とある野球少年の憂鬱

桑田「信じられねえぇえよおぉお!」
モノクマ「うぷぷ、何が?」
桑田「だーって、そうだろ!?学級裁判があるとか知らなかったしよぉ、つかマジありえねえぇよっ!」
モノクマ「んん?学級裁判の事伝えてなかったから怒ってるの?やだなぁ、ついうっかりだよ」
桑田「そうじゃねぇ!いや、それもあるけど。じゃねぇんだよ!」
モノクマ「そうカリカリしなくてもいいじゃない。で?カリカリ原因は何?」
桑田「・・・PV」
モノクマ「ぴぃぶぃ?」
桑田「なんで発売前から俺のおしおきがバレてんだよ!
どうせ死ぬならスターらしく驚かせたかったのに、あーもうわかってたからとっとと二章させろ、とか言う奴もいたんだよ!」
モノクマ「やだなあ、何事もインパクトじゃない」
桑田「それだけじゃねぇ!モノクマコイン?とか集めるために何回おしおきされなちゃいけねぇんだよ!」
モノクマ「ファンサービスだと思えばいいじゃないか、ぷぷぅ。
それに愛しの舞園ちゃんを殺せたんだから本望でしょ?」
桑田「・・・んなぁ!?」
モノクマ「みんなのアイドルを殺したんだよ?すごくない?」
桑田「あ・・・ほあほあほあほあほあほあほぉ!んなわけねえよ!」

モノクマ「本当にそうかい?」
桑田「っ!?」
モノクマ「みんなのアイドル舞園さやか。そんな彼女をしょせんはただの野球少年が殺した。
それは彼女にとってもまさしく絶望だろうね」
桑田「・・・ざけんなよ!」
モノクマ「ぷぅ?」
桑田「てめぇが全部悪いんだよ!全部、全部、仕組んで、奪って、思い出させやがった!」
モノクマ「・・・」
桑田「何でだよ!何、で。そんなこと。」
モノクマ「絶望した?」
桑田「!?」
モノクマ「いいな、絶望。思い出して、絶望。最高な、絶望。すばらしいじゃないか」
桑田「てめぇ、イカれてやがる・・・」
モノクマ「っぷぷう。無駄だよ、ボクを止めようとしても。君はもう死んでるんだ。
ほら、また新しい絶望が熟まれる裁判が始まる」
桑田「っ、不二咲・・・それに・・・」
モノクマ「絶望だよね?うぷぷ。
さ、ボクは裁判の準備があるから君はさっさと地獄に行っちゃいなよ」
桑田「・・・ああ、人殺しだからな。けど、忘れんなよ」
モノクマ「およ?」
桑田「絶望がいるなら希望もいるってよ。
      • 俺、マジかっけーッス」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。