※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

install.rdfの記述

<em:optionsURL>chrome://sample/content/options.xul</em:optionsURL>
これでアドオンマネージャで設定ボタンが表示される。
ただし、指定したXULを用意しておかないと透明なモーダルダイアログが表示されることになってしまい、Firefoxの操作が一切出来ない状態になってしまって困ることになるので注意すること。

設定ダイアログXUL

<?xml version="1.0"?>
<?xml-stylesheet href="chrome://global/skin/"?>
<prefwindow id="sampleOptions"
            xmlns="http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul">
</prefwindow>
これで最低限の設定ダイアログ(タイトルが「オプション」、OKとキャンセルのボタンが付いただけのダイアログ)が出来る。
ちなみに、global/skin/のスタイルシートを指定しておかないと、ボタン以外は透明なダイアログが出来てしまう。