※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

所詮この世は弱肉強食だ、俺が食うことの何が悪い?




フィークス=フィラデルフィア

大罪イベント時に登場したキャラクターである。大罪は「暴食」

使用者:DEN

身長:170㎝
体重:62㎏
年齢:15歳
好きなもの:食えるもの
嫌いなもの:空腹


中肉中背、赤色でボサボサの髪でやや吊り目であり、灰色の上着に茶色のズボンを穿いている。


能力


  • 「暴食」
体に憑いている暴食の悪魔を使役する。悪魔は基本的に何でも食べて、いつでもお腹を空かせる。
悪魔はフィークスの体の一部から巨大な顎として出てきて、対象を捕食する。
フィークスは主に腹から出して使役している。また、体にできた傷や病気なども食べることができる。
フィークスは、悪魔が憑りついた影響で満腹になることはなく、常に腹を空かせた状態になる。
なお、フィークスに発生する他の大罪をも取り込み食に繋げて力を増大させることができる。
この状態になると体から出る悪魔の顎の数も増え、体積も増す。

  • 「同調」
暴食の悪魔を自分の口に出すと、悪魔と同調して悪魔の力を得ることができる。
運動能力、戦闘能力が向上して悪魔としての法も扱うことができる。
この同調を使っている最中は空腹感が一気に増して、あまり長い間使うと空腹で倒れる。

  • 「悪魔の契約」
厳密に言えば能力ではないが、自信の暴食の悪魔と契約して望みを叶えることができる。
その際には、代償として自身の一部を差し出さなければならない。

詳細


悪魔を体に憑りつかせた少年。体の中に住む悪魔のせいで、フィークス自身の食欲は底知れないものになり、どれだけ食べても満たされないという体になった。
悪魔との契約により、左腕を失っており少年に自身の左腕の代わりをさせていた。
人を喰うところをシテ=ヤンヨに見つかっており、それ以来敵対している。
アフォリプスの召集により街へ来ていたらしいが、本人はそんなものよりも食事の方が大事らしく、アフォリプス側で戦闘を行った時も腹が減ったという理由で戦線を離脱した。
体に多くの大罪を発現した結果、前よりも満たされない状態になってしまい以前よりも気性が荒くなった。

「喰え、食事だ」

「これから、お前が俺の左腕の代わりとなるんだ」

「言っておくが、安いものを買ってくれば俺は満足しない。高いものを買ってくれば足りない。間を見極めろ」

「全然食い足りねえ!おいてめえ、俺を空腹にさせておいて何様のつもりだっつうんだよ!」

|