?私今、何気にプレゼントする時、は、裸にリボンで考えてた・・!?な、何を考えてるの響子!何も裸になる必要はないでしょ!
そんなの普通に服の上からでいいのよ!?・・・・・で、でも舞園さんには負けたくないし、いやプレゼントに勝ち負けはないのだけども・・・・・・・
そ、それに自分をプレゼントするってことは、結局はその後な、苗木君のす、好きに出来るというわけで・・・・////////)」

「ママー、あのおねいちゃん何かすっごいブツブツ言ってるー?」
「しっ!見ちゃいけません」

「はっ・・・・・・・!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・私は一体何をしてるのだろうか。あのコーナーを出てからの記憶が少し曖昧だ。
私は苗木君のプレゼントを買いにデパートに来たはずなのに何故自分をプレゼント等という考えになったのだろう・・・
まあ、間違いなく全てはあの本が原因だ。あんな馬鹿な記事に本気になってしまうなんて・・・・

「そうよね・・・普通に考えてあんなプレゼントがあるわけ無いじゃない。」

自分でも気付かなかったが私は意外に逆境に弱いのだろうか?普段はそんな事はないと思うのだが・・・なんだか解らないけど苗木君の所為ね。
苗木君と出会うまではこんな事は一度もなかった。きっと苗木君の普段のあの弱弱しい物腰が移ってしまったのだ。
まあ・・・・時々、自分には出来ない事や出来なかった事を平気でしてしまう彼は少し・・・・・・た、頼もしかったりもするのだけども・・・・///

「ま、まあでも、リボンはどのみち必要よね。最終的にプレゼントに使うには間違いないのだから・・・っ」

頭に浮かんだ恥ずかしさを振り払うように自分にそう言い聞かせ、目の前のリボンを手に取ろうと手を伸ばしたが、その際にいつの間にか
隣に来ていた人と手をぶつけてしまった。すぐに謝ろうと隣の人を見てみるとそこには・・・・・

「あっ、すいません・・・・・・て、舞園さん!?」
「こちらこそスイマセン!急いでいた・・・もので・・・・・・って霧切さん!?」

昼の件からここまで一向に顔を合わせなかった舞園さんがいた。確か彼女はあの後、今日はこれから仕事があると学校から仕事場に
行った筈なのに・・・。

「・・・・・・・仕事はどうしたの、舞園さん? それともあれはただのサボりの口実だったのかしら?」
「人聞きの悪いこと言わないで下さい、ちゃんと頑張って終わらせてきましたよ? 何といっても明日は『大切な』日ですから」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

彼女と少しの間にらみ合うように無言で見詰め合っていたが、こんな事をしていても時間の無駄だと視線を逸らした。何しろまだプレゼントの
内容すら決まってないのだ。こんなところで時間を取られている場合ではない。
そう思い早くこの場を去ろうと踵を返したが、その時ふと彼女が手に持っていた雑誌が目に飛び込んできた。あれは・・・・・!

「あ、あなたそれは・・・あのコーナーにあった!!?」
「え?・・・こ、これはその・・・・ちょっと参考にしただけですよ?・・・・・そ、それが何か!?」

彼女はそれがどうしましたか?と惚けるが私は見逃さなかった。
何故なら彼女が今後ろに隠すように持っている雑誌を指で抑えてるページは間違いなく・・・・あの『プレゼント』が書かれていたページなのだから!
しかもそれを示すかのようにココはリボン売り場!!ここから導かれる答えは一つ!
・・・・・・・・・・ここまでいえば解かるわね?響子!!

『それは違うわ!』
「なっ!?」 
「あなた・・・そんなことして恥ずかしくないの!?じ、自分にリボンを巻いてプレゼントなんて!!」
「な、なんでそれを・・・////!まさか・・・・霧切さんもこの雑誌をっ!?・・・・・・ってそれを知っていてココにいるってことは霧切さんだって
考えたんじゃないですか!!」
「わ、私はそんな事考えてないわ(思いとどまったし!)///!貴方と一緒にしないでちょうだい!」
「どうでしょうね!実際ここにいたわけですしっ?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ、そうですか、解かりましたよ。霧切さんが止めた理由・・・」
「・・・・・・・・・なんですって?」

私の言葉にすぐ反論してきた舞園さんだったが、急に止まったかと思うと謎は解けたとばかりに落ち着きを取り戻し、いきなり変な事を言い出した。
私が止めた理由ですって・・・・?
私が訝しんでいると彼女は私の身体(特に胸の辺りを重点に)見て黒い笑顔でこう呟いた。

「・・・・霧切さんの体型じゃあ・・・・・苗木君・・・・がっかりするかもしれませんもんね?(にこ)」

ブチッッッッッッ!!!!!!!!!!!

「なん・・・・・ですっ・・・・て・・・・・・・!?」
「ごめんなさい、私ったらそうも知らず変に思い込んで・・・・・・あ、でも大丈夫です。ちゃんとこのプレゼントは私が用意しますから♪」

あまりの暴言に言葉を失う私を無視して舞園さんは勝手に自己完結をしだした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・いいわ、舞園さん。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・げる」
「えっ?」
「私だと苗木君が喜ばないかどうか・・・・試してあげるっって言ったのよ・・・!?」

そう言い切る私に舞園さんは少し驚いた表情をするが直ぐにまるで私がこうする事を解かっていたかのように
不適な笑みを浮かべる。

「!?・・・・・・・・そうですか、やっぱり・・・・・・・・・最初からそう言えばいいんですよ。自分も『コレ』をしようとしてたって!
・・・・でも、そうですね。勝負は公平であるべきだと思います・・・・・・だけど私・・・・・・負けませんから!」
「ええ、奇遇ね・・・私も・・・・負けるつもりはないわ・・・・・・・!」

そう宣言しあうと私は赤い半透明のリボンを、彼女は青い半透明のリボンを掴んでレジに向かった・・・・・。



翌日・・・・・大会を予定より早く終え帰ってきた朝比奈さんと大神さんに、まさに完全武装で踏み込まんとしていた所を見つかり(空き教室に苗木君は誘い済)
こっぴどく叱られたのは言うまでもなかった。ああこれも・・・・

「・・・二人ともなんでこんな所で正座させられてるの?」
「苗木君の所為ね」
「苗木くんがにぶいせいです」
「僕!?」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。