k20_956

苗木「霧切さんっていつも真面目だよね」
霧切「まあそうね 探偵は犯罪者を刑務所送りにするのが仕事だから、
   ふざけ半分の性格ではやっていけないわ
   もし間違った犯人を告発したら、私が報いを受けることになるから
   …実はね、私も苗木君のことで罰を受けるの」
苗木「え!もしかして僕が学級裁判で犯人として告発されたから!?
   …そ、それで、どのくらいの罪になるの?」
霧切「え…と、無期懲役かな」
苗木「無期懲役!そんな重い罪なの!?」

霧切は、しばらく苗木の顔を見つめた後、ふっと笑みを浮かべた

霧切「冗談よ、苗木君はすぐ騙されるのね」
苗木「冗談って… それって全然笑えないよ!」
霧切「慣れない冗談を言うものではないわね
   でも、無期懲役の罰を受けるのは本当よ」
苗木「え!じゃ、やっぱり本当なんだ…?」

霧切は困ったような照れたような微妙な笑顔を浮かべて、
そして「なんか調子狂っちゃったわね」と呟きながら、少し目を逸らしてこう言った

「私は苗木誠の無期懲役の虜囚なの」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。