※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは魔界の世界観を記載していきます。

参加者の皆様には基本的には関係ない事ですが、物議を醸すような設定なども稀に見受けられますので世界観を崩さないようにとの配慮の結果で製作したページです。


魔界とは

  • 天界・魔界・地上の中で二番目の規模を持つ世界。面積は海を含めてユーラシア大陸程度。生息する生命体は、闇などを好む魔族が大半を占めているが魔族もピンキリなので様々な種族が存在している。
  • 全体的に見ると資源は多いとは言えない。ただ、魔族によっては農耕や採掘や伐採などの一次産業に造詣が深い種族がいるというのもあり比較的経済は安定している。魔界の5割は海であり、その海には凶暴な人食い魚なども存在している。また、金属系に関しては他の追随を許さぬほど良質な物が揃っており、鍛冶屋からすれば喉から手が出るような金属も・・・?
  • 地上や魔界で語られる神話では、魔王の住む邪悪なる区域とされているもののその時代その時代によって魔王は違うため、天界や地上への敵意のない時期の魔界はきわめて平穏である(〇〇王について参照)
  • 個々の実力は非常に高く、戦闘向きの魔族でなくとも人間の大人くらいであれば容易に捻りつぶすだけの実力がある。 天使は属性の関係もあってやや苦手。
  • 機械水準は3界の中でダントツのビリ。 魔法水準は3界の中でダントツのトップ。ここから分かるように、魔法の水準は非常に高くまさに「魔界」と呼ぶに相応しい世界となっている。
  • ここ1000年程魔王が不在であり、宰相が穏健派と言うのもあって内政に力を入れており道路の発展などに尽力する他、地上との交易交渉なども始めている。
  • しかし、魔族全体で見ると血を好む者も多く。 人里を襲うなどの者が少なからずいる事から偏見が消えないことに頭を痛めている。

注釈:たまに舞台になる世界です。出身の悪魔や魔族が地上で暴れるなり、平穏に暮らすなり商売をするなり自由です。全体的に血気盛んながらも上手くやっていく事は出来ると思います。 また、前述の理由から魔王や魔王に関係する存在は禁止です。 いないのですから作りようがありません。(どうしても製作したい場合は一縷にご一報ください)


気候や詳しい世界の情景について

  • ひとつの大陸がぐるりと海に覆われているような状態で、その遥か天上には神話の時代からあると言われる人口太陽が日を照らしている。
  • 基本的には地上と大差がないが、四季と言うものが無く常に麦などを生産できるなどの利点もある。
  • また、海の奥にはまだ大陸があるのでは?との見方もあるが海自体が危険すぎる為に調査に乗り出せない状態となっている。
|