※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

nsContextMenu.js

カーソル位置を表すプロパティ(真偽値)

onImage

onLoadedImage

onCompletedImage

onCanvas

onVideo

onAudio

onTextInput

onKeywordField

onLink

onMailtoLink

onSaveableLink

onMathML

inFrame

inSrcdocFrame

inSyntheticDoc

hasBGImage

背景画像がある場所

onEditableArea

onCTPPlugin

プラグイン上

カーソル位置の情報を表すプロパティ

imageDescURL

longdesc属性を持った画像の場合、その属性値(URL)

mediaURL

カーソルが画像・音声・動画などの上にあるとき、それらのファイルのURL

link

カーソルがリンク上にあるとき、そのリンク要素

linkURL

カーソルがリンク上にあるとき、そのリンクのURL

linkURI

カーソルがリンク上にあるとき、そのリンクのnsIURI。実体は makeURI(this.linkURL) だったりする。

linkProtocol

カーソルがリンク上にあるとき、そのリンクのプロトコル。実体は this.linkURI.scheme だったりする。

bgImageURL

カーソル位置に背景画像があるとき、背景画像のURL

その他の主なプロパティ

target

カーソル上のノード。これから全てが導き出されている。

textSelected

isTextSelected

isContentSelected

isDesignMode

canSpellCheck

imageURL

実体は onImage==true 時限定での this.mediaURL。互換性のために存在?

主なメソッド

setTarget(aNode, aRangeParent, aRangeOffset)

getComputedStyle(aElem, aProp)

getComputedURL(aElem, aProp)

disableSetDesktopBackground

showItem(aItemOrId, aShow)

指定したIDのメニューを表示/非表示にする。

setItemAttr(aID, aAttr, aVal )

setItemAttrFromNode(aItem_id, aAttr, aOther_id)

toString()

デバッグ用コード??

isTargetAFormControl(aNode)

shouldShowSeparator(aSeparatorID)


コンテキストメニューの各項目用のメソッド

openLinkInCurrent() 選択した URL を開く

openLinkInTab() リンクを新しいタブで開く

openLink() リンクを新しいウィンドウで開く

bookmarkLink() このリンクをブックマーク

saveLink() 名前を付けてリンク先を保存...

sendLink() リンクの URL をメールで送信...

copyEmail() メールアドレスをコピー

mediaCommand(command)

fullScreenVideo() 全画面表示

reloadImage() 画像を再読み込み

viewMedia(event) 画像/動画だけを表示

copyMediaLocation() 画像/動画/オーディオの URL をコピー

saveMedia() 名前を付けて画像/動画/オーディオを保存...

sendMedia() 画像/動画/オーディオの URL をメールで送信...

setDesktopBackground() デスクトップの背景に設定...

viewImageInfo() 画像の情報を表示

bookmarkThisPage() このページをブックマーク

savePageAs() 名前を付けてページを保存...

sendPage() ページの URL をメールで送信...

viewBGImage(event) 背景画像だけを表示


showOnlyThisFrame() このフレームだけを表示

openFrameInTab() フレームを新しいタブで開く

openFrame() フレームを新しいウィンドウで開く

reloadFrame() フレームの再読み込み

addBookmarkForFrame() このフレームをブックマーク

saveFrame() 名前を付けてフレームを保存...

printFrame() フレームを印刷...

viewFrameSource() フレームのソースを表示

viewFrameInfo() フレームの情報を表示


viewPartialSource(aContext) 選択した部分/MathMLのソースを表示

viewInfo() ページの情報を表示

addDictionaries() 辞書を追加...

switchPageDirection() ページの方向を切り替える